• HOME
  • News
  • 映画
  • 小松菜奈×松田龍平W主演映画『わたくしどもは』公開日決定。本予告&ポスタービジュアルも解禁

小松菜奈×松田龍平W主演映画『わたくしどもは』公開日決定。本予告&ポスタービジュアルも解禁

小松菜奈×松田龍平W主演映画『わたくしどもは』の公開日が5月31日(金)に決定。合わせて本予告とポスタービジュアルが解禁となった。

本作は、ベネチア国際映画祭が新鋭監督を支援するプロジェクト「Biennale College Cinema 2018-2019 インターナショナル部門」で日本から唯一選出され、第36回東京国際映画祭コンペティション部門にも正式出品された経緯がある。
佐渡島に眠る“無宿人”の墓からインスピレーションを得て、オリジナル脚本で監督を務めたのは長編監督第二作目となる富名哲也。ようやく日本で富名の幻想奇譚の作風が世に出ることとなる。

ダブル主演の小松菜奈・松田龍平は、佐渡島の金山跡地を舞台に、不思議な神秘の世界へと導く。さらに大竹しのぶ、石橋静河、田中泯、内田也哉子、歌舞伎界ホープの片岡千之助、ダンサー・演出家の森山開次、そして能楽師の辰⺒満次郎といった珠玉の表現者たちが集結。劇中音楽は、日本を代表するバンド RADWIMPSのフロントマンとして活躍する野田洋次郎が手掛け、“彷徨える魂”の物語を紡いでいる。

■佐渡島を舞台に現世と来世の狭間で再び出会う男女の行方を描いた本予告解禁

「生まれ変わったら、今度こそ、一緒になろうね」。男と女が寺の舞台に並び印象的な台詞から始まる。名前も、過去も覚えていない女(小松菜奈)の目が覚めると清掃員のキイ(大竹しのぶ)に声をかけられ、家へ運ばれる。そこにはアカ、クロと名乗る少女が暮らしており、名前の無い女に少女たちは「ミドリ」と名付ける。
ある日、構内で暮らす男(松田龍平)と出会うと、彼もまた、名前も、過去の記憶がないという。しかし、男は「あなたの声に聞き覚えがあるんです」と打ち明け、ふたりは言葉を重ねるながら、なにかに導かれるように、時を過ごすようになる。そしてミドリは、彼を「アオ」と名付ける。
さまざまな分野の表現者たちが、野田洋次郎による劇中音楽と共に、観客を神秘の世界へと導く。

本予告

YouTube player

■ポスタービジュアル解禁

ミドリとアオがトンネルに横たわりどこか遠くを見つめている。現世と来世の狭間で生きるふたりの象徴的な表情を映し出している。彷徨える魂は「何処から来て、何処へ行くのか」。二人の行方が気になる印象的な1枚になっている。

わたくしどもは

映画『わたくしどもは』

《STORY》
「生まれ変わったら、今度こそ、一緒になろうね」。名前も、過去も覚えていない女(小松)の目が覚める。舞台は佐渡島。鉱山で清掃の仕事をするキイ(大竹)は施設内で倒れている彼女を発見し、家へ連れて帰る。女は、キイと暮らす少女たちにミドリと名付けられる。キイは館長(田中)の許可を貰い、ミドリも清掃の職を得る。ミドリは猫の気配に導かれ、構内で暮らす男、アオ(松田)と出会う。彼もまた、過去の記憶がないという。言葉を重ねながら、ふたりは何かに導かれるように、寺の山門で待ち合わせては時を過ごすようになる。そんなある日、アオとの親密さを漂わせるムラサキ(石橋)と遭遇し、ミドリは心乱される。

小松菜奈 松田龍平
片岡千之助 石橋静河 内田也哉子 森山開次 辰巳満次郎 / 田中泯 大竹しのぶ
音楽:野田洋次郎
監督・脚本・編集:富名哲也
企画・プロデュース・キャスティング:畠中美奈
製作・配給:テツヤトミナフィルム
©2023 テツヤトミナフィルム
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
公式サイト:watakushidomowa.com
公式X:@watakushidomowa

2024年5月31日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開

わたくしどもは。

ティザーポスター

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA