• HOME
  • News
  • 映画
  • 主演・大泉洋『騙し絵の牙』の延期後公開日決定&延期したからこそのスペシャル映像公開
騙し絵の牙

主演・大泉洋『騙し絵の牙』の延期後公開日決定&延期したからこそのスペシャル映像公開

コロナ禍で公開延期となっていた大泉洋主演『騙し絵の牙』の公開日2021年3月26日(金)に決定した。合わせて新たな決意を込めたスペシャル映像とコメントが到着した。

今回公開となったスペシャル映像は、新・公開日の決定を告知する為、大泉洋を主演に、吉田大八監督ほか本作のスタッフが再集結して撮影されたもので、題して「未来で待つ男」。
暗い映画館の座席に座っている大泉洋。スポットライトが当たると立ち上がり、カメラ目線で「大泉洋です。ちょっとだけ未来に来ています。今日は2021年3月26日。私の主演映画『騙し絵の牙』公開初日です。」(中略)「色々とあって公開が遅れましたが、ご安心ください。1年熟成でちょうど今が食べごろです。私はここ3月26日でみなさんをずっとお待ちしております」と、未来の大泉洋が観客に公開日に待っていると語りかける、という内容。
短いものの、緊迫感に満ちピリッとした雰囲気を漂わせた映像でありながら、一杯食わされたような気持ちもなる何とも洒落た仕上がりになっている一方、最後には大泉節が炸裂しているという、実に『騙し絵の牙』らしい映像だ。

それもそのはず、これは、新・公開日決定のお知らせの為に、大泉洋を主演に迎え、吉田大八が企画・演出し、撮影・照明・録音に本作のスタッフが再集結。本編と同じカメラを使用して11月下旬に撮影し、急ピッチで完成させた、本格的で贅沢な『騙し絵の牙』の新映像なのだ。

撮影は、全10カットをテストと本番を重ねながらの順撮り。立ち位置、目線、話すスピード、タイミングなどを確認しながら進められ、大泉はセットチェンジ中にもセリフの練習を重ね、監督はモニターと大泉の間を何度も行き来して相談&指示し、時にカメラマンからも目線の指示が飛ぶなど、緊張感漲る中、約2時間をかけて、丁寧に繊細に行われた。

撮影を終えた後の大泉は「久しぶりの監督の緻密な演出にピリッとした(映画本編)撮影中を思い出しました。久々に相当細かく言われました(笑)。」と吉田監督の緻密な演出に対してぼやきが止まらず、「俺も自分で良くやったなと思います。」と自分の頑張りを笑いを交えながら振り返った。一方の監督は、「なんとか僕たちの気合いを形にしたくて(中略)誰も気づかないでしょうが勝手にTENETも意識しつつ」1年ぶりに大泉洋を演出した撮影はスムーズに進んだとコメント。監督も主演俳優も納得の仕上がりになった。
コロナ禍で公開が延期になったからこそ、特別に作られた、本格的な仕上がりのスペシャル映像だ。

<スペシャル映像:未来で待つ男>

尚、新公開日決定に伴い、これまでの予告をバージョンアップさせた新予告も解禁。騙し合いが続く映像の最後、未来で待つ大泉が画面を突き破り、「公開決定!これだけは信じて!」と観客に訴える前代未聞の内容となっている。

新予告編(90秒)

コメント

大泉洋コメント

-撮影を終えての感想

泉洋
今年は夏に連ドラと舞台を終えてからしばらくお芝居をせずバラエティばかりに出ていたので、久しぶりの監督の緻密な演出に(映画本編)撮影中のピリッとした感じを思い出しました。監督からも「久々じゃないですか?こういう細かいこと言われるの」と言われて…。自分でもよくやったなと思います(笑)。

-公開を待つファンの方々にひと言

大泉洋
お待たせした分、より期待値が上がっているのではないでしょうか。みなさん、色々な思いでご覧になることかと思いますが、3月26日に公開になるというのは、そのほうがこの映画にとって良い運命だったのかもしれません。
是非、待ちに待った分存分に楽しんでいただければと思っております。

大泉洋

大泉洋

吉田大八監督コメント

吉田大八監督
新公開日決定にあたり、なんとか僕たちの気合いを形にしたくて大泉さんと相談した結果、こんなものができました。楽しんでいただければ幸いです。
誰も気づかないでしょうが勝手にTENETも意識しつつ、一年ぶりの再会とは思えないくらい撮影もスムーズに進みました。
厳しい冬を乗り切れば明るい春が来ると信じて、無事に皆さんと劇場でお会いできる日を心待ちにしています。


また、本日12月4日(金)からムビチケオンライン前売り券の発売を開始される。詳しくは公式ウェブサイト<movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/>まで。

映画『騙し絵の牙』

INTRODUCTION
累計発行部数50万部突破を誇るミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説「騙し絵の牙」(角川文庫刊)。その前代未聞の小説が、吉田大八監督(『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』)により実写化!

主人公の雑誌編集長・速水役には、もちろん本作の主人公としてあてがきされた、国民的人気俳優の大泉洋。他、大泉と映画初共演で吉田組には『桐島、部活やめるってよ』以来となる松岡茉優の他、佐藤浩市、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼など日本を代表する超豪華俳優陣が大集結。それぞれがクセモノ揃いのキャラクターを見事に演じ、崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトルが誕生した。

STORY
最後に笑うのは誰だ⁉ 全員クセモノ!仁義なき騙し合いバトル、遂に開幕!
大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた!嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

監督:吉田大八
脚本:楠野一郎 吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫/KADOKAWA刊)
出演:大泉洋 松岡茉優
宮沢氷魚  池田エライザ/斎藤工 中村倫也 佐野史郎 リリー・フランキー 塚本晋也 / 國村隼 木村佳乃 小林聡美 佐藤浩市
配給:松竹
(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会
公式サイト:movies.shochiku.co.jp/damashienokiba/
公式Twitter:@damashienokiba

2021年3月26日(金) 全国公開

騙し絵の牙

騙し絵の牙

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA