• HOME
  • News
  • 映画
  • 「福山雅治 福のラジオ」に、黒崎博監督&柳楽優弥が登場。『映画 太陽の子』をじっくりと紹介
福山雅治 福のラジオ

「福山雅治 福のラジオ」に、黒崎博監督&柳楽優弥が登場。『映画 太陽の子』をじっくりと紹介

福山雅治がレギュラーパーソナリティをつとめるTOKYO FM「福山雅治 福のラジオ」(毎週土曜14:00~14:55/TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット)では、8月7日(土)の放送回のゲストに、8月6日(金)公開の『映画 太陽の子』脚本・監督の黒崎博、主演の柳楽優弥を迎えます。映画の主題歌を担当する福山雅治と、映画についての想いや見どころ、撮影の裏話をじっくりと紹介する。

■福山雅治「長崎出身者として、いつか表現したいと思っていたことがあって。この作品(『映画 太陽の子』)を観た時に、それがやっと誕生した!と思った。感動した。」

8月7日(土)の「福山雅治 福のラジオ」は、太平洋戦争中の“日本の原爆研究”を背景に、時代に翻弄されながらも懸命に生きる若者たちの青春を描く『映画 太陽の子』(8月6日公開)の脚本・監督 黒崎博と、未来のために原子核爆弾の研究開発を進める科学者・石村修役で主演をつとめる柳楽優弥をゲストに迎える。
楽曲「彼方で」で、映画の主題歌を担当する福山雅治は作品について、「僕も、過去にこの番組で被爆二世であると発言して、その時の反響に感じた違和感と、出身の長崎ではごく当たり前で生きてきたということもあって、2014年にやっと『クスノキ』という歌にすることができました。その後も、どうやってこの経験をエンタテインメントに盛り込んでいくのだろうと、ずっと表現したいと思ってきたましが、この『映画 太陽の子』を観て、やっと誕生した、と思いました。感動しました。とてもいい作品ですね。」と感想を2人に伝えた。

福山雅治から、主演をオファーされた時の気持ちを尋ねられた柳楽優弥は「直感でやってみたいと思いました。」と回答しつつ、どんな想いで役と向き合ったか、どのように役作りをしたか、演じていく中でどう変わっていったかなどを紹介。
黒崎博監督からは、柳楽優弥がこの役を演じたことについて、幼馴染役を演じた有村架純、弟役を演じた三浦春馬、三者三様の個性について語られた。

番組ではさらに、福山雅治が印象に残ったというあるシーンの撮影エピソードについて、黒崎博監督・柳楽優弥それぞれの視点で紹介。また、着想から12年以上をかけて公開となったこの作品の着想のきっかけとなった黒崎監督とある日記との出会いについても紹介される。
『映画 太陽の子』が公開された今、3人が思う「平和とは?」

福山雅治 福のラジオ

福山雅治/黒崎博監督/柳楽優弥

【番組概要】
◇タイトル:「福山雅治 福のラジオ」
◇放送日時: 毎週土曜14:00~14:55
◇放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット
◇番組HP: https://www.tfm.co.jp/fukunoradio
◇提  供: キユーピー、ダンロップ、楽天カード、ワールドファミリー

関連記事

『映画 太陽の子』

僕らは、未来を作っていると思ってた――悩んで、泣いて、笑った3人の300日!

ストーリー
戦況が激化し、最終局面を迎えた1945年の夏。軍から密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、「今研究しているものが完成すれば、戦争は終わる。世界を変えられる」と、託された国の未来のために情熱的に原子核爆弾の研究開発を進めていた。
研究に没頭する日々が続く中、建物疎開で家を失い、修の家に住むことになった幼馴染の朝倉世津(有村架純)。
時を同じく、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰宅し、3人は久しぶりの再会を喜んだ。3人でのひとときの幸せな時が流れる中、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見た修と世津。
一方で物理学研究の楽しさに魅了されていた修も、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。
それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とはーー?

柳楽優弥 有村架純 三浦春馬
イッセー尾形 山本晋也 ピーター・ストーメア
三浦誠己 宇野祥平 尾上寛之
渡辺大知 葉山奨之 奥野瑛太 土居志央梨
國村隼 田中裕子

監督・脚本:黒崎博
音楽:ニコ・ミューリー

プロデューサー:コウ・モリ 土屋勝裕 浜野高宏
エグゼクティブプロデューサー:井上義久 山口晋 佐野昇平 森田篤 松井智 有馬一昭 東原邦明
共同プロデューサー:山岸秀樹 松平保久 淺見朋子
ラインプロデューサー:小泉朋 撮影:相馬和典 照明:鈴木岳 録音:弦巻裕 美術:小川冨美夫 衣装:宮本茉莉 ヘアメイク:永江三千子 スクリプター:天池芳美
助監督:柿田裕左 制作担当:篠宮隆浩 キャスティング:おおずさわこ 編集:大庭弘之 サウンドデザイン:マット・ヴォウレス カラリスト:アロン・ピーク
VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
制作:KOMODO PRODUCTIONS 宣伝:KICCORIT 配給:イオンエンターテイメント
製作:「太陽の子」フィルムパートナーズ
Presented by ELEVEN ARTS STUDIOS / NHK
(C)2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ
公式サイト:https://taiyounoko-movie.jp/

特報

8月6日(金)、未来へ

映画 太陽の子

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA