• 岸井ゆきの
ケイコ 目を澄ませて
映画

岸井ゆきの「なぜ本気で殴ってこないのか」映画『ケイコ 目を澄ませて』第27回釜山国際映画祭レポート

岸井ゆきの主演映画『ケイコ 目を澄ませて』(12/16公開)が、第27回釜山国際映画祭 特別企画プログラム「Discovering New Japanese Cinema」に正式出品され、10月9日の釜山シネマセンターでの公式上映後のトークショーに、岸井ゆきのと三宅唱監督が登壇した。

パンドラの果実
エンタメ総合・ライフ

衝撃のラストに“パンドラロス”の声続々の「パンドラの果実」より未公開オフショット&スペシャル映像初公開

7月30日に最終話が配信された「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」Season2より、ディーン・フジオカ、岸井ゆきの、ユースケ・サンタマリアら豪華キャストの和やか笑顔捉えた未公開オフショット&スペシャル映像が初公開となった。

広瀬1号トンネル、ドリルジャンボ
映画

掘削オタク・町田啓太が熱く語る。ダム・重機マニア心をくすぐる本編映像公開。『前田建設ファンタジー営業部』

1月31日に公開初日を迎える映画『前田建設ファンタジー営業部』。「マジンガーZの格納庫を作る」ことを始めた実存する、前田建設工業株式会社“ファンタジー営業部”の実話。この度、解禁となった本編映像の一部は、トンネルやダム内部の構造にカメラ潜入したもので、重機好き・ダム好きのマニア心をくすぐるものとなっている。

いちごの唄
映画

岡田惠和×銀杏BOYZ・峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語『いちごの唄』完成披露試写イベント

数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家 岡田惠和と、銀杏BOYZ 峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語、映画『いちごの唄』。7月5日(金)の公開に先駆けての完成披露試写イベントが、6月4日、新宿ピカデリーで行われた。 舞台挨拶には、主演の古舘佑太郎、石橋静河をはじめ、和久井映見、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子という豪華キャスト、菅原伸太郎監督が集結した。(フォトギャラリー)

愛がなんだ
映画

『愛がなんだ』大ヒットで、テアトル新宿では『この世界の片隅に』以来の高稼働達成

4月19日に公開された映画『愛がなんだ』が好調だ。初週の興行成績は、\51,650,000/動員 37,257人<4/19-4/25 集計>と この規模としては異例の好発進となり、メイン上映館となるテアトル新宿(キャパ218席)では、2016 年11月に公開された『この世界の片隅に』以来の高稼働となっている。

映画『愛がなんだ』
映画

「まんぷく」姉妹の、岸井ゆきの&深川麻衣登壇 映画『愛がなんだ』完成披露舞台挨拶

2019年3月12日、テアトル新宿にて、映画『愛がなんだ』の完成披露上映会&舞台挨拶が行われ、岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登壇した。本作は、角田光代原作小説の映画化で、完全なる一方通行の“片思い”を描いた恋愛小説。NHK連続テレビ小説「まんぷく」では姉妹役だった岸井ゆきのと深川麻衣は、本作では親友という関係で共演している。(動画&フォトギャラリー)

愛がなんだ
映画

「全部が好き。でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない」映画『愛がなんだ』予告映像解禁

4月19日全国公開の映画『愛がなんだ』の予告映像&主題歌が解禁となった。 直木賞作家、角田光代の同名小説が原作で、みずみずしくも濃密な片思いが描かれる。 映画を監督するのは今泉力哉監督。そして、主演に岸井ゆきのを迎え、共演に成田凌、深川麻衣、若葉竜也、江口のりこなど、多彩な俳優陣が名を連ねる。

愛がなんだ
映画

「迷いながら作る方が面白い作品に(今泉監督)」 注目女優・岸井ゆきの主演『愛がなんだ』記者会見&舞台挨拶

NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演中の、今注目の女優・岸井ゆきの。東京国際映画祭にも4年連続参加する彼女の最新主演映画『愛がなんだ』の記者会見、舞台挨拶が、10月28日に続けて行われた。 本作は、直木賞作家・角田光代氏の恋愛小説を原作として映画化され、第31回東京国際映画祭のコンペティション部門作品となっている。 また、オリジナル中心の今泉監督が原作もののメガホンを取ったことも見どころのひとつだ。 『愛がなんだ』の一般劇場公開は2019年春予定。(レッドカーペット動画あり)