• 2019年 11月
  • HOME
  • 2019年 11月
MIDWAY
映画

豊川悦司がハリウッド映画デビューを飾った『MIDWAY』(原題)日本公開決定&ハワイプレミアレポート

11月8日(金)より3,242館で全米公開し、週末興収1,750万ドルで初登場1位の大ヒットを記録している、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描かれた映画『MIDWAY』(原題)の日本公開が正式に決定した。また、全米公開に先立ち、10月20日にハワイのパールハーバー(真珠湾)にあるヒッカム海軍基地内にて、プレミアイベント(レッドカーペットと上映会)が行われ、日本から豊川悦司氏が参加した。

いくつもの片隅に
コラム

【コラム】より悲しく。そしてより光り輝いて。『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

現在、都内で『この世界の(さらにいくつもの)片隅に[特別先行版]』のマスコミ試写が行われています。先日終了した第32回東京国際映画祭のP&I(プレス&インダストリー)上映(11月3日)で本作を鑑賞した、当メディア記者Kが「悲しくてやりきれない」という曲がより胸に染み渡ったと深い感動を訴えていたので、私(記者J)もドキドキしながら本日、試写室に入りました。

踊ってミタ
映画

岡山天音、主演映画『踊ってミタ』でダンスに挑戦。「また芝居以外で負荷かけられた」

11月9日(土)、群馬県中之条町の伊参スタジオ公園で行われた伊参スタジオ映画祭で、映画『踊ってミタ』プレミア上映が行われ、上映後のトークショーに出演者の岡山天音、加藤小夏、監督の飯塚俊光が登壇した。『独裁者、古賀』でシナリオ大賞を受賞(2012年)や『ポエトリー・エンジェル』の上映(2017年)、そして、本作も中之条の町役場で撮影を行うなど、飯塚監督作品には何かと縁がある伊参スタジオ映画祭での初上映となった。

歩けない僕らは
インタビュー

【インタビュー】女優・宇野愛海×堀春菜。「頑張れ」という言葉への思い。

11月23日公開、佐藤快磨監督映画『歩けない僕らは』。回復期リハビリ病院で奮闘する主人公の新人理学療法士を演じる宇野愛海(21)、そして同作に出演、佐藤監督初長編作品『ガンバレとかうるせぇ』で主演をつとめた堀春菜(22)。二人の女優に作品への取り組み、そして両作品の共通テーマとなっている「頑張れ」という言葉に対する思いについて語ってもらった。

フォークロア:TATAMI
映画

北村一輝が主演男優賞を受賞した齊藤工監督「フォークロア:TATAMI」Q&Aレポート

アジア・太平洋地域16か国の中から優れたコンテンツを選出するAsian Academy Creative Awards(以下AAA’s)の日本代表作品「フォークロア:TATAMI」(監督・齊藤工)から、10月15日、主演男優賞として北村一輝、主演女優賞として神野三鈴、そして撮影賞として早坂伸が受賞。そして東京国際映画祭会期中の10月30日、TOHOシネマズ六本木にて、本作のQ&Aが行われ、齊藤工、北村一輝、ジョコ・アンワルが登壇した。

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁
映画

役所広司、27時間ぶっ続けのワイヤー・アクションで全身アザだらけに。『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』ワールドプレミア

役所広司が主演し、『M:I-2』『レッドクリフ』などを手掛けた名プロデューサー、テレンス・チャンが製作を務めた日中合作映画、『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』が11月15日(金)に公開となる。それに先立つ11月3日、TOHOシネマズ六本木にて、ワールドプレミア舞台挨拶が行われた。

その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-
映画

AKIRA、今市隆二推し!CINEMA FIGHTERS project第三弾公開記念舞台挨拶

11月9日、TOHOシネマズ日本橋にて、映画『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』公開記念舞台挨拶の公開記念舞台挨拶が行われ、EXILE AKIRA、佐野玲於、佐藤大樹、行定勲監督、洞内広樹監督、井上博貴監督が登壇。また、同時にTOHOシネマズなんばに、小林直己、今市隆二が登壇。東京と大阪をつなぐ2元中継の形で舞台挨拶が行われた。(動画&フォト)

IFS PLAYBACK
映画

インディーズシーンを振り返る 再上映企画≪IFS PLAYBACK≫、12月に池袋シネマ・ロサにて開催。

12月7日(土)~12月20日(金)池袋シネマ・ロサにて、≪IFS PLAYBACK(インディーズフィルム・ショウ プレイバック)≫が開催される。本企画は、連日盛り上がりをみせるインディーズシーンを振り返る再上映イベント。 池袋シネマ・ロサにて2018年3月にスタートした「インディーズフィルム・ショウ」とは、世のインディーズ映画を後押しすべく始動したプロジェクト。若手監督の作品を中心に様々な作品、特集上映を展開。 今回、過去2018年3月31日~2019年8月31日までの期間を対象に、池袋シネマ・ロサにて上映されたインディーズフィルム・ショウ作品の中から選ばれた15プログラムを2週間日替わりで再上映する。

ミドリムシの夢
インタビュー

【インタビュー】映画界史上初?駐車監視員が主人公の物語。「おじさんたちも希望を持ってくれたら」

11月16日(土)から、池袋シネマロサにて、映画『ミドリムシの夢』が公開。本作は、駐車監視員役の二人組のおじさんと彼らを取り巻く人たちの夢や変わりたい気持ちを描いたコメディ映画。監督の役者仲間からの熱望がきっかけで映画が作られたという。今回、主演の二人、ほりかわひろき、富士たくやに、作品作りから公開に至るまでの経緯・エピソードについてお話を伺った。