佐野史郎

【インタビュー】俳優・佐野史郎が小泉八雲の朗読で伝えたいこと。「古代歴史文化賞」記念シンポジウム

2月9日、東京・銀座ブロッサムにて「古代歴史文化賞」記念シンポジウムが行われ、俳優・佐野史郎が、「神話の世界に導かれて」をテーマに、彼自身のライフワークとなっている小泉八雲作品の朗読を45分以上にわたり熱を込めて披露した。(動画&フォト)

画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

バロン吉元 画業60年還暦祭『バロン吉元☆元年』開催中

1959年のデビュー以降、1960年代から70年代にかけて劇画ブームの第一線で人気漫画家として活躍したバロン吉元。渡米帰国後の絵画制作を含めて60年。画業還暦を迎え、そして新たな出発を歩みだす彼の企画展『バロン吉元☆元年』が弥生美術館(東京・文京区)で1月3日から開催中。 デビュー当時の生原稿から、最新作の大作絵画までを一気に観覧できる他、トークイベントやバロン吉元のサイン会などのイベントも企画されている。3月31日まで。

ロバート激ヤバ祭

ロバート ネタ満載記者会見「ロバート激ヤバ祭」パルコミュージアム

2018年12月8日(土)より、12月27日(木)まで、パルコミュージアムにて、お笑いトリオ「ロバート」の結成20周年を記念した展覧会「ロバート激ヤバ祭 ~トゥトゥトゥ・版画・邪念0・ナイロンDJ・接しやすいサークル・大集合SP~」が開催。 それに先立って、ロバートの3人がメディア向けPRイベントに登場し、展示コーナーをコントで紹介した。 本展覧会は、ロバートの過去から現在に至るまでのコントの中から、厳選したコントを体感しながら展示形式で楽しむことができる。(ネタ満載動画&フォト)

てらおかなつみ展

イラストレーター・てらおかなつみの個展開催。5年間の足跡をまとめた作品集販売、似顔絵ワークショップも。

12月6日(木)から、12月24日(月)まで、東京都江東区清澄にある「ondo STAY&EXHIBITION」にて、イラストレーター・てらおかなつみの個展『てらおかなつみ展』が開催される。 これまで、犬の絵をメインにイラストを描いてきた彼女。2018年は戌(いぬ)年ということもあり、犬の絵を中心に作品を発表しているが、今回の個展では他の動物や、旅行に行った時の絵も展示が予定されている。 個展初日から、5年間の活動をまとめた「てらおかなつみ作品集」が販売を開始するほか、てらおかなつみ自身による似顔絵アイコン制作のワークショップが行われる。

PARCOのKYOTO展

先端のアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボ。「PARCOのKYOTO展」

11月22日(木)~12月3日(月)、パルコミュージアムにて、「PARCOのKYOTO展」が開催される。 本展覧会は、様々な分野で活躍するアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボレーションする、アートと伝統が交差する唯一無二の展覧会。「京都 SOUVENIR STORE」が併設され、京都の定番かわいいモノや最新のこだわり京モノなどがラインナップされる。

ギガタウン 漫符図譜

「この世界の片隅に」から10年-こうの史代さんの『ギガタウン 漫符図譜』展覧会が京都で開催

朝日新聞出版より2018年1月に刊行された、こうの史代著『ギガタウン 漫符図譜』を紹介する展覧会「ギガタウン・イン・テラタウン―こうの史代の「漫符図譜」」が、2018年11月22日より京都国際マンガミュージアムで開催される。 また、2019年2月9日には、対談イベント「こうの史代×竹宮惠子:「マンガ表現論」を超えて」が行われ、イベント後サイン会も。

第15回ハローサーカス

千秋率いるハンドメイド集団「第15回ハローサーカス」、梅田ロフトで開催

ハンドメイド集団 「ハローサーカス」は、タレントの千秋さんと岡本真夜さん、そのママ友達などによる完全プライベートなハンドメイドの応援企画。 首都圏を中心に活動してきた「ハローサーカス」が、8月の渋谷ロフトを皮切りに、全国ツアーをスタート。 9月の熱海を経て、初開催となる大阪・梅田ロフトにやってくる。10月26日より。

ニュウ・ムンク展

ムンク展開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」開催

11月2日(金)より、池袋パルコ本館7階「PARCO MUSEUM」にてムンク展開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」が開催される。 これは、10月27日(土)から東京都美術館にて開催される「ムンク展—共鳴する魂の叫び」と連動して、ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエイターたちによる展覧会だ。 参加するアーティストは青葉市子、白根ゆたんぽ、テニスコーツ、JUN OSON、小林うてな など国内外のカルチャーシーンで存在感を放つ22名が決定。音楽、映像、イラストレーションなど様々な手法でムンクにインスパイアされた思いを表現する。

『創刊40周年記念ムー展』

【内覧会レポ】『創刊40周年記念ムー展』

10月12日より、池袋パルコ本館7階「PARCO MUSEUM」にて、『創刊40周年記念ムー展』が開催される。 1979年10月に創刊され、2019年に40周年を迎えるスーパーミステリー・マガジン「ムー」(学研プラス刊)。 来るアニバーサリーイヤーに先駆け、一足早く40周年の軌跡を追う展覧会で、創刊号から現在までを誌面で振り返るとともに、めったに実物を見ることができないミステリーアイテムや歴代の関係者からのメッセージの展示など、「ムー」が追いかけてきた超常現象の世界、雑誌としての「ムー」の歴史、そして「ムー」読者・関係者との関わりを体験できる。10月29日まで。

サンシャイン水族館「七人ミサキ」

【体験レポ】記者も腰を抜かした…サンシャイン“ホラー”水族館「七人ミサキ」開催中

本日9月27日より、サンシャイン水族館(東京・池袋)では、ホラー水族館「七人ミサキ」が開催されています。 さっそく当サイト記者も体験してきましたが、コ、コワイ!! 一緒に周った他社メディアさんの女性は、悲鳴をあげ、腰を抜かしてへたりこんでいました・・・。 それもそのはず、本企画は、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏とのコラボレーション企画なんです。しかも好評?につき第3弾! 水族館での新しい恐怖体験が好評の理由だそうで、過去2回の企画合わせて約5万人を動員しています。

雪下まゆ

雪下まゆライブドローイングイベント開催「クリープハイプのすべ展~歌詞貸して、可視化して~」

PARCO MUSEUMでは2018年9月21日(金)から10月8日(月・祝)まで、クリープハイプの様々な歌詞の世界を可視化し、体験・体感出来る展覧会「クリープハイプのすべ展〜歌詞貸して、可視化して〜」を開催中。 9月26日の今日、クリープハイプはニューアルバム「泣きたくなるほど嬉しい日々に」がリリースしたが、その発売に先駆けてYouTubeで発表され、大きな話題となったアルバムの全曲トレーラーのイラスト動画(上記図版)を手がけたイラストレーターの雪下まゆの会場でのライブドローイングを開催することが決まった。

石ノ森章太郎 ART TOY FES

【内覧会フォトレポ】「石ノ森章太郎 ART TOY FES.」IN SHIBUYA

9月8日(土)より西武渋谷店にて、仮面ライダーやサイボーグ009、ロボコン、キカイダーなど様々な人気作品で知られる(故)石ノ森章太郎氏の生誕80周年を記念し、石ノ森作品をこよなく愛する、トイ・クリエーターやホビーメーカーが集結した「石ノ森章太郎 ART TOY FES」が開催される。 人気クリエーターによるソフビなどのアートホビーをはじめ、アパレルブランドデザイナーによるファッション雑貨や、匠の技が光る美術工芸品などの様々なコラボ商品の展示即売のほか、石ノ森章太郎氏の数々の作品を紹介する「アーカイブ展」や、週末には石ノ森作品にゆかりのある著名人によるトークショーも開催。 また会場には石巻にある「石ノ森萬画館」よりさまざまな貴重な展示物も登場する(内覧会フォトギャラリー)。

おっさんずラブ展 ~君に会えてよかった。~

超人気ドラマ「おっさんずラブ」が初の公式展覧会になって帰ってくる!

超人気ドラマ「おっさんずラブ展~君に会えてよかった~」をパルコとテレビ朝日で共同開催することが決定した。 本展覧会は、SNSを中心に大きな反響を巻き起こし、話題となった人気ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系列 4~6月放送)の、初となる公式展覧会。 実際にドラマの撮影で使用された小道具、数々の名シーンの場面写真の展示など、ドラマの世界観とその熱量を存分に味わえる空間になっているという。9月6日より、GALLERY X BY PARCO(東京・渋谷)にて。

ぐでたまてん

5周年記念「ぐでたまてん」が6月26日(火)から西武池袋本店で全国初開催

やる気のなさが、逆に癒されると人気のぐでたま。 6月26日(火)~7月2日(月)の期間、西武池袋本店・別館2階=西武ギャラリーにて、「ぐでたまてん」が開催されます。 フォトスポットやオブジェなど「ぐでたま」の世界観が体感できるイベントで、オリジナルグッズも販売。 6月30日(土)には無料のファンミーティングも開催されます。

「“のん” ひとり展 -女の子は牙をむく-」in 梅田ロフト

大阪にやってきた!“のん” ひとり展 -女の子は牙をむく- 巡回展

4~5月に渋谷・GALLERY X BY PARCOで開催された「“のん” ひとり展 -女の子は牙をむく-」の巡回展第一弾が、大阪・梅田ロフトにて、2018年6月7(木)~6月26日(火) の期間、開催されます。 6月9日の関係者向け内覧会に、のんさんが来場。また同じ日の午後、先着100名のお客さんが、のんさんと一緒に“牙TEA”で乾杯できる「“のん”とお茶会 」のイベントも行われました。 のんさんインタビューとお茶会のようすをお届けします! なお、大阪会場のために新たに描き下ろした新作が40点追加され、全部で200点弱の作品が展示されます。(動画&フォト)

パントビスコの本当にくだらない個展

“くだらない”って最高!と感じさせてくれる面白個展「パントビスコの本当にくだらない個展」

フォロワー数32万人を突破!インスタグラム発!?異質のクリエイター・パントビスコ。 誰もが普段感じているはずの日常のいろんな気付きの数々が、パントビスコの頭の中を通って具現化されると、“くだらない”んだけど、「なるほど!」「あるある!」と感心すると同時に、クスッと笑ってしまう面白い作品になります。 その表現手法は、1コマ漫画風だったり、絵日記風だったり、LINEのトーク画面風だったり。 そんな彼の特別展「パントビスコの本当にくだらない個展」が、6月8日(金)~6月24日(日)の期間、池袋パルコ 本館7F パルコミュージアムにて開催されます。 一足早くチェックしてきたので、紹介致します!