• KanedaIchigen
  • HOME
  • KanedaIchigen

KanedaIchigenの記事一覧

ロマンス/生活
インタビュー

初の女性監督特集上映。会社勤めしながらも映画監督業をこなす佐藤監督の...

1月18日より、池袋シネマ・ロサにて「新人監督特集 Vol.5」が開催される。選出された佐藤睦美監督は、本特集上映で初となる女性監督。WEBディレクターとして会社勤めをしつつ、映画監督業もこなす佐藤監督とキャストの二人(主演・田口夏帆 出演・櫻井保幸)に、作品に対する想い、撮影秘話などを伺った。

轟音
映画

国内の多数の映画祭で観客を沸かせた『轟音』(俳優 片山享 初長編監督作...

俳優 片山享による初の長編監督作品『轟音』。国内の多数の映画祭にて観客を沸かせた本作が2020年2月15日(土)から池袋シネマ・ロサにて単独レイトショー公開されることが決定した。 主人公の誠役は『1人のダンス』にて監督・主演をつとめた気鋭の安楽涼が熱演。その他にも 実力ある俳優陣が集結。俳優出身の監督だからこそ描ける嘘のない芝居が織りなす感情の行く 先をぜひ劇場で体感を!

Kontora
映画

映画『KONTORA』(主演・円井わん)が、タリン・ブラックナイト映画祭で日...

個性派俳優、円井わん、日本在住のインド人監督、アンシュル・チョウハンの若手コンビの自主制作日本映画『KONTORA-コントラ』がエストニアで開催されたタリン・ブラックナイト映画祭でオフィシャルセレクションに選出。日本映画としては初のグランプリを受賞、日本時間12月1日早朝にエストニアで行われた授賞式から喜びのコメントが届いた。

みぽりん
映画

関西・神戸で異例の盛り上がりを見せた低予算映画『みぽりん』。満を持し...

11月20日、東京・渋谷の映画美学校試写室にて、東京では2回目となる映画『みぽりん』のマスコミ試写が行われ、試写後には、松本大樹監督、垣尾麻美、津田晴香、井上裕樹、mayu、合田温子、近藤知史が登壇し会見を行った。11月14日まで神戸を中心に関西で上映され、SNSを中心に大きな盛り上がりを見せている本作が、いよいよ東京上陸となる。

ミドリムシの夢
映画

4年前の夢をついに実現。映画『ミドリムシの夢』初日舞台挨拶。

11月16日、池袋シネマ・ロサにて、映画『ミドリムシの夢』初日舞台挨拶が行われ、真田幹也監督、富士たくや、ほりかわひろき、今村美乃、佐野和真、歌川椎子、長谷川朝晴、戸田昌宏が登壇した。 本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019 国内コンペティション部門正式上映作品。“ミドリムシ”とも呼ばれる緑色の服を着た駐車監視員という職業をテーマに、富士たくや&ほりかわひろきの二人を主演にした、おじさんが主人公の青春映画。

IFS PLAYBACK
映画

インディーズシーンを振り返る 再上映企画≪IFS PLAYBACK≫、12月に池袋シネ...

12月7日(土)~12月20日(金)池袋シネマ・ロサにて、≪IFS PLAYBACK(インディーズフィルム・ショウ プレイバック)≫が開催される。本企画は、連日盛り上がりをみせるインディーズシーンを振り返る再上映イベント。 池袋シネマ・ロサにて2018年3月にスタートした「インディーズフィルム・ショウ」とは、世のインディーズ映画を後押しすべく始動したプロジェクト。若手監督の作品を中心に様々な作品、特集上映を展開。 今回、過去2018年3月31日~2019年8月31日までの期間を対象に、池袋シネマ・ロサにて上映されたインディーズフィルム・ショウ作品の中から選ばれた15プログラムを2週間日替わりで再上映する。

ミドリムシの夢
インタビュー

【インタビュー】映画界史上初?駐車監視員が主人公の物語。「おじさんた...

11月16日(土)から、池袋シネマロサにて、映画『ミドリムシの夢』が公開。本作は、駐車監視員役の二人組のおじさんと彼らを取り巻く人たちの夢や変わりたい気持ちを描いたコメディ映画。監督の役者仲間からの熱望がきっかけで映画が作られたという。今回、主演の二人、ほりかわひろき、富士たくやに、作品作りから公開に至るまでの経緯・エピソードについてお話を伺った。

タイトル、拒絶
映画

伊藤沙莉 「私はタヌキとして生きてきたので役に寄り添えた」

第32回東京国際映画祭 「日本映画スプラッシュ」部門に選出された映画『タイトル、拒絶』。 本作は、どうしようもない人生でも生きていかなければならないデリヘル嬢たちの姿を描く、山田佳奈監督の長編デビュー作。 11月4日、TOHOシネマズ六本木にて行われたQ&Aには、主演の伊藤沙莉、田中俊介(BOYS AND MEN)、森田想、山田佳奈監督が登壇。 映画化の経緯やキャスティング、役作りのエピソードが明かされた。

サクリファイス
映画

「東日本大震災をテーマにした脚本を書く」という課題からスタートした映...

第32回東京国際映画祭 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」受賞作品上映となる映画『サクリファイス』 本作は「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」の国内コンペティション長編部門で優秀作品賞を受賞した作品。 11月3日、TOHOシネマズ六本木にて行われた舞台挨拶には、五味未知子、半田美樹、壷井濯監督が登壇。 3・11を題材とした作品作りの理由や役作りのエピソードが披露された。

花と雨
映画

深夜のドライブでSEEDAから「全部託したい」と言われた笠松将、その決意

第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門に正式出品された映画『花と雨』。 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める。11月1日、TOHOシネマズ六本木にて行われた舞台挨拶には、笠松将、大西礼芳、土屋貴史監督が登壇。 ラップへの挑戦の苦労や役作り。深夜ドライブで交わしたSEEDAとの会話・エピソードが明かされた。

猿楽町で会いましょう
映画

出会って30秒で金子大地にオファー。石川瑠華にはインスタグラムで「怪し...

10月30日(水)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『猿楽町で会いましょう』の舞台挨拶が行われ、主演の金子大地と石川瑠華、監督の児山隆が登壇した。本作は第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門正式出品作の選出作品。 本作は、第2回「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」グランプリ受賞作を映画化したラブストーリー。

向こうの家
映画

監督自ら奔走し、映画館での上映を実現。主演・望月歩 映画『向こうの家』...

10月5日、渋谷 シアター・イメージフォーラムにて、西川達郎監督、望月歩 主演映画『向こうの家』初日舞台挨拶が行われ、望月歩、大谷麻衣、西川達郎監督ら、総勢9名のキャストが登壇した。大学院の修了制作として製作され、当初劇場公開の見込みがなかったが、1年半に及ぶ監督自らの奔走により、今回の公開が実現した。