• HOME
  • News
  • 映画
  • 哀川翔、千葉雄大を悪に染める宣言!『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』日本語吹替版声優発表会見
ピーターラビット

哀川翔、千葉雄大を悪に染める宣言!『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』日本語吹替版声優発表会見

3月3日、ウサギにちなんだ“ミミの日”、都内にて、映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』日本語吹替版声優発表会見が行われ、全作に引き続き主人公ピーター役を務める千葉雄大と、本作で声優初出演となる哀川翔が登壇。日本語吹替版声優としての意気込みを語った。(トークノーカット動画あり)

ピーターラビット

千葉雄大/哀川翔

哀川翔が声を担当するウサギのバーナバスは、悪の地下組織を率いる大ボス。物語では、都会に出てきた千葉雄大演じる、主人公・ピーターをダークサイドに誘い込もうとする。
それを受けて、哀川翔は、千葉雄大に向かって「これからのプロモーション期間、(千葉雄大くんを)徐々に悪に染めていきたいと思います!」と宣言した。
[※2020.3.31追記:新型コロナウィルス感染拡大状況に鑑み、2021年公開に延期となった。]

記者会見レポート

千葉雄大

ピーター役ふたたび!

– 前作に引き続きピーター役を担当されるお気持ちは?

千葉雄大(ピーター役)
すごい嬉しいですし、人間の役を演じていてもなかなかハマり役って言っていただける役って少ないと思うんですけど、2年前に前作でピーターをやらせていただいた時に、ハマってるって言ってくださる人が多くいたんです。
役者人生においてハマり役がウサギっていうのも自分らしいかなって思います。

千葉雄大

千葉雄大

– 前作で歌を歌われてましたが、今回はどうなるんですか?

千葉雄大
今回もまたあるらしいので、また成長した姿を見せられるように頑張りたいです。

– 今作は、ピーターが湖水地方を飛び出し、都会で出会う父親の親友バーナバスを名乗る男にダークサイドに落とされる話だと伺っています。

千葉雄大
是非ダークサイドに落ちる僕(ピーター)を楽しみにしていただけたらと思います。

– では、もっともっと“モフワル(モフモフの悪)”になるってことですね?

千葉雄大
“モフワル”な僕を楽しみにしていてください。

千葉雄大

バーナバス役、哀川翔登場!

哀川 翔(バーナバス役)
映画の吹き替えは初めてなので、非常に嬉しく思っております。

哀川翔

哀川 翔

– 哀川さんと千葉さんは今までお仕事されたことは?

哀川 翔
今日が初めて。よろしく!

ピーターラビット

千葉雄大/哀川 翔

– お互いの印象は?

哀川 翔
(千葉くんは)ピーターっぽいね。ものすごく合っていると思うね。

哀川翔

哀川 翔

千葉雄大
釣りがお好きって伺っています。僕の友人の中川大志から。

哀川 翔
(中川大志も)すっごい釣りにハマってるよ。
こうやって染まっていくのかな?俺に。

千葉雄大
染められる~(笑)

– 初の声優がウサギっていうのはどうですか?

哀川 翔
いいですね。しかもワルじゃないですか。だからなんとなく入り込みやすいかなって。自分もどっちかっていうとそっち方面ばっかりやってきたんで。

– 千葉さんも最初は緊張されましたか?

千葉雄大
そうですね。声優と言えば、自分のほうが先輩になるので、なんでも聞いてください(笑)

哀川 翔
なんでも聞きます!

千葉雄大・哀川翔

千葉雄大を悪に染める意気込み!?

– 今回は、“バーナバスの誘惑”というサブタイトルが付いています。哀川さんが千葉さんを誘惑して悪に染めようとする、その意気込みはありますか?

哀川 翔
楽しそうにやることじゃないですね。
卑屈にやってもしょうがない。悪の組織のボスって言っても、過去にいろんな人生があった末のはず。そういうことを感じさせるように演じたいと思います。

哀川翔

– 哀川さんのそういう悪のお誘いはいかがですか?

千葉雄大
もう染まる気満々なので、待ってます。

ダークサイドに落ちた瞬間の思い出は?

千葉雄大
散々悪口を言った後に、「でも良い人なんだよね」って言って許されることはありますね(笑)
あと、強奪はまだしたことが無いので、今日は本物の野菜が(ステージに)あるので、このあと持って帰ろうっかなって(笑)

– 自分ってワルだなって思うことは?

