• HOME
  • News
  • 映画
  • 池松壮亮×オダギリジョー 映画『アジアの天使』予告編解禁
アジアの天使

池松壮亮×オダギリジョー 映画『アジアの天使』予告編解禁

映画『アジアの天使』(日本公開7/2)より、予告編映像が解禁となった。
予告編には、心機一転、一人息子を連れて決死の覚悟で韓国にやってきた剛(池松壮亮)を「シャレだろ」と一笑に付しながら二人を迎える兄(オダギリジョー)のやりとりから始まる。
韓国語も話せず新天地での生活を不安に思っている剛に兄は「この国で必要な言葉は「メクチュ・チュセヨ」と「サランヘヨ」と説く。
そして、あるとき剛は、一人で泣き伏せている韓国の歌手ソル(チェ・ヒソ)と出会い、日本語で励ますが、その善意は伝わらない・・・。
映像には、本作で本格的な共演を果たす、池松とオダギリのコミカルなやりとりが収められている他、「異国の地で、不思議な旅が始まる。」という言葉と共に、偶然の出会いをきっかけに、心に傷を負った日本と韓国の2つの家族が旅に出て、道中起こる様々な出来事を共に体験し、時には悪化した日韓関係についての話をしながらもビールを飲みかわし、同じ食卓を囲む一つの家族のような姿が捉えられている。
そして、「この広い世界、どんな天使がいてもいい。」という言葉と共に、剛とソルが「見た」という摩訶不思議な“天使”の姿がしっかりと映し出されている。

予告編

【劇中に登場する、ヘンテコな天使】
剛とソルはお互いに“天使”に会ったことがあるという。その天使は東洋のおじさんのような姿で、人の肩を噛むという、一風変わった天使だった。
石井監督は、オダギリジョー主演のTVドラマ「おかしの家」(2015年10月/TBS系)でも使用していたこの人を噛む天使というキャラクターを本作の二つの家族をつなぐ要素として登場させている。
天使は一般的に西洋の美しい少年のようなイメージを持つ人が多いが、この“ヘンテコな天使”は「天使というのはこうあるべきだ」という、誰かが勝手に決めた価値観や固定観念に囚われなくてもいいという作品全体のメタファーになっている。

傷だらけの人生。でも、自由だ。

映画『アジアの天使』

ストーリー
8歳のひとり息子の学を持つ青木剛(池松壮亮)は、病気で妻を亡くし、疎遠になっていた兄(オダギリジョー)が住むソウルへ渡った。日本から逃げるように。
「韓国で仕事がある」と兄から告げられていた剛だったが、兄の生活はその日暮らしで貧しく、想像していたものとは違った。ほとんど韓国語も話せない中、怪しい化粧品の輸入販売を手伝う羽目に。
一方、ソウルでタレント活動を行っているが、市場のステージで誰も聞いていない歌を歌う仕事しかないチェ・ソル(チェ・ヒソ)は、所属事務所の社長と関係を持ちながら、自分の歌を歌えない環境やうまくいかない兄や妹との関係に心を悩ませていた。
しかし、その時彼らはまだ知らない。
事業に失敗した青木と兄、学たちと、資本主義社会に弾かれたソルと兄、妹たち ── どん底に落ちた日本と韓国の2つの家族が共に運命を歩んでいき、奇跡を目の当たりにすることを・・・。

出演:池松壮亮、チェ・ヒソ、オダギリジョー
脚本・監督:石井裕也
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕
プロデューサー:永井拓郎、パク・ジョンボム、オ・ジユン
撮影監督:キム・ジョンソン 音楽:パク・イニョン
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、SECONDWIND FILM
製作:『アジアの天使』フィルムパートナーズ
配給・宣伝:クロックワークス
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会、KOFIC、ソウルフィルムコミッション、カンウォンドフィルムコミッション

2021年7月2日(金)テアトル新宿ほか全国公開

アジアの天使

『アジアの天使』メインビジュアルA

メインビジュアルA:池松壮亮演じる主人公・青木剛の背中には天使の羽が・・・。

『アジアの天使』メインビジュアルB

メインビジュアルB:傷ついた日本と韓国の2つの家族が、1台のおんぼろトラックで旅をする。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA