• HOME
  • News
  • 映画
  • 大林宣彦監督が見初めた“令和の尾道ヒロイン”新人女優・吉田玲とは?貴重な尾道のメイキング写真解禁
海辺の映画館-キネマの玉手箱

大林宣彦監督が見初めた“令和の尾道ヒロイン”新人女優・吉田玲とは?貴重な尾道のメイキング写真解禁

“令和の尾道ヒロイン”=新人・吉田玲が大林監督に演出を受ける尾道の景色が広がるメイキング写真

<尾道三部作>、<新・尾道三部作>で、小林聡美、原田知世、富田靖子、石田ひかり、宮﨑あおいなどの女優を抜擢した大林宣彦監督。その大林監督が見初め、主演に新人・吉田玲を抜擢した最新作映画『海辺の映画館-キネマの玉手箱』のメイキング写真が解禁となった。

海辺の映画館-キネマの玉手箱

大林監督が20年ぶりに尾道へ戻り撮影した本作で大抜擢したのが、本作が本格的な映画デビューとなる17歳の吉田玲。
吉田玲は、山口県出身で今年3月に卒業する現役女子高生で、学業の合間に本作の撮影に挑んだ。
2007年から地元の山口にある劇団「Zing♪Zing」で演劇をはじめ、柴口勲監督の自主映画『隣人のゆくえ あの夏の歌声』(17)に出演。この作品を大林監督が鑑賞したことが、吉田玲の起用へつながった。
大林作品のロケ地としても有名な尾道にある「茶房こもん」で監督と面会した吉田は、面接だと思って緊張していたが、その場ではワッフルをご馳走になり楽しく会話をしただけ。
監督は、ロケハン時に吉田を一目見た時点で、すでに出演を決めたという。
吉田は「大林監督に招かれ、超ベテランの方々に囲まれ、希子を務めさせていただきました。全てが初挑戦で不安もありましたが、周りの方々に支えられ、楽しく参加することが出来ました。ミュージカル、アクション、ちょっぴりホラー?皆さんも映画に巻き込まれ、あっという間の3時間です。文章だけでは伝えきれないので、ぜひ観てください。」とコメントを寄せた。

本作で吉田は、戦争を学びたいという思いから映画作品の中へタイムリープする「女子学生・希子(のりこ)」を演じ、さまざまな時代の戦争映画作品の中で、たくさんの役柄に挑戦し、歌唱やダンスも披露している。

なお、本作のメインキャストを務める厚木拓郎は、7歳の時に『マヌケ先生』(98)で俳優デビューを、細山田隆人は、17歳の時に『なごり雪』(02)で大林作品初出演をして以来の大林ファミリー。
今回解禁するメイキング写真には、尾道の美しい景色の中で、元気な姿をみせる大林宣彦監督と、尾道水道を渡る船の上に、セーラー服で自転車にのる吉田の姿がみられ、和やかな撮影風景などが収められている。

希子(のりこ)役 / 吉田玲(よしだ れい)
山口県出身。17歳。2007年から山口県にある劇団「Zing♪Zing」に加入。
柴口勲監督の自主映画『隣人のゆくえ あの夏の歌声』へ、金子みすゞ役として出演。本作が大林宣彦監督の目に止まり、20年ぶりの大林宣彦尾道最新作『海辺の映画館—キネマの玉手箱』が本格的な商業映画デビューとなる。

メイキング写真

大林宣彦監督尾道シリーズについて

これまで約2000本におよぶTVコマーシャルを制作し、本作『海辺の映画館—キネマの玉手箱』が劇場公開映画の第44作目となる大林宣彦監督。
監督が、大女優となる才能を見極める力は、尾道作品に特に顕著で、〈尾道三部作〉である『転校生』(82)では、小林聡美を、『時をかける少女』(83)では、原田知世を、映画デビュー作ながら主演に大抜擢し、尾道三部作の3作目『さびしんぼう』(85)の主演・富田靖子は、大林宣彦監督が製作総指揮を務めた『アイコ十六歳』(83)で当時14歳だった富田が映画デビュー初主演している。
また〈新・尾道三部作〉の『ふたり』(91)は、石田ひかりの映画デビュー初主演作であり、『あの、夏の日 〜とんでろ じいちゃん〜』(99)は、宮﨑あおいの映画デビュー作となっている。

映画『海辺の映画館-キネマの玉手箱』

映画は未来を変えられる——!!大林宣彦監督が新しい世代へ託すメッセージ。

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。
戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ——。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」だった。
「桜隊」を救うため、3人の男たちは運命を変えようと奔走するのだが……!?
大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた。尾道にある海辺の映画館を舞台にした最新作は、まさに“キネマの玉手箱”!
物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していく。生のエネルギーに溢れた誰も体験したことがないエンタテインメントが、幕を開ける!

大林宣彦 監督作品
厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田 玲(新人)  成海璃子 山崎紘菜 常盤貴子
製作:『海辺の映画館—キネマの玉手箱』製作委員会(吉本興業/TANAKA/バップ/アミューズメントメディア総合学院)
製作協力:大林恭子 エグゼクティブ・プロデューサー:奥山和由 企画プロデューサー:鍋島壽夫 脚本・編集:大林宣彦 脚本:内藤忠司/小中和哉
音楽:山下康介 撮影監督・編集・合成:三本木久城 VFX:塚元陽大 美術監督:竹内公一 照明:西表燈光 録音:内田 誠 整音:山本逸美
配給:アスミック・エース  製作プロダクション:PSC
©2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
公式HP:umibenoeigakan.jp
公式Twitter:@umibenoeigakan  #海辺の映画館

予告編

4月10日(金) TOHOシネマズシャンテほか全国公開

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA