• 深田晃司
ハラスメント防止策についての要望書
映画

映画監督有志の会、日本映画製作者連盟に対する要望活動の報告公開「労働環境保全・ハラスメント防止に関する提言書」

3月18日に是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、西川美和、深田晃司、舩橋淳(五十音順)の連名で発表された「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します」。その後、4月13日に行われた日本映画製作者連盟に対する要望活動の活動報告がなされた。

ハラスメント防止策についての要望書
映画

是枝監督、深田監督ら映画監督有志の会が文化庁に映画制作現場でのハラスメント防止に向けての要望書を提出

映画監督の立場を利用して出演俳優に対する性的被害問題が表面化していることを受けて、3月18日に「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します」という声明文を、是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、西川美和、深田晃司、舩橋淳の連名で発表された。

本気のしるし
映画

メ~テレドラマからカンヌへ。深田晃司監督と森崎ウィンが本気で取り組んだ“共感度0.1%”の『本気のしるし〈劇場版〉』初日舞台挨拶

10月9日(金)、都内にて、映画『本気のしるし〈劇場版〉』の初日舞台挨拶が行われ、主演の森崎ウィン、土村芳(つちむらかほ)、深田晃司監督が登壇。作品について振り返ると共に、それぞれが思わず本気になってしまうことなどを明かした。

本気のしるし≪劇場版≫
映画

深田晃司監督最新作『本気のしるし≪劇場版≫』が第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション2020作品に選出

「ミニシアター・エイド基金」を濱口竜介監督とともに立ち上げた深田晃司監督最新作『本気のしるし≪劇場版≫』が第73回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション2020作品に選出された。これはローカルTV放送番組を元とした映画作品としては異例のこととなる。

ミニシアター・エイド基金
映画

小規模映画館を救う「ミニシアター・エイド基金」、総額3億3,102万5,487円の支援集まる

コロナ禍により閉館の危機にさらされている全国の小規模映画館「ミニシアター」を守るため立ち上げられたクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」に総額3億3,102万5,487円の支援が集まり、目標を大幅達成でプロジェクトを終了した。合わせて発起人らから終了のメッセージが届いた。