千葉雄大
あざといとかはよく言われますね。でも自分ではよくわからないです。

千葉雄大

哀川 翔
俺なんかは子どもの頃に、友だちにワッ!って脅かそうと思って、自転車置き場の屋根の上に潜んでたことがあるんですよ。
でも、なかなか友だちが来ないので、そのうち腕が疲れちゃって、地面に落ちて顔が血だらけになってしまって。そこに友だちが来て驚かれたことがありますね(笑)
バチが当たりました(笑)

哀川翔

– 大人になってからは?

哀川 翔
ワルというか、自分の子どもの躾のために、「悪さしたら家の地下室から何者かが来るよ」って教え込んで、実際自分が着ぐるみ姿で、暗闇の地下室から覗き見るってことはやったことあります。それ以来、うちの子は悪さをしなくなりました。

– 着ぐるみを着られたんですか?

哀川 翔
はい。バカボンのパパの(笑)

千葉雄大・哀川翔

苦手な野菜・フルーツは?

千葉雄大
ドリアンが苦手です。好き嫌いが無いはずだったんですけど、シンガポールで「匂いと味は違うよ」って言われて食べてみたら、匂いのまんまの味がしたので、もうそれから食べてないです。
好きなのはメロンです。小さい頃から。

哀川 翔
大体のものは食べます。特に野菜は嫌いなものはないですね。
好きなのはキャベツです。ちょっと体重が増えたりするとすぐにキャベツの千切りです。3ヶ月で5キロくらい痩せます。

千葉雄大・哀川翔

この作品へ期待を込めてのメッセージ

哀川 翔
映画の吹き替えは初めてで、ドキドキしておりますが、自分の中で盛り上がっているところもあります。
ほんとに素敵な作品に仕上げられるように頑張っていきたいと思いますので、皆さんも期待していてください。

哀川翔

千葉雄大
これからピーターに命を吹き込んでいく作業をするんでけれど、前作でもウサギの意外な部分だったりを楽しんでいただけたと思うんですけれど、今回も“モフワル”ということで、バーナバスとピーターの関係性を楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。パワーアップした姿を是非楽しみにしていてください。

千葉雄大

千葉雄大

千葉雄大を悪に染める宣言!

哀川 翔
これから公開に向けて二人でプロモーション活動しますので、長い期間一緒にいることになりますので、徐々に(悪に)染めていきたいと思います。
まずは虫からいこうかな。

千葉雄大
(笑)
虫・・・、虫、大好きです。染まりたいと思います(汗)
一緒に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

千葉雄大・哀川翔

トークノーカット動画

記事に書ききれなかった内容含めて、トークノーカット動画でもどうぞ!

映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』

湖水地方を飛び出したピーターが都会で出会ったのは、父親の親友バーナバス。
彼は、地下組織を率いる大ボスだった!

大好きなビアとマグレガーの結婚式から物語は始まる。
いきなり父親づらをするマクレガーに叱られつづける毎日に嫌気がさしたピーターは、生まれ育った湖水地方を飛び出してしまう!
知り合いもいない、食べるものもない都会で、ある日ピーターは、亡き父親の親友だと名乗るバーナバスと出会う。
地下組織を率いるバーナバスは、都会で生きていくための盗みのスキルをピーターに教えてくれた。
バーナバスに父親の面影を重ねたピーターは、バーナバスに認められたいばかりにワルさがエスカレートしていき・・・ついには妹たちや仲間を巻き込み、くだもの市場を襲撃する!
果たしてピーターは、このままダークサイドに堕ちてしまうのか・・・!?

原題:Peter Rabbit 2: The Runaway
監督:ウィル・グラック(『ピーターラビット』『ANNIE/アニー』)
全米公開:4月3日/イギリス公開:3月27日
声の出演:ジェームズ・コーデン(『はじまりのうた』『イントゥ・ザ・ウッズ』CBS トーク番組「レイト×2 ショー with ジェームズ・コーデン』司会)、マーゴット・ロビー(『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『スーサイド・スクワッド』)、エリザベス・デビッキ(『華麗なるギャツビー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』)、デイジー・リドリー(『オリエント急行殺人事件』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』)
出演:ドーナル・グリーソン(『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』)、ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』『X-MEN:アポカリプス』)
公式Twitter:https://twitter.com/PeterRabbit_JP #ピーターラビット
公式Facebook:https://www.facebook.com/PeterRabbitMovieJP/
公式Instagram:https://www.instagram.com/PeterRabbitMovieJP/
公式サイト:https://www.peterrabbit-movie.jp/

予告1(2020/2/12公開版)

2021年公開予定

場面カット

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA