AWAKE

吉沢亮・主演映画『AWAKE』より本編冒頭映像解禁

天才に敗れ棋士になる夢をあきらめた主人公がAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす青春物語の映画『AWAKE』(主演・吉沢亮、12/25公開)より、本編冒頭映像が解禁となった。

解禁となった冒頭映像は、棋士 VS コンピュータの世紀の対決が、今まさに始まろうとしている瞬間を切り取ったカット。
映像は、浅川陸七段(若葉竜也)が美しい指し手で、ロボットアームが精密な動きで、それぞれ王と玉の駒を配置する対比的なシーンから始まる。
「まもなく、人間対コンピュータの世紀の対決が始まろうとしています」と、リポーターが話す姿が映るパソコン画面には“始まるううううううう”、“キタキタキタキター”などのコメントが映し出され、対決を待ちわびる観客の盛り上がりと熱量が感じられる。
「コンピュータなんかに人間は負けないから」と棋士の勝利を信じる子供、「いよいよこの日がやってきてしまいました・・・」と複雑な心境を語る解説者、そして“人工知能が人類を超える日”と大々的に報じるマスコミも。
今年は、AIが6億手を読んで導き出した最善手を、藤井聡太二冠がわずか23分で導き出し『AI超え』と話題になったが、2015年は真逆の『人類超え』が話題になっていたことがわかる。
さらに、かつて互いに切磋琢磨したライバル・清田英一(吉沢亮)と、<棋士VSソフト開発者>として再び相まみえることとなった心境を聞かれた陸は、「(開発者が元ライバルであることは)特に意識はしてません。僕が闘うのは・・・あくまで彼が作ったコンピュータソフトなので」と冷静沈着に答える。それぞれの思惑が交錯する中、英一の思惑は冒頭では明かされない。一度は棋士の夢をあきらめた英一が、なぜ将棋界に戻ったのか―?自分の地位が危ぶまれる、コンピュータ将棋との対局を陸はなぜ受けたのか―!?この世紀の対決にいたるまでの物語に、期待が膨らむ冒頭映像となっている。

映画『AWAKE』

STORY
大学生の英一(吉沢亮)は、かつて奨励会(日本将棋連盟の棋士養成機関)で棋士を目指していた。
降格したら奨励会を去らなければならない大一番、同世代で圧倒的な強さと才能を誇る陸(若葉竜也)に敗れた英一は、プロの道を諦め、普通の学生に戻るべく大学に入学したのだった。
幼少時から将棋以外何もしてこなかった英一は、急に社交的になれるはずもなくぎこちない学生生活を始めるものの、なかなか友人もできない。
そんなある日、ふとしたことでコンピュータ将棋に出会う。独創的かつ強い。まさに彼が理想とする将棋を繰り出す元となるプログラミングに心を奪われた英一は、早速AI研究会の扉をたたき、変わり者の先輩・磯野(落合モトキ)の手ほどきを受けることになる。
自分の手で生んだソフトを強くしたい―将棋以外の新たな目標を初めて見つけ、プログラム開発にのめり込む英一。数年後、コンピュータ将棋の大会で優勝した英一は、棋士との対局である電王戦の出場を依頼される。
最初は申し出を拒否する英一だったが、相手がかつてのライバル・陸だと知り―。

出演:吉沢亮 若葉竜也/落合モトキ 寛 一 郎/馬場ふみか 川島潤哉 永岡佑 森矢カンナ 中村まこと
監督・脚本:山田篤宏
製作総指揮:木下直哉 エグゼクティブ・プロデューサー:武部由実子 プロデューサー:菅野和佳奈 アソシエイトプロデューサー:新野安行
音楽:佐藤望 撮影:今井哲郎 照明:酒井隆英 録音:渡辺丈彦 美術:小坂健太郎 装飾:櫻井啓介 衣裳:松下麗子 ヘアメイク:小坂美由紀 音響効果:渋谷圭介 視覚効果:豊直康 PC画面制作:北郷弘行 演技事務:平藪明香 制作担当:米田伸夫 音楽プロデューサー:杉田寿宏 ラインプロデューサー:氏家英樹
将棋協力:日本将棋連盟 将棋電王戦協力:dwango DENSO DENSO WAVE プログラミング協力:コンピューター将棋協会(CSA)
製作:木下グループ 制作・配給:キノフィルムズ
2019年/日本/日本語/119分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
(C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
公式HP:awake-film.com
公式Twitter:@awake_eiga2020
公式Instagram:@awake_eiga2020

予告篇

12月25日、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

AWAKE

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA