コントラ

【映画『コントラ』インタビュー中編】“手書き”メッセージで作品支援者に思いを。[間瀬英正]

3月から東京で先行して公開され、順次全国へと展開している映画『コントラ KONTORA』。本作のテーマを読み解くキーとなるキャラクター“後ろ歩きの男”を演じた間瀬英正に、役づくり、そして自主制作として製作スタートした本作への支援者に対する思いを伺った(本作インタビュー3部構成その2)。

映画『コントラ』。後悔の念を浄化する為に過去に戻りたいと思う人間の願望。全編を通して、モノクロームの圧巻の映像と、プリミティブと哀感が絡み合う美しい旋律で紡ぎ出す独特の映像世界をアニメーターと言う経歴を持つインド出身の異彩、アンシュル・チョウハン監督が描き出している。

ワールドプレミアとして上映されたエストニアのタリン・ブラックナイト映画祭でのグランプリ&最優秀音楽賞受賞をはじめ、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭での国内長編コンペティション部門 優秀作品賞受賞、ニューヨークで開催されたジャパンカッツ大林賞など、数々の映画祭で高い評価を獲得してきた衝撃作が、満を侍して凱旋帰国。
3月より新宿K’s cinemaで公開が始まり、5月以降も順次全国公開される(詳細は作品公式ページにて)。

本作でソラを演じた円井わんは、ドラマ『全裸監督』(19)、映画『タイトル、拒絶』(20)ほか、21年には5本の公開待機作が控えている期待の俳優。
“後ろ歩きの男”を演じた間瀬英正は、本作で大阪アジアン映画祭最優秀男優賞を獲得し、彼もまた将来が嘱望されている。

間瀬英正インタビュー

コントラ

間瀬英正

■“後ろ歩きの男”とは?

-非常に多くの要素が含まれる物語ですが、脚本を受け取ったときの第一印象や感想はいかがでしたか?

間瀬英正(後ろ歩きの男 役)
最初に脚本を読ませて頂いた時に私の演じる後ろ向きに歩く男に対して、この役をどう演じたらいいんだろうっていうのが最初の印象です。
この男は台本上で言葉を発していません。過去から戻ってきたと想像できるような人物を演じてるんですけれども、各シーンにおいて、男が何をやりたくて登場してきたのかとか、その目的はなんなのかっていうところが、第一印象では実は僕はすぐ読み解けませんでした。

コントラ

後ろ歩きの男(間瀬英正)  (C)2020 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED

-確かに、読み取りづらく、またそこが作品を楽しむポイントにもなっていますよね。

間瀬英正
そうなんです。出来上がった作品をご覧いただくとわかりますが、時が進んでいくにつれて、家族の中に溶け込んでいくような状況になっていくんです。ただ、どのぐらいで意思疎通ができる段階にあるのかとか後ろ向きに歩く男自身も分からないんです。
アンシュル監督の要望でもあったんですが、あの男自身も何をしにこの時代に戻ってきたのかとかちょっと記憶喪失気味なところが背景としてあります。ですので、彼自身が何をやりたくて戻ってきてるのか、どのくらい自覚的なのかが、そこを演じる時に難しかったですし、気をつけて演じておりました。

-後ろ向きに歩く男のそういった背景は、監督から説明があったわけではなく、ご自身の解釈の中でつくりあげていったのでしょうか?

間瀬英正
この脚本に関しては、分からないことは正直に分からないと言おうと思いまして。自分で理解したというよりも、監督のご自宅に何度もお伺いして台本について分からないことを質問する過程を繰り返して、核心を理解していったというのが実際のところです。

-時が進むにつれて、後ろ向きに歩く男の人間味が増してくる感じがあったので、その塩梅をどのように決めていったのか、そのレベルが難しそうだなと思いました。

間瀬英正
その塩梅、つまりどのくらい意思をちゃんと表出して行くかは、とても気を使いました。監督と入念に行ったミーティングの成果があり、撮影初日の段階で、私は特に迷いなくそれぞれのシーンを演じられたな、と自負しています。

-2020年の10月に円井わんさんのインタビューをしていて、初日の撮影でのわんさんの演技に、監督が納得しなかったという話がありました。そこで、二人でディスカッションをしたとのことだったので、それと対象的だなと思いました。

間瀬英正
僕の場合は、「後ろ向きに歩く男」というかなり特徴的な人だったので、監督は撮影前に僕にすごく時間を取ってくださったのだと思います。

-後ろ向きに歩く男に関しては、監督が目にした実話が元になっているそうで、それをアレンジした形になっていますよね。後ろ向きに歩く男と向き合ってみて、どんな点にこだわりを持って演じられましたか。

間瀬英正
どこの時代から来たかと問われれば、戦争の時代を経て蘇ってきた人になるので、とにかくこだわってやったことといえば、自分の体をまず変えることですね。
オーディションを経て、その後アンシュル監督に呼ばれて、この役をやってほしいとの話を戴いた日があるんですけど、その時に今の間瀬だと健康的すぎると言われたんです。その時にさらっと、「10kg痩せてください」と監督に言われました。
夏の終わりだったんですけど、撮影まで3、4ヶ月しかない状況で、まず痩せなければいけない。それから撮影に入るまでに、とにかく後ろ向きで歩くということが、自分にとって普通で当然であることのように思えるぐらい、自主練をしておかないと・・・これはカメラの前だけやっても説得力ないなと思いまして。相当時間をかけて練習しました。そのように後ろ向きにこだわった点がありますね。
周りから見ると、後ろ向きに歩く人って、相当変な人ですよね。私が住んでいる街には、駅前に公園がありまして、その周りをぐるぐると後ろ向きに走っていて、周りからは奇異の目で見られておりました。それでも走り続け、つまずいて転びそうになりながら、日々を送っておりました。

-ストイックですね。映画を観ていても後ろ向きに走る姿に違和感がありませんでした。

間瀬英正
僕は出来上がった映画を見て、「あぁ、すごく走ってる!」と自分でも思いました。
撮影中に監督が映像を一度も見せてくれなかったので、僕自身がどう撮られているのかとか、試写会があるまで全く見てなかったので、出来上がったものを見た時に時間をかけただけのものがスクリーンにあるんじゃないかと確信しました。
最近もたまに思い出したかのように後ろ向きに走ってみるんですけど、もう駄目ですね。もう2年ぐらい経ってしまっているので怖くてしょうがないです。

コントラ

後ろ歩きの男(間瀬英正)  (C)2020 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED

■「私なりの支援者に対しての思い」

-最近の活動の中で、SNSでのクラウドファンディングへの積極的な支援依頼活動をされていますが、あらためて伝えたいことはありますか?

間瀬英正
現在は映画館で上映していただくために配給会社さんが付いてくださりましたが、元々、自主制作の映画から始まった作品ですので、監督、プロデューサーの貯金を資金として制作費に使っております。私もそこから出演料をいただいたわけなんですが。
やはり『コントラ』という作品に、お金も生活費も全てかけた監督の情熱に応えたい。この作品を一人でも多くの方になんとか見届けて頂きたいという思いで、クラウドファウンディングへの支援依頼をさせて頂いております。少しでも監督が報われるならと思っております。

-手書きのメッセージを使ったツイートがいいなと思いました。

間瀬英正
多くの反響があって、僕もびっくりしてるんですけど、とても嬉しいです。クラウドファンディングの目標額に近づくことのために発信をしましたが、それよりも『コントラ』っていう映画のことが宣伝もできたみたいで、多分何万人というような人に、この手紙が伝わっているのかなと嬉しく思っています。

-最近は、スマホで入力したものをスクリーンショットで貼ることも多いですが、今回は手書きの力のようなものが、伝わってくるものがありました。手紙はよく書かれるのでしょうか?

間瀬英正
いいえ、ほとんど書かないです。直筆っていうのは、これが初めてだと思います。
支援依頼といえども、やはり寄付をお願いするものなので、言葉はだいぶ選びました。人様からお金を頂戴するということに対して、クラウドファンディング自体も横文字で言ってしまうと当然のことのように思えてしまったりすると思います。
作品に対して呼びかけをしていたりとか、クラウドファンディングで、これだけお金の支援がありましたっていうのが、催しのように盛り上がるというのではなく、本来やはりそこに対しては頭を下げる思い、なるべく低姿勢で誠実にやりたいって思ってるんですね。なので私なりの表現の仕方がこういうものだったと思っております。

■最後にメッセージ

-映画を観にいらっしゃるお客様へのみどころやメッセージをお願いします。

間瀬英正
『コントラ』という作品は、これは監督の願いでもあるんですけど、やはり、日本の過去や日本人の過去に対しての慈しみの気持ちであったりとか、弔いの気持ちがこめられています。
そういったものを見る人に感じていただきたいっていう思いがあります。私も含め、日本は戦争経験者が本当に少なくなってきていまして、戦争を実感するっていうことが非常に難しくなってきたと思うんです。
なので映画の中で主人公のソラが宝探しと言いますか、戦争の遺品を探しに動きますけれど。今の時代の彼女に寄り添って、過去の戦争というものをお客様には是非知っていただきたいな、という思いですかね。

コントラ

間瀬英正

[聞き手・写真:金田一元]

関連記事

映画『コントラ KONTORA』

STORY
高校生のソラ(円井わん)は、父親(山田太一)と二人暮らしだが、その関係は冷え切っている。そんなある日、急死した祖父が第二次世界大戦時の日記の中に遺していた、記号化された宝の存在を知ることとなる。彼女が密かに宝の探索を試み始めたとき、突然無言で後ろ歩きをする見窄らしい男(間瀬英正)と遭遇する。ソラの身に、ほぼ同時に起こった二つの事象。それは果たして何かの啓示なのか?

出演:円井わん / 間瀬英正 / 山田太一 / 清水拓蔵
制作・監督:アンシュル・チョウハン
脚本:アンシュル・チョウハン 編集:ランド・コルター 撮影監督:マックス・ゴロミドフ
配給:リアリーライクフィルムズ + Cinemaangel
配給協力:アルミード
(C)2020 KOWATANDA FILMS. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:www.kowatanda.com/kontora

予告編

3月20日(土)より、K’s cinemaほか、全国順次ロードショー

【映画祭&受賞歴】
・タリン・ブラックナイト映画祭(PÖFF) 2019 – グランプリ&最優秀音楽賞受賞
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2020 – 国内長編コンペティション部門 優秀作品賞受賞
・大阪アジアン映画祭 2020 – 最優秀男優賞受賞
・ジャパン・カッツ 2020 – 大林賞受賞
・グラスゴー映画祭 2020 – 公式セレクション
・Ostrava Kamera oko 2020 – 公式セレクション
・ジャパニュアル・日本映画祭 2020 – 公式セレクション
・ハイファ国際映画祭 2020 – 国際コンペティション公式セレクション

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA