• HOME
  • News
  • 映画
  • 水橋研二・瀧内公美が演じるある家族の形。映画『カゾクデッサン』劇場公開決定&ポスタービジュアル解禁
カゾクデッサン

水橋研二・瀧内公美が演じるある家族の形。映画『カゾクデッサン』劇場公開決定&ポスタービジュアル解禁

家族の多様な絆を照射する、水橋研二、瀧内公美出演による映画『カゾクデッサン』が、2020年3月21日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開することが決定した。合わせてポスタービジュアル、キャスト・監督のコメントも到着。(劇中カットあり)

水橋研二×瀧内公美×大友一生 日本映画の際立つ才能が交ざり合う
これから大人になる人と大人になりきれない人に贈る、ビタースイート・ストーリー

主演は、映画『殺人鬼を飼う女』ほか TV、CM、声優(『秒速5センチメートル』)など幅広く活躍する実力派・水橋研二。その恋人役に『彼女の人生は間違いじゃない』『火口のふたり』など話題作への出演が続く瀧内公美。少年役は『ミスミソウ』ほか注目必至の新たな才能・大友一生。大西信満、中村映里子らが確かな演技で脇を固める。

監督・脚本は初長編となる新鋭・今井文寛。日本映画の際立つ才能が交ざり合い、人生をさまよう全ての人に贈るビタースイート・ストーリーが描かれる。
東京という街でさまよい続ける者たちと、東京の郊外で自分の居場所を定めた者たち。または夜に生きる者たちと、陽の中に生きる者たち。交わらないはずの者たちがある女性の事故から再び顔を合わせる。それぞれの想いが交錯する。初夏の大気の中、東京の下町と郊外で紡がれる物語を潤いある光と影の映像美で描く。

カゾクデッサン

キャスト・監督コメント

水橋研二
水元剛太役を演じました水橋研二です。
私の役は、過去を後悔ばかりして酒に逃げ現実から目を背けている、そんな男が物語の中で起きる出来事に巻き込まれていくにつれ、自分の事を大切に思っている人、必要と思ってくれてる人に気づき、やっと一歩前に進む事できた、そんな男でした。
現場では、今井監督はじめ、この作品に関わったスタッフやキャストのみなさんと一緒に役の感情や芝居など話し合いながら作り、作品も全員の力が集結して出来た素敵な作品だと思っています。
携わった全ての皆さんに感謝しています。

カゾクデッサン

劇中カット

瀧内公美
この作品のテーマである「カゾク」とは何だろうか、と撮影中ずっと考えていました。
私が演じた美里は、懐が深く、物分かりの良い女性です。
一方で私にそんなところがあるのだろうか、いや無い!とキャラクターを作っていく上であれこれ悩みました。
ですが、剛太演じる水橋研二さんとお芝居していく中で、自然と美里の気持ちが理解していけたように思えます。
あっという間の準備・撮影でしたが、沢山話し合いをしながら作っていった作品です。
今井監督が時折見せるユーモア感溢れるシーンが個人的には好きです。
どうぞお楽しみに!

カゾクデッサン

劇中カット

大友一生
こんなにも葛藤し家族と向き合う役は初めてだったので、自分の家族に対する愛を確かめながら、一歩ずつ、光貴を歩んでいきました。
自分が信じていたモノが崩壊する時、家族を想い決断する時、皆さんにも共通することが必ずあると思うし、家族の大切さが改めて実感できる作品になっていると思います。
ぜひご覧頂き、そのあたりも感じてくれたら嬉しいです。

カゾクデッサン

劇中カット

今井文寛監督
現在の日本、ネットやSNSは大きく普及しましたが、やはり人間が本当に欲しているのは身体と心を伴ったコミュニケーションではないでしょうか。
そして、家族というもの。それは身近であると共に、不思議なものではないでしょうか。人はどこまでを家族と感じるのか?どこまでを家族と捉えることができるのか? それは人間の持つ可能性を意味するでしょう。
この映画を撮ると決めて動き出した時は私一人でした。しかしこの映画を完成させた時には多くの映画を愛する仲間たちが集まってくれていました。この映画はそんな仲間たちと話し合い、みんなで作り上げた作品です。この映画が作れたことを誇りに思います。是非ご覧ください。

映画『カゾクデッサン』

家族って、どこまでが家族ですか?
意識をなくした女の 真っ当な夫と、真っ当じゃない元夫、
そしてその息子……ワケあってガチでぶつかり合い

[STORY]
元ヤクザの剛太。今は恋人のバーで働いている。そんなある日、剛太のところに元妻の息子、光貴が現れる。「母が交通事故にあって意識が戻らないんです。よかったら声をかけてみてもらえませんか」
10数年ぶりの再会。剛太は声をかけてみるが意識は戻らない。過去への思いにとらわれる剛太。まだ心の傷は癒やされていなかった。剛太のことをこころよく思っていない光貴の父は、二度と会うなと息子に言い聞かせる。しかし光貴は剛太に魅力を感じ始めていた。
翌日、光貴と父は些細なことから親子ゲンカ、そのことが引き金となり光貴は自分の出生の秘密を知ってしまう。動揺する光貴はふとしたきっかけから友人を殴り、暴力の魅力に取り憑かれてしまう――。

出演:水橋研二 瀧内公美 大友一生 中村映里子 大西信満
SHIN 萩原護 岩﨑 愛 ナガセケイ 山田 諭 髙野春樹 河屋秀俊 坪内 守 逢坂由委子
監督・脚本・プロデューサー:今井文寛
プロデューサー:嶋田郁良 比嘉世津子 今井文寛|協力プロデューサー:狩野善則|撮影・編集:中澤正行|照明:福長弘章
録音・整音:臼井 勝|美術:佐々木記貴|音楽:蓑田峻平|助監督:小林尚希|キャスティング:富澤沙知|制作担当:鈴木和晶
スタイリスト:高橋さやか|メイク:村中サチエ 細川昌子 竹川紗矢香|技斗:江澤大樹|企画協力:ブレス|製作:株式会社マーキュリー
配給:今井文寛 2019年/日本/98分/カラー/シネマスコープサイズ/DCP ©「カゾクデッサン」製作委員会

2020年3月21日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開

劇中カット

main-s.jpg
sub1-s.jpg
sub2-s.jpg
sub3-s.jpg
sub4-s.jpg
sub5-s.jpg
sub6-s.jpg
sub7-s.jpg
sub8-s.jpg
sub9-s.jpg
sub10-s.jpg
sub11-s.jpg

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA