• HOME
  • News
  • 映画
  • ちひろ(芦田愛菜)がスーツ姿のイケメン先生(岡田将生)に一目惚れ。『星の子』本編映像公開
星の子

ちひろ(芦田愛菜)がスーツ姿のイケメン先生(岡田将生)に一目惚れ。『星の子』本編映像公開

芦田愛菜の6年ぶりとなる待望の実写映画主演作『星の子』(10/9全国公開)より、主人公のちひろが新任の数学教師に一目ぼれするシーンが公開となった。

今回解禁となるのは、中学3年生となったちひろが、始業式で新任の数学教師・南隼人に一目惚れするシーンだ。
スーツ姿のイケメン先生に女子生徒たちが歓声をあげる中、ちひろも声には出さないが、瞬きを忘れたかのように南先生をじっと見つめている。胸の高鳴りと戸惑いが交じわるような表情が印象的だ。
そして、その後とった行動はなんと、「テニス部に入りたいんですけど!」と、中学3年にしての入部申し込み。南先生が顧問を務めるからだ。「ちひろで3人目だよ。あのね、3年生の応募は受け付けてないの」と諭され、「えっ・・・」と固まる姿が切り取られている。
テニス部入部はかなわなかったが、授業中も南先生の似顔絵を描き続け、仲のよい友だちからは、南先生のストーカーとからかわれるほど南先生に夢中になり、心ときめかせながら学校生活を送る。

だが、続く予告編では、ちひろに「迷惑なんだよ!」、「その変な水もしまえ!」と怒鳴る南先生が映し出される。一体、ふたりの間に何が起こったのか? 緑のジャージを着て夜の公園で奇妙な儀式をするちひろの両親を南先生が見てしまったことから、事態は動き出す。
南先生を演じる岡田将生は、映画では『告白』(2010)以来の先生役だ。南先生について「若さゆえの勢いもあって、善と悪が分からなくなる、空気が読めなくなる先生」と説明するが、ちひろに怒りをぶつけるシーンは「難しかった」と言う。
大森立嗣監督から、「もう少し感情的になってもいい」「子供っぽくなってもいい」とアドバイスを受け演じきり、「こういう役は新鮮で、そういう意味では楽しい役でした」と振り返る。
ちひろを大きく揺さぶり、物語を動かすキーマンとそれに対峙するちひろ。果たしてどんな事件が起こるのか?ふたりの行方に注目したい。

本編映像+芦田愛菜コメント+予告篇

関連記事

映画『星の子』

【INTRODUCTION】
原作は、最新作『むらさきのスカートの女』で令和初の第161回芥川賞を受賞し、いま最も次作が気になる最注目の気鋭の小説家・今村夏子の同名小説。本作も157回芥川賞候補、第39回野間文芸新人賞受賞、2018年度本屋大賞7位になるなど高い評価を受けている。監督・脚本は、『さよなら渓谷』(13)が第35回モスクワ国際映画祭で「人間関係への深い理解と洗練された演出」と評価され審査員特別賞を受賞、樹木希林の遺作の一本となった『日日是好日』(18)で報知映画賞の最優秀監督賞を受賞した大森立嗣。

【STORY】
大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治した“あやしい宗教”を深く信じていた。
中学3年になったちひろは、一目惚れしてしまった新任のイケメン先生に、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。
そして、彼女の心を大きく揺さぶる事件が起きるー。

キャスト:芦田愛菜 岡田将生 大友康平 高良健吾 黒木華 蒔田彩珠 新音 永瀬正敏 原田知世
監督・脚本:大森立嗣(『日日是好日』)
原作:今村夏子『星の子』(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
製作幹事:ハピネット、ヨアケ
製作プロダクション:ヨアケ、ハーベストフィルム
配給:東京テアトル、ヨアケ
(C)2020「星の子」製作委員会
公式サイト:hoshi-no-ko.jp

特報

2020年10月9日(金) TOHOシネマズ 日比谷  ほか 全国公開

星の子

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA