• HOME
  • News
  • 映画
  • ラウール「心がぷるぷる潤いました。青春っていいなと思いました」【ハニレモ♡しゅわきゅんサマー開幕式】
ハニーレモンソーダ

ラウール「心がぷるぷる潤いました。青春っていいなと思いました」【ハニレモ♡しゅわきゅんサマー開幕式】

5月18日、ユナイテッド・シネマ豊洲にて、映画『ハニーレモンソーダ』の「ハニレモ♡しゅわきゅんサマー開幕式」が無観客で行われ、ラウール(Snow Man)、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美、神徳幸治監督が登壇した。

イベントレポート

タイトル『ハニーレモンソーダ』にちなみ、しゅわしゅわの泡をイメージした風船パネル装飾の前に登壇者たちが集まると、イベントがスタート。

ハニーレモンソーダ

本作の主人公で、いつも塩対応でソーダみたいに刺激的。だけど本当は誰よりも優しくて、レモン色の金髪がトレードマークのレモンソーダ男子・三浦界を演じたラウールは、「(単独で)主演の映画は初めてなので、観てくださる方の反応が楽しみです」と挨拶。
また、いつもよりかしこまった様子で「今日は初めてのことがたくさんで、めちゃくちゃ緊張しています。ガチガチです」と胸の内を明かすと、他のメンバーから笑いが漏れた。

続けて、本作が映画単独初主演となったことを尋ねられると、「たくさんプレッシャーもありましたが、完成した作品を観るときは緊張して、恥ずかしくて仕方がなかったです。客観的に観ても心がぷるぷると潤いました。青春とはこのことなのか、と知ることができました。自分自身はあまり青春がないタイプなので、青春っていいなと素直に思えました」と評価。

また、完成した作品を観たときはラウール、吉川、岡本の3人が居合わせたようで、「本編を観たときはちょうどマスクをしていたので、(照れ隠しのため)半分くらい目を隠しながら観ていました」(ラウール)、「前の座席に座っているラウールさんが、キュンキュンシーンになると下に消えていくんです」(吉川)、「あんな大きい人が居なくなれるんだというくらい沈んでいました」(岡本)と当時の恥ずかしがって席に座っていられなくなったというラウールを振り返る場面も。

中学時代のあだ名は「石」。そんな内気な自分から変わりたいと願うダイヤモンドガールなヒロイン・石森羽花役の吉川愛は、ラウールとの共演の感想について「最初お会いしたときは全然目が合わなくて、仲良くなるシーンはどうしようと思ったんです。ですが、“三浦界”のスイッチが入るとコロッと変わって、私の目を見てくださるようになって。その一瞬で変わる瞬間を見て、さすがプロだなと思いました」と、俳優としてのラウールを評価。
すると坂東が、ラウールの人見知りエピソードとして、初対面の本読みの時に小声で挨拶をしたラウールのモノマネを披露すると、キャスト陣からは笑い声が。また、早く打ち解けるために監督が持ってきたトランプで、みんなでババ抜きをしたエピソードも明かされ、「ラウちゃん(ラウール)弱かった」(坂東)、「顔に全部出ていた」(濱田)と意外な弱点を暴露されていた。

続けて、羽花のライバルかもしれない、学校で話題の美少女で実は界の元カノ・菅野芹奈を演じた堀田真由は「この映画に登場する人物たちは皆さん魅力的で、私自身も羽ばたくパワーをもらいました。芹奈は笑顔が素敵で、みんなの憧れの存在ですが、過去に抱えている弱さもあるキャラクターです。演じるときは10代の揺れ動く心情を表現するのが難しかったです。また、公開前なので詳しくは言えないのですが、何度もテイクを重ねられないシーンがいくつかあり、そこが精神的に鍛えられました。どのシーンなのか、公開されたらぜひ観て欲しいです」と役作りでこだわったポイントを語る。

次に、界をはじめ、みんなのよき理解者であり、どこかミステリアスな一面を持つ、界と羽花のクラスメイト・高嶺友哉役の濱田龍臣は、印象的なシーンについて尋ねられた際、「印象的なのは…」と言葉が詰まってしまうも、「がんばれ!」(岡本)「起きてる?」(坂東)がすかさずフォロー。
改めて、「羽花から相談を受けて、友哉なりに受け止めながらも、自分の思いを独り言のように話すシーンです。監督と何度も話し合いながら、探りながら撮影しました」と述べると、「だんだん(友哉が)刑事に見えてきたんです。衣装で着ていたロングコートとマフラーが相まって」とそのシーンを見ていた、プライベートでも坂東からのツッコミが入る。

また、みんなのムードメーカーで少年のようなキャラクター、恋に関してはちょっぴり鈍感な瀬戸悟役の坂東龍汰と、明るく人懐っこい性格で羽花の親友になる、実は悟に片思い中の遠藤あゆみ役の岡本夏美は、役柄だけではなく現場でもムードメーカーだったようで「現場の雰囲気はすごく良かったです。終始みんな笑い合っていました」(坂東)、海のシーンは、ほとんどアドリブで自由に動いていました。ただはしゃぐ6人の姿が見られると思います」(堀田)と掛け合いながら当時を振り返る。
さらに、岡本は「時々出るラウールさんの17歳らしさがかわいい」と話すと、「気付いたら僕の膝の上に座って、指を触っているんです。かわいいなと思いました」と坂東が17歳らしく甘えるラウールのエピソードを披露。ラウールは、「心の距離が縮まったと思うと、やってしまいました」とかわいらしいコメント。

ハニーレモンソーダ

本作でメガホンを取った神徳監督は、「作品の世界観の中で、(役者たちが)それぞれが自分の役を考えてしっかり生きていたので、そこを見逃さないようにしていました」と撮影時を語る。
思い出に残ったシーンを尋ねられると、「ラウールがトゥンカロン(中のクリームが通常よりも多いマカロン)を食べるシーンです。普通横向きで食べると思うんですが、縦で食べていて」と話すと、「一口で食べたいなという希望があったんですが、横は入らなくて。奥行きには自信があったので縦で食べていたら、変だねと言われました」とラウール。
印象に残ったシーンについて、ラウールは「学校に羽花ちゃんと手を繋いで入っていくところです。女の子、男の子たちから『キャー』と言われて、撮影していて恥ずかしくなってしまいました。(普段のアイドルとは違い)学校という施設の中で制服ということもあり、非日常体験ができました」、吉川は「自転車に乗るシーンです。あり得ないくらいの坂を、足を付けずにずっとあがっていかなくてはいけなくて。ものすごく暑くて、倒れてしまうんではないかと思いましたが、カメラも気にせず一生懸命漕ぎました」とコメント。

ここで、普段はレモンソーダみたいに刺激的で塩対応なんだけど、好きな人の前ではハニ ーが増えて甘くなってしまう、というギャップを表現した「ハニーレモンソーダ」男子・界にちなみ、キャスト6人の中で誰が一番「ハニーレモンソーダ」な性格か、せーので答えることに。
結果は、ラウール→吉川、吉川→岡本、堀田→吉川、濱田→ラウール、坂東→ラウール、岡本→ラウール、を指名。ラウールの名前を挙げた理由として、「人見知りが強かった分、今こうして笑顔なラウちゃんの変わりようを見ると、そうなんじゃないかと思いました」(濱田)、「去年、TGC(東京ガールズコレクション)で一人でダンスを踊るラウちゃんを見たんですが、本当にかっこよくて。みんなに動画で布教していた中での、初めましてで会ったときの人見知りなところのギャップですね」(坂東)と回答。
吉川を選んだラウールは「初めて会ったときはクールな印象だったんですが、休憩中のお話しだったり、笑い方が『えへへへへ』と、キュートなところもあるんだと覚えています」と理由を述べた。

最後は「この映画はキュンキュンシーンだけではなくて、友情だったり、人間のリアルが描かれている作品です。自分も青春を味わえる素敵な作品になっていますので、一人でも多くの方に観ていただきたいと思います」(吉川)、「このような状況で、当たり前のことが当たり前じゃないなと思います。スクリーンに映し出される映像も、感心できるものになっていると思いますので、ぜひ劇場でご覧ください」(ラウール)の挨拶で、和気藹々とした雰囲気のなかイベントは締め括られた。

ハニーレモンソーダ

映画『ハニーレモンソーダ』

STORY
髪はレモン、性格はソーダな男の子。あなたに出会い、世界が変わる
本当の私が、羽ばたきはじめる――
中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川愛)。
そこで出会ったのはレモン色の髪をした三浦界(ラウール)。実は彼こそが、その高校を選んだ理由だった。
みんなの人気者で、自由奔放で、何を考えているかわからない塩対応の界だが、
なぜか自らを「石森係」と呼び、世話を焼いてくれるという不思議な関係に。そんな界にどんどん惹かれていく羽花。
そして、界もまた羽花のひたむきさに、初めての感情が芽生えていた。二人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があり…。
恋や友情に悩みながらも少しずつ変わっていく界、羽花、そして大切な友人たちの青春が羽ばたきはじめる!

原作:「ハニーレモンソーダ」村田真優(集英社「りぼん」連載)
2016年2月~連載開始/既刊14巻(連載中)
出演:ラウール(Snow Man) 吉川愛 堀田真由 濱田龍臣 坂東龍汰 岡本夏美
監督:神徳幸治
脚本:吉川菜美
企画・配給:松竹株式会社
制作:オフィスクレッシェンド
(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

本予告編

2021年7月9日(金)全国公開

ハニーレモンソーダ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA