• HOME
  • News
  • 音楽
  • 松任谷由実 歌唱披露。日本全国のライブ関係者にエールを贈るオンライン番組「THE ハレ舞台」配信スタート
松任谷由実

松任谷由実 歌唱披露。日本全国のライブ関係者にエールを贈るオンライン番組「THE ハレ舞台」配信スタート

3月28日(日)0時より、ライブ関係者にエールを贈る・繋がるオンライン番組「THE ハレ舞台」 の配信がスタートした。番組内では松任谷由実が「守ってあげたい」「春よ、来い」を披露。松任谷正隆、小山薫堂も登場し、くまモンや中高生のダンスパフォーマンス、全国のライブ映像と関係者の奮闘も紹介された。

THE ハレ舞台

くまもんダンス部 ©2010 熊本県くまモン

公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会(以下、芸団協)は、コロナ禍により失われた文化芸術活動・参加の機会をどうにかして取り戻したいという、出演者、スタッフ、ファンなどライブに関わるすべての人の気持ちに応え、文化庁と連携して活動の再開を力強く後押しする全国規模の事業、「JAPAN LIVE YELL project」(ジャパン・ライブエール・プロジェクト)に取り組んでいる。

今年度、全国27地域と取り組んだプロジェクトの集大成として、各地で工夫を凝らして行われたイベントを紹介するとともに、すべてのライブ関係者にエールを贈るオンライン番組「THE ハレ舞台」を制作し、「JAPAN LIVE YELL project」公式サイトとYouTubeで3月28日(日)AM0時より配信開始となった。

「THE ハレ舞台」は、「JAPAN LIVE YELL project」と「みんなの応援村」がタイアップした企画で、「JAPAN LIVE YELL project」のエール・アンバサダーであり、「みんなの応援村」の応援団員も務める松任谷由実のほか、「みんなの応援村」実行委員の松任谷正隆、小山薫堂、中井美穂が出演し、中井美穂はMCを務める。
番組タイトルの「ハレ舞台」には、「みんなでまた最高の晴れ舞台を作ろう」という希望の想いが込められている。

番組では、各地で取り組まれたライブの映像とそこに関わる人々の想い、そして舞台を支えるスタッフにも光を当て、これまでにない切り口で紹介。松任谷由実をはじめ出演者それぞれが、ライブへの想いを語る。
また、会場のステージでは、今年度発表の機会を失っていたくまモンダンス部や埼玉県立杉戸高等学校ダンス部がパフォーマンスを披露。全国でライブの灯をともし続けようと奮闘しているすべての人々へのエールをこめて、松任谷由実が「守ってあげたい」「春よ、来い」を歌う。

THE ハレ舞台

松任谷由実

「JAPAN LIVE YELL project」のエール・アンバサダーを務める松任谷由実は、全国から寄せられたライブ映像と人々の想い、そして会場のステージに満たされたライブのエネルギーに共感し、「エールを贈ることは、自分にもエールを贈ること」「一緒に元気になりたい」と想いを語る。

THE ハレ舞台

「THE ハレ舞台」

出演:松任谷由実、松任谷正隆、小山薫堂、中井美穂
ステージ出演:埼玉県立杉戸高等学校ダンス部、くまモンダンス部
(Key.)武部聡志、(Dr.)小田原豊、(Ba.)浜崎賢太、(Gt.)遠山哲朗、(Cho.)今井マサキ、(Cho.)佐々木詩織
映像出演:北海道、岩手県、秋田県、東京都、広島県、長崎県、熊本県、宮崎県で開催された9公演の出演者、関係者

「JAPAN LIVE YELL project」公式サイト: https://jlyp.jp/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA