• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『喜劇 愛妻物語』のテーマソングの印象的なメロディの秘密とは?
喜劇 愛妻物語

映画『喜劇 愛妻物語』のテーマソングの印象的なメロディの秘密とは?

濱田岳【超ダメ夫】×水川あさみ【超恐妻】出演映画『喜劇 愛妻物語』(9月11日公開)より、本作テーマソングとなっている印象的なメロディーが収録された予告編映像が公開された。

豪太&チカ 最笑夫婦を鼓舞する楽曲。印象的なメロディーとは?

オープニングを始め、劇中に何度も出てくる印象的なメロディーは、トルコの軍楽「ジェッディン・デデン」にインスパイアされたもの。このトルコの軍楽は、向田邦子原作のドラマ「阿修羅のごとく」に使用されたり、映画『居酒屋ゆうれい』の音楽にインスパイアを与えた楽曲として日本でも有名だ。
本作の楽曲は、トルコの軍楽「ジェッディン・デデン」をベースに、足立監督が「観終わった後に生命力がみなぎるような気分になるものを」と、音楽の海田庄吾に依頼してできたもの。
解禁となった本編映像では、年収50万の売れない脚本家・豪太は、車の免許を持っている妻・チカの機嫌を取り、娘のアキも連れて“うどん県”こと香川へシナリオハンティングへ向かうことに。香川まで青春18きっぷで向かう家族の姿を捉えたシーンが解禁となり、このメロディがドラマを盛り上げる。聴けば不思議と力が湧いてくる、印象的なテーマソングにも注目だ。


本作は、『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた足立紳が、自身の夫婦生活を赤裸々に綴った自伝的小説を自ら監督・脚本を務めて映画化した作品。いつまで経っても売れる見込みがない、年収50万円の脚本家の豪太と、そんな情けない夫に絶望している酒好きの妻チカ。結婚10年目にして倦怠期の真っ只中にいるセックスレス夫婦の痛快な愛憎劇となっている。

映画『喜劇 愛妻物語』

とんでもなく情けなく、とことん笑える、最笑夫婦のサイテーな悲喜劇。

INTRODUCTION
稼ぎがほぼゼロで家に居場所もないのに、隙あればセックスに持ち込もうと奮闘するダメ夫・豪太役には、独特の憎めない個性で愛される人気俳優、濱田岳。
そして夫に罵声を浴びせながら、家計や子育てを支える不機嫌妻のチカには水川あさみが扮し、罵詈雑言を連発する毒舌キャラを熱演。
また、豪太とチカの娘アキには、音楽ユニット「Foorin」のメンバーでもある新津ちせ。
さらにチカの親友・由美役の夏帆や、光石研、ふせえり、大久保佳代子らが脇を固める。
『百円の恋』で日本アカデミー賞に輝いた名脚本家・足立紳が、自身の夫婦生活を赤裸々に綴った(ほぼ)実録小説「喜劇 愛妻物語」を自ら映画化! ほぼほぼ険悪な豪太とチカの夫婦の姿は、みっともなくて、カッコ悪くて、それでいてどこか愛らしい。あまりにも赤裸々で、スケールの小さい痴話ゲンカ。見終えた後に押し寄せるのは、胸にしみる感動か、呆れ混じりの乾いた笑いか、それとも他人ごととは思えないディープな共感か?日本の“家族映画”の伝統に新たな1ページを加える痛快な喜劇が誕生した。

物語
結婚して10年。いまだにうだつの上がらない脚本家の豪太と、トキメキを失って久しい妻のチカが、幼い娘と三人で旅に出た。四国を舞台にしたシナリオを書くための五日間の取材旅行。しかし豪太にはもうひとつの重大ミッションがあった。旅の間になんとしても、「セックスレスの妻とセックスする