• HOME
  • News
  • 映画
  • 永作博美と井浦新のデートシーン本編映像解禁。映画にはない“初デート”から生まれた「生きた言葉」
朝が来る

永作博美と井浦新のデートシーン本編映像解禁。映画にはない“初デート”から生まれた「生きた言葉」

河瀨直美監督最新作『朝が来る』(10/23全国公開)より、永作博美と井浦新のデートシーン本編映像が解禁となった。

そろそろ子供が欲しいと考えはじめた二人が高級レストランでデートするシーンでは、「子供が出来たら来られなくなるから」と仲睦まじい夫婦の姿をみせている。
原作小説では社内結婚で清和が年上の設定だが、河瀨監督は永作博美と井浦新の普段の関係性を活かしたいと、映画では佐都子の方を年上にした。
次の古代遺跡のような場所でのデートは、栃木県宇都宮市にある大谷石採石場跡にある大谷資料館が舞台となっている。実は永作博美と井浦新がここに来るのは初めてではない。河瀨監督は佐都子と清和のつき合いはじめた頃を“役積み”(登場人物たちが実際に経験したであろうことを、役者にも実体験)させるため、クランクイン前に“初デート”の場所として3人で訪れていた。しかもその日のデートコースは井浦新が全て考え、レンタカーの手配までしていたという。宇都宮駅から大谷資料館へ行くレンタカーを運転しながら井浦新が何気なく言った「そこの石は全部地球の記憶だよね」という“生きた言葉”を、河瀨監督は先のレストランシーンにて佐都子の初デートの記憶としてセリフに登場させている。


また、第25回釜山国際映画祭にて、河瀨直美監督がアジアンシネマのアンバサダーに選出されたことが明らかになった。同映画祭の公式HPにて発表され、その他のアンバサダーには、イ・チャンドン、パク・チャヌク、黒沢清、是枝裕和、ジャ・ジャンクー、チャオ・タオ、ツァイ・ミンリャン、リー・カンションといった錚々たる面々が名を連ねた。選出を受けて、河瀨監督は「アジアの多様性と底力を自身の監督作品を通して発信し届けてゆきたいと思います」とコメントしている。
なお、河瀨直美監督最新作『朝が来る』は、10月22日(木)に、ガラプレゼンテーションで上映され、当日に記者会見、上映後のQ&Aをリモートで行う予定となっている。

河瀬直美監督コメント全文
この度はアジア最大の釜山国際映画祭アンバサダーへの就任依頼をいただき誠に光栄に存じます。
私の映画キャリアは釜山映画祭の歴史とほぼ同時です。
この25年の様々な変遷を経て今年のコロナ禍にあっても映画祭を開催される背景には大変な決断とスタッフの努力があってのことでしょう。
ここに敬意を表すと共に、それらの活動を通して広く世界に釜山映画祭がこれまで以上の発展を遂げられますよう祈念いたします。
またアジアの多様性と底力を自身の監督作品を通して発信し届けてゆきたいと思います。

関連記事

映画『朝が来る』

STORY
一度は子供を持つことを諦めた栗原夫婦は、特別養子縁組という制度を知り、男の子を迎えいれる。
それから6年、息子の成長を見守る幸せな日々を送っていた。
ところが突然、産みの母親“片倉ひかり”を名乗る女性から、「子供を返してほしいんです。それがダメならお金をください」という電話がかかってくる。
当時14歳だったひかりとは一度だけ会ったが、生まれた子供への手紙を託す、心優しい少女だった。
渦巻く疑問の中、訪ねて来た若い女には、あの日のひかりの面影は微塵もなかった。いったい彼女は何者なのか、何が目的なのか。

監督・脚本・撮影:河瀨直美
原作:辻村深月 『朝が来る』(文春文庫)
共同脚本:髙橋泉
出演:永作博美  井浦新  蒔田彩珠  浅田美代子
  佐藤令旺 田中偉登/中島ひろ子 平原テツ 駒井蓮
  山下リオ 森田想/堀内正美 山本浩司 三浦誠己 池津祥子 若葉竜也 青木崇高/利重剛
製作:キノフィルムズ・組画
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2020『朝が来る』Film Partners
公式サイト:asagakuru-movie.jp

予告篇

10月23日(金)全国公開

朝が来る

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA