コウキの雨鳴き-About Kouki-

完全リモート制作連続ドラマ『コウキの雨鳴き-About Kouki-』が5月1日より配信

映画『向こうの家』で2019年ええじゃないかとよはし映画祭でグランプリを受賞した監督・西川達郎、俳優・円井わんが、新作として、連続モキュメンタリードラマ『コウキの雨鳴き-About Kouki-』を完全リモートで制作。5月1日から順次YouTubeにて1話ずつ配信される。

本ドラマは、昨今のコロナ禍による外出自粛が続く状況下、「何か私達に出来ることがあるはずだ、その一歩をまず踏み出してみよう」との思いから、西川監督の前作『向こうの家』に出演した俳優・円井わんの企画・声かけによってキャスト、スタッフ総勢10名が集まった。
物語は、教育学部の大学院生である主人公が研究の一環で行う取材の中、さまざまに浮かび上がる「人間の本質」を描いている。
撮影、制作は4月で、5月1日からYouTubeにて配信。投げ銭サービス・OFUSE(オフセ)にて支援をすることもできる。

連続モキュメンタリードラマ『コウキの雨鳴き-About Kouki-』第0話

場面カット

キャスト・監督コメント

円井わん(企画・出演)
深くを知ると好きになっていく経験、逆も然り。十人十色、理解しあえるなんて思ってない。でも、少しでも寄り添い合えたのなら何か変わるかもしれない。正義にならなくて良いのだから、隣にいる人を大事にしたい。そんな願いを込めて、この作品が貴方にとって「心の中で何かを抱くもの」となりますように。

西川達郎(監督・脚本)
このような状況の中で、日々をどのように生きていくか多くの人が模索しています。その中で強い前向きなメッセージを発信する人々に勇気づけられ尊敬の念を抱くと同時に、思わぬ形で露呈する世の中や人の弱さに戸惑う事があります。もちろん自分自身もその範疇にあります。
「コウキの雨鳴き」は、そんな戸惑いに寄り添う作品です。様々な登場人物が語る複雑な本心が、一筋縄ではいかない人間のありようを写すと共に、巡り巡って明日を生きてくための心の下支えになると思っています。

本作は信頼している俳優、円井わんちゃんから企画をお声がけ頂きスタートしました。
完全リモート撮影はもちろんの事、シナリオ制作から演出に至るまで、初めての試みの中で制作した作品になりました。今、何か出来る事を模索する中で、まず一つやってみようと、こうしてお声がけ頂いた事に感謝しています。
そしてなによりも、各登場人物を演じた俳優達の心掴まれる演技を目撃して頂けたらなと願っています。

連続モキュメンタリードラマ『コウキの雨鳴き-About Kouki-』

あらすじ
教育学部の大学院生、駒井は障害を抱えた高校生の教育環境調査研究を行なっていた。
コロナウィルスの影響から自宅で研究に取り組む事になった駒井は、”先天盲の男の子”菅谷コウキと彼らの周りの人物にビデオ通話による取材を行なっていたが、ある日、コウキが行方不明になる。。。
取材の中で浮かび上がる「人間の本質」「嘘と本心」「弱さと優しさ」---。
不安定な世界の中で、明日を生きてく人々の”本音”に耳をすますモキュメンタリー。

監督・脚本:西川達郎
企画・キャスティング:円井わん 編集:淡梨
出演:佐藤寛将 円井わん 平山りの 山本篤士 牛嶋裕太 原野拓巳 大山真絵子 川口高志

コウキの雨鳴き-About Kouki-

左上から、佐藤寛将・円井わん・平山りの・山本篤士・牛嶋裕太・原野拓巳・大山真絵子・川口高志・西川達郎(監督)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA