• HOME
  • News
  • 映画
  • 成田凌、高良健吾、若葉竜也らが撮影秘話を語り尽くすロングインタビュー映像公開。映画『くれなずめ』
くれなずめ

成田凌、高良健吾、若葉竜也らが撮影秘話を語り尽くすロングインタビュー映像公開。映画『くれなずめ』

映画『くれなずめ』(公開中)より、本作の公開を記念し、主演の成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、目次立樹ら出演キャストと松居大悟監督が撮影秘話を語り尽くす“公開記念のロングインタビュー映像”が解禁となった。合わせて、小説家の原田マハやドレスコーズの志磨遼平らからの熱いコメントも到着。

解禁された映像は、成田凌、高良健吾、若葉竜也、浜野謙太、目次立樹ら出演キャストと松居大悟監督が参加、本作の公開を記念して行われた15分以上に及ぶスペシャルトーク映像。
高良が脚本を初めて読んだ時、その内容にあまりにも面白く、楽しみすぎて思わずキャスト名に名前が連なっていた浜野に電話するも浜野自身に出演の依頼はまだ何も知らされてなかったというハプニングのほか、キャスト全員揃って赤フンで踊るシーンを撮影する際、赤フンの前貼り作業に皆で一緒に試行錯誤しながら奮闘したというまるで劇中さながらの仲良しトークが炸裂!今このタイミングでしか話せない撮影裏話が続々登場する。

公開記念ロングインタビュー映像

コメント

●原田マハ/小説家
あの過去を変えられたら。 もう一度やり直せたら。 そんな思いを胸にくすぶらせているすべての人に見てほしい。 映画を見終わった後、きっと気づくはずだ。 今日を生きる私たちを明日へ押し出してくれるのは、 どうしようもない昨日なんだということを。

●志磨遼平/ドレスコーズ
2017年にちいさな劇場で上演されたゴジゲンの名作『くれなずめ』がまさかの映画化です。終盤のああいうノリがぼくホントだめで、いつも大泣きしてしまうんですよ。松居大悟の、ゴジゲンの、そして演劇のすごさが見事に詰まった映画でした。

●霜田明寛/永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー編集長
披露宴と二次会の間、青春と大人の間、この世とあの世の間…… 松居大悟は“あいだ”を描く天才だ。 定義できない世界の中で、この映画をひきずり続けて生きていきたいと思った。

●エリザベス宮地/映像作家
「ヘイ!ヘイ!ヘーイ!」 劇中で、死のカミングアウトを吹き飛ばすために友人たちが口にする、何でもない言葉。 それは、監督の松居くんが乾杯の時にいつも言う言葉でもあります。
今まで一度も気にしたことのなかったその言葉が、映画を見終わったあとずっと心に残りました。 全部抱きしめて笑わせてくれるような、力強さと優しさを感じました。 きっと、それが友達なんだと思います。

関連記事

映画『くれなずめ』

INTRODUCTION
かつて松居監督自身の実体験をモチーフに書かれた完全オリジナルの舞台劇を、錚々たるメンバーと共に映画化。現在大好評放映中のNHK連続テレビ小説「おちょやん」でもメインキャストとして出演する気鋭の演技派俳優らを含め、個性的かつ実力派の豪華俳優が勢揃いした。

物語
高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、5年ぶりに友人の結婚披露宴で「赤フンダンス」の余興をやるべく集まった!
めちゃくちゃ恥ずかしいダンスをやりきった披露宴と、二次会の間の妙に長い時間を持て余しながら、高校時代を思い出す・・・「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」6人は今までも友達で、これからもずっとずっと友達でい続けるのだろうと思う。
そう、たったひとりを除いては・・・。この微妙な“狭間”の時間に起こること、それは見るものの予想を超えていく。

くれなずめ

くれなずめ

監督・脚本:松居大悟
出演:成田 凌 若葉竜也 浜野謙太 藤原季節 目次立樹/飯豊まりえ 内田理央 小林喜日 都築拓紀(四千頭身)/城田優 前田敦子/滝藤賢一 近藤芳正 岩松 了/高良健吾

製作幹事:UNITED PRODUCTIONS
幹事協力:ハピネット
配給・宣伝:東京テアトル
制作プロダクション:UNITED PRODUCTIONS (C)2020「くれなずめ」製作委員会
公式サイト:kurenazume.com
公式Twitter:@kurenazume
公式インスタグラム:@kurenazume

予告編

全国公開中

くれなずめ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA