• HOME
  • News
  • 映画
  • 女優・蒔田彩珠が映画の舞台、出雲へ。“神在月”の聖地で大ヒット祈願参拝
神在月のこども

女優・蒔田彩珠が映画の舞台、出雲へ。“神在月”の聖地で大ヒット祈願参拝

“島国の根”と書く神話の地「島根・出雲」を目指して駆ける少女の成長を描く劇場オリジナルアニメ『神在月かみありつきのこども』(2021年秋公開)の主人公・カンナ役の声を演じる、女優・蒔田彩珠が、映画の大ヒットとさらなる自身の飛躍を祈願するため、劇中にも登場する出雲大社を参拝した。

日本各地では“神無月(かんなづき)”と呼ぶ10月を、出雲では“神在月(かみありづき)”と呼ぶ由縁。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという云われを題材に人々と神々、各地と出雲、そして、この島国の根にある“ご縁”という価値観をアニメーションに描く本作。
東京から出雲を目指す主人公・カンナ役には蒔田彩珠。
神使の兎・シロ役には『エヴァンゲリヲン 新劇場版』の真希波・マリ・イラストリアス役、『鬼滅の刃』の珠世役ほか数々の名演で不動の支持を得る坂本真綾。
鬼の少年・夜叉役には『千と千尋の神隠し』のハク役、『聲の形』石田将也役など時代を超えて愛される名キャラクターを演じる入野自由、カンナが目指す出雲の治める神・大国主(おおくにぬし)を演じる声優の神谷明、カンナの幼少期を演じたのは新津ちせ、カンナの同級生のミキをブレイクが期待される若手女優の永瀬莉子、出雲を治める神・事代主(恵比寿天)役に「名探偵コナン」の目暮警部や、「サザエさん」の波平役などの国民的キャラクターを演じる声優・茶風林、同じく龍神役には「名探偵コナン」小嶋元太/高木刑事役、「GTO」鬼塚英吉役をはじめ近年は俳優としても大河ドラマ・朝ドラ活躍する声優・高木渉が演じる。

えびすだいこく両参りで“お芝居との両想い”を決意

島根半島の端と端に位置する出雲大社に参拝したのは、映画『神在月のこども』の“親が子を想い、子が親を想う”というエピソードにちなんで、映画の完成の報告と大ヒットを祈願するため。加えて美保神社も参拝した。
本作の舞台でもあり、美保神社のえびす様と出雲大社のだいこく様は親子の神ということで、まさに本作の大ヒット祈願をするにはピッタリの場所。

まず初めに蒔田彩珠が訪れたのは、美保神社。この日は山陰地方では珍しいくらい天気がよく隠岐の島や大山もきれいにみえる良い天気。美保神社の原画を彼女が宮司さんに渡して、映画の舞台にさせて頂いたことへのお礼と完成の報告をし、大ヒット祈願と同時にコロナ禍の終息を祈った。

次に訪れた縁結びで有名な出雲大社でも、映画の舞台にさせて頂いたことへのお礼と完成の報告をし、大ヒットを祈願。島根県を初めて訪れた蒔田は、出雲大社を参拝するのも始めて。
出雲大社に足を踏み入れた蒔田はその圧倒的な雰囲気に「こんなに大きい神社に来たことが無いですし、大社の奥までは入れたのは感動しました。スケールの大きさに圧倒されてしまいました。」と日本を代表する大社への参拝を喜んだ。
島根の印象については「すごく人が優しい土地ですし、日常の中に神様が溶け込んでいて神様の存在を身近に感じました。映画を地元の方にも見て頂きたいし、全国の皆さんに出雲の良さや改めて日本という国の素晴らしさを感じてほしいと思いました。日本の文化的なものや神秘的なものが至る所に存在していて、東京では見れないものがたくさん見れたなと思います。」と感慨深げにコメントした。

今回の“えびすだいこく両参り”をしてみて、自身の両想いについては「自分の好きなことってなんだろうって思ったときに、お芝居が大好きなので、お芝居からも必要とされたいなと思いました」と役者として歩んでいこうという強い決意を再確認したようだ。
本作は松江・出雲など映画に登場するご当地を巡るアニメーションツーリズムの実施も視野に入れて秋の公開を目指していく。

劇場オリジナルアニメ『神在月かみありつきのこども』

ストーリー
母を亡くし、大好きだった“走ること”と向き合えなくなった少女カンナ。そんな彼女のもとに一羽の兎(シロ)と一人の少年(夜叉)が現れ、出雲への旅にいざなう。廻りはじめる歯車。人々と神々の境界をまたぎ、駆ける少女の旅がはじまる。

出演:蒔田彩珠、坂本真綾、入野自由、神谷明、新津ちせ
原作・コミュニケーション監督:四戸俊成/アニメーション監督:白井孝奈
企画:クリティカ・ユニバーサル/製作:「神在月のこども」製作御縁会/制作:ライデンフィルム/音楽:ソニー・ミュージックレーベルズ
宣伝:パジー・エンタテインメント/配給:イオンエンターテイメント/©2021 映画「神在月のこども」製作御縁会
公式サイト:http://kamiari-kodomo.jp/

2021年 秋 公開

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA