• HOME
  • News
  • 映画
  • これで最後!大泉&小池の夫婦漫才なトークがたっぷり!『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』感謝御礼舞台挨拶
グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

これで最後!大泉&小池の夫婦漫才なトークがたっぷり!『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』感謝御礼舞台挨拶

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

成島出監督/大泉洋/小池栄子

2月23日、都内にて、映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』の「感謝御礼!舞台挨拶」が行われ、大泉洋、小池栄子、成島出監督が登壇した。映画公開前から、公開初日までずっと2人で番宣・地方キャンペーンを行脚してきた大泉と小池がこれまでに溜った想いを炸裂させた。

舞台挨拶レポート

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

嘘から始まるご挨拶

大泉 洋(田島周二 役)
このご時世に映画館に足を運んでいただきありがとうございます。マスクが品薄って聞くけどありますね!皆さんこれだけ付けてる!
映画の余韻に浸りたいという方は今のうちに帰った方がいいと思います。今から映画の余韻を台無しにするトークをしたいと思います!

大泉 洋

大泉 洋

小池栄子(永井キヌ子 役)
劇場に入ってきた瞬間、感動しました。数ある作品が上映されている中、こうやって『グッドバイ』を観に来てくださって本当に感動しております。
ちょっとウルウルしています。ほんとうにありがとうございます(本気涙)
公開前から大泉さんとプロモーション活動させていただいて、今日が本当に最後ということで。

小池栄子

小池栄子

成島 出監督
栄子ちゃんが横でウルウルしちゃったんで、僕もジーンときちゃってます。
今日の舞台挨拶でこの映画のキャンペーンも終わりになります。本当にありがとうございました。

成島 出監督

成島 出監督

大泉 洋
こんな時に皆さん来ていただいて、ちょっとウルウルしています(嘘泣)
ほんとにほんとにありがとうございます。
あの、記者の皆さんにお願いがあります。俺だけマスクしてなくて感染るんじゃないかとか、絶対に書かないでください!
今のご時世、俺だけが最低なヤツみたいなことをネットに書かれるので(嘘涙)
小池栄子の株だけが上がるのが悔しくてしょうがない。
(小池栄子の方を向いて)お前、ズルイな今日!そういうモードで行くなら裏で言ってくれれば俺だってもっと・・・。

大泉 洋

小池栄子
言ったよ!今日はしっとりといくかもしれないって!
全然涙、流れてないし!

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

– 嘘から始まるご挨拶ということで、いただきました。

チャレンジ演出だった“カラス声”

– 成島監督がムチャぶりしてくるので油断ならかったということですが、大変だったシーンや演出について改めて教えて下さい。

小池栄子
田島(大泉洋)がキヌ子(小池栄子)を口説こうとするシーンで、追い払うために箪笥を持ち上げて、カラス声で「ヴァ~っ!!」って言うんですけど、その時、キヌ子の中になにかの恋心が芽生えたという監督の演出だったんです。なので、カラス声からだんだん白鳥の声になってくれって指示を受けて、それはちょっとムリだなって思ってビックリしました。

小池栄子

大泉 洋
監督の演出で印象に残っているのは、僕が小池さんに抱きつくシーンで、監督から「犬のように腰を振れ」と言われたことです。
あと、医者役の水川さんとのシーンで、お腹を触られた時にハッとした表情をしてくださいとか、どんどん僕を変態のような演出をするのが辛かったです。

大泉 洋

洋ちゃんと番組をやりたい!?

– 本作のこれまでの番宣やキャンペーンで一番印象に残っていることは?

小池栄子
やっぱり私は「ぴったんこカン・カン」のでの早朝からの弾丸ツアーですね。神戸行って、静岡行って、最後に博多行って、東京に帰るというロケ。流石に移動に疲れましたね。

大泉 洋
疲れましたね。私はもうぴったんこの企画は今後断ろうと思います。

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

– 今だから言える、お互いにグッドバイしてほしいことはなんでしょうか?

小池栄子
キャンペン―中にさまざまな番組に出させていただいた中で、私は大泉さんにかなりな暴言を吐きました。でもそれはあくまで、女優というものは捨てて、いちバラエティータレントとして、番組が盛り上がったらいいなと思って吐いた暴言もありますので、その記憶をグッドバイしていただきたいと思います。
都合良いかもしれないけれど、ほんとの私は大泉さんのこと、大好きだから。超リスペクトしています。ほんとにあなたと番組をやりたいのよ。早朝でも深夜でもいいから10分だけでも。

大泉 洋
僕、あなたと朝の10分はめんどいですねぇ。あなたと「スッキリ!」に出た時、あなたのムチャぶりのせいで、僕のMCの評判がものすごい下がりました。あれで僕のMCの仕事は無くなりましたよ。

小池栄子
じゃあ、私がMCで毎回ゲストが洋ちゃんっていうのは?

大泉 洋
(笑)
でも、「スッキリ!」の時も、主演の僕を差し置いて、「どうですか加藤さん」って振っちゃダメなのよ。僕にアシスタント感が出ちゃうじゃない。僕がメインMCなんだから。

小池栄子
細かいなぁ!やっぱこの人と番組はできない!ケンカになるわ。

大泉 洋
そうだよね。どっちがメインMCなんだって、仕切り合いになるから。なので、このキャンペーンの1ヶ月くらいがちょうど良かったんですよ。毎朝出てたら「アンタのせいだからね」ってケンカになるのもツライですよ。
私はね、(キャンペーンの期間中に)これだけ共演した女優さんに“コイツ”って言ったことないですもん。

小池栄子
“コイツって何だ!オマエ!”って言い返した。後で母親に怒られました。そんな(口の利き方をする)風に育てた覚えはないって悲しんでた(笑)
すごい反省しました。

大泉 洋
(笑)

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

最後にメッセージ

小池栄子
この『グッドバイ』に出演して、親愛なる大泉さんと一緒に濃厚な時間を過ごし、一緒にお芝居ができたことは、ほんとうに嬉しく思っています。できることならまた違う形でこのメンバーで映画が作れたらいいなって思っています。

小池栄子

大泉 洋
こう見えて、私は実は映画ではコメディーはやってこなかったものですから、素晴らしい座組の中でやれたのはすごく嬉しかったし、楽しかった思い出でございます。
栄子ちゃんが言ったようにまた監督にコメディを撮っていただいて、小池栄子ちゃんと・・・でもね、すぐだと「またか」ってなりますから、数年後にね、この期間キャンペーンの夫婦漫才を繰り広げて、次こそはNGKに出たいなと思っております。その時にまた、劇場と舞台挨拶に是非来ていただければと思っています。
面白かったという方は、一人も多くの方に伝えていただいて、この映画たくさんの方に届けばいいなと思っております。どうぞよろしくお願いします。本日はどうもありがとうございました。

大泉 洋

舞台挨拶動画

記事に書ききれなかった夫婦漫才感満載な舞台挨拶のすべては動画でどうぞ!

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

あらすじ
戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸雑誌の編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。
そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る女だったのだ。男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。

出演:大泉洋 小池栄子/水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江/皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ 犬山イヌコ 水澤紳吾/戸田恵子・濱田岳/松重豊
監督:成島出(『八日目の蟬』『ソロモンの偽証』)
原作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より)
音楽:安川午朗 脚本:奥寺佐渡子 製作:木下グループ 配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:キノフィルムズ 松竹撮影所
2019 年/日本/日本語/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1ch/106 分/映倫区分:一般
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
公式サイト:good-bye-movie.jp
公式 Twitter:@Movie_good_bye
公式 Facebook:@Movie.good.bye

全国公開中

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA