みんなといっしょたいそう

親子のおうち遊び、運動不足・ストレス解消に。「みんなといっしょたいそう」第2弾動画配信開始

現在配信中の、自宅でキャラクターと一緒に楽しく体を動かせる「みんなといっしょたいそう」動画の第2弾が4月28日より配信。新たに「くまモン」「メルちゃん」「チェブラーシカ」が加わった。

「みんなといっしょたいそう」は、ベネッセのこどもちゃれんじのキャラクター「しまじろう」と、サンリオのキャラクター「ハローキティ」が手を組み、新型コロナウイルス感染症の拡大に起因する親子の不安な気持ちを和らげ、笑顔を届けることを目指してスタートした『だいすきなみんなといっしょプロジェクト』の一環として制作された。
「今は会えなくても、いつも一緒にいるよ。応援しているよ。」というメッセージ発信と共に、外出自粛要請が続く中で増加する親子の運動不足やストレスを自宅で楽しく解消することを目的としている。

第1弾は、日本語版・英語版・中国語版と多言語対応で世界中の子どもたちに向けて配信され、SNS では、「子どもがくり返し踊っている」「大人でも結構いい運動になる!」などと好評を博している。
そして今回、「しまじろう」「ハローキティ」が企業や文化の垣根を越えて親子の大好きなキャラクターたちに呼びかけ、「くまモン」「メルちゃん」「チェブラーシカ」の参加が決定し、「みんなといっしょたいそう」第2弾の動画、「ともだち ふえたよ Ver.」の配信が実現した。

「みんなといっしょたいそう」第2弾 <ともだち ふえたよ Ver.>

■登場キャラクター:
しまじろう・はなちゃん(ベネッセ)、ハローキティ・ハローミミィ(サンリオ)
くまモン(熊本県)、メルちゃん(パイロットインキ)、チェブラーシカ(CPLLP)

■体操の構成:体操監修/早稲田大学人間科学学術院 教授・医学博士 前橋 明
「こどもちゃれんじ」のこれまでの知見を活かし、幼児が真似しやすい動き・フレーズを取り入れた体操です。
専門家監修のもと、腕・足の順に体を動かしていき、体全体がほぐれるように設計。各キャラクターが別々の部屋で体操をし、手を振ったり、ひとつのポーズを作ったりすることで、「会えなくてもいつも一緒にいるよ」というメッセージを表現しています。

 

第1弾

日本語版

英語版

中国語版

みんなといっしょたいそう

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA