• HOME
  • News
  • 映画
  • 濱田岳「高倉健さんと友だちだと嘘をつきました」映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』公開記念舞台挨拶
グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

濱田岳「高倉健さんと友だちだと嘘をつきました」映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』公開記念舞台挨拶

2月15日、丸の内ピカデリーにて、映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』の公開記念舞台挨拶が行われ、大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督が登壇。「思惑が外れて失敗したこと」「嘘をついて大失敗したこと」についてそれぞれのエピソードを明かした。(動画&フォト)

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

原作は、昭和の文豪・太宰治の未完の遺作を、鬼才、ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。観客を笑いと多幸感で包み込み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いている。
舞台挨拶では、タイトルにちなんで「嘘をついて失敗ことは?」というお題に、濱田岳は、かつてアメリカ入国審査時に、審査官に俳優だと信じてもらえず、高倉健と友だちだと嘘をついてやっと入国できたことを明かした。

舞台挨拶レポート

思惑が外れて失敗した!?

小池栄子(永井キヌ子 役)
今後、結果が出ると思うんですけど、これまで大泉さんと2人でプロモーションのためにたくさんの番組に出させていただいたんですが、友人から、番組は面白かったけど、映画の印象はぜんぜん残らなかったって言われたんですよ。
私たちはもちろん、映画館に足を運んでいただきたいという思いでプロモーション活動をしているわけですが、マイナス効果になってしまったのでは?という心配をしています。

小池栄子

小池栄子

大泉 洋(田島周二 役)
非常に可愛らしい悩みだと思いますね。それは私がここ5、6年ずっと悩んでいることです。
宣伝に出てくださいって言われるから出るんですけど、出過ぎちゃうから。皆さんもお腹がいっぱいになっちゃって。毎日毎日、大泉を見ているうちに「劇場に行かなくてもいいか」ってなる。
俺も、そういうことになりかねないですよって言ってんだけど、出てくださいってなるから。
でも、我々は面白くしたいって気持ちがあるから。バラエティ番組に役者然として出るんじゃなくて。
そうすると余計に視聴者はお腹いっぱいになっちゃう。だから番宣っていうのは難しいんですよ。
我々が出ることによって、映画があるっていう認知にはなるけど、映画を見たいって思ってもらうのはまた別なんですよ。

大泉洋

大泉 洋

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

嘘をついて大失敗したことは?

水川あさみ(大櫛加代 役)
私は極度の方向音痴なのに、自信はあるみたいなところがあるので、先陣きっていろんな人にこっちだよって誘導するんですけど、目的の場所には一生たどり着けないみたいなことはあります。

水川あさみ

水川あさみ

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

橋本 愛(水原ケイ子 役)
小さい頃、妹のお菓子を盗んでいたんです。妹が冷蔵庫を開けて「ない!」って言うので、10年くらいずっと父親が食べたって言ってました。
最近、大人になって初めて私が食べたことを告白したら、妹に「10年間、お父さんを恨んでたのに!」って言われました(笑)

橋本愛

橋本 愛

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

木村多江(田島静江 役)
私はこのお仕事を始めたばっかりの頃に水泳のコーチの役が来て、私、まったく泳げないのに「はい、もちろん泳げます」って嘘ついて役を取ったことです。

木村多江

木村多江

大泉 洋
私は、カーリングができるって、CMを取るためにTEAM NACS皆で嘘をついたことがあります。結果、役を取れたのは僕だけだったんですけどね。
で、僕、嘘をついたことを忘れてたから、撮影の時、監督から「大泉さん、カーリングがお得意なんですってね」って言われた時に「いいえ」って返事してしまって。
もう毎日嘘をついているから、嘘をついている感覚が自分にないんですね。

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

濱田 岳(清川伸彦 役)
アメリカの映画に出ることがあって、アメリカの空港での入国審査の時に、「お前がアクター(俳優)か?」って疑われて。
で、ほんとに自分が出演している作品名を言っても「知らない」って言われてなかなか信用してくれないんです。羽田便だったので、僕の後ろには日本人の乗客がいっぱい並んでいる中、僕が自己アピールしているのをずっと見られている状況の中。
入国審査官が日本映画のファンだったみたいで、「Ken Takakura(高倉健)なら知ってるけどな」って言ったので、「Ken Takura? Yes! Yes!」って反応したら、「You know? Your friend?(知ってるの?友だち?)」って言われて思わず「Yes!」って言っちゃった(笑)
高倉健さんとはご挨拶もしたことのないペーペーの俳優が高倉健さんと友だちって嘘ついてアメリカに入国しました。

濱田岳

濱田 岳

松重 豊(漆山連行 役)
私は、若い頃は身長が1m90cmを超えてまして、でも、それじゃ仕事的に難しいだろってことで、プロフィール上は1m88cmにしていたんです。
そのせいで、衣裳合わせの時は若干小さいサイズになってしまうんですよ。なので、ずっと自前のWのスーツで出演していました。若い頃のVシネマとかずっと同じWのスーツでやってます(笑)
だから、殺されて血のりが付いたらちゃんとクリーニングしてと。だから、嘘をつくもんじゃないなと。

松重豊

松重 豊

– 本作はたくましい女性がたくさん登場してますが、どういう演出をされましたか?

成島出監督
これだけ個性はの女優さんが揃っていただいたので、声にこだわりました。
緒川たまきさんには、ブルースの女王みたいに歌ってくれと。
水川あさみさんには、マリア・カラスみたいな色っぽさを。橋本愛ちゃんには、昭和の大女優の映像をずっと見てもらって同じ発生をしてくれと。
木村多江さんには、旦那からずっと放置されていた中、“お金じゃないんです”って言葉で“女”を蘇らせてくれと。
そしてなんと言っても一番悩んだのが、小池栄子さんの“カラス声”です。カラス声というのは原作に書いてあるんですが、どういう声だと。で、KERA CROSSの舞台を観に行ったらこの声でやってて、小池栄子さんにもやってもらいました。最初はついていけなかったんだけど、試しにカラス声をやめてもらったら、全然面白くなくて。これはこれでやるしかないんだと覚悟を決めました。映画をご覧になった方がどう思われるかはドキドキです。

成島出監督

成島出監督

グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜

舞台挨拶動画

記事に書ききれなかった爆笑舞台挨拶全編は、トークノーカット動画でどうぞ!

フォトギャラリー

Z6G_0690.jpg
Z6G_0722.jpg
Z6G_0726.jpg
Z6G_0740.jpg
Z6G_0752.jpg
Z6G_0245.jpg
Z6G_0347.jpg
Z6G_0351.jpg
Z6G_0368.jpg
Z6G_0372.jpg
Z6G_0381.jpg
Z6G_0421.jpg
Z6G_0462.jpg
Z6G_0467.jpg
Z6G_0471.jpg
Z6G_0601.jpg
Z6G_0769.jpg
Z6G_0775.jpg
Z6G_0778.jpg
Z6G_0801.jpg
Z6G_0815.jpg
Z6G_0145.jpg
Z6G_0160.jpg
Z6G_0174.jpg
Z6G_0240.jpg
Z6G_0482.jpg
Z6G_0586.jpg
Z6G_0656.jpg
Z6G_0142.jpg
Z6G_0184.jpg
Z6G_0215.jpg
Z6G_0232.jpg
Z6G_0410.jpg
Z6G_0456.jpg
Z6G_0617.jpg
Z6G_0253.jpg
Z6G_0269.jpg
Z6G_0440.jpg
Z6G_0484.jpg
Z6G_0629.jpg
Z6G_0282.jpg
Z6G_0497.jpg
Z6G_0298.jpg
Z6G_0524.jpg
Z6G_0562.jpg
Z6G_0568.jpg
Z6G_0572.jpg
Z6G_0575.jpg
Z6G_0338.jpg
Z6G_0596.jpg
Z6G_0608.jpg
Z6G_0353.jpg

[写真:Ichigen Kaneda/動画・記事:Jun Sakurakoji]

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

あらすじ
戦後の混乱から復興へ向かう昭和のニッポン。文芸雑誌の編集長の田島周二は、気がつけば何人もの愛人を抱える始末。このままではいけないと愛人たちと別れる決心をしたものの、優柔不断な田島は、彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困り果てた田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子に、女房を演じてくれと頼み込む。
そう、キヌ子は泥だらけの顔を洗うと誰もが振り返る女だったのだ。男は、女と別れるため、女は、金のためー。こうして、二人の“嘘(にせ)夫婦”の企みが始まった。

出演:大泉洋 小池栄子/水川あさみ 橋本愛 緒川たまき 木村多江/皆川猿時 田中要次 池谷のぶえ 犬山イヌコ 水澤紳吾/戸田恵子・濱田岳/松重豊
監督:成島出(『八日目の蟬』『ソロモンの偽証』)
原作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(太宰治「グッド・バイ」より)
音楽:安川午朗 脚本:奥寺佐渡子 製作:木下グループ 配給:キノフィルムズ
制作プロダクション:キノフィルムズ 松竹撮影所
2019 年/日本/日本語/カラー・モノクロ/シネマスコープ/5.1ch/106 分/映倫区分:一般
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
公式サイト:good-bye-movie.jp
公式 Twitter:@Movie_good_bye
公式 Facebook:@Movie.good.bye

全国公開中

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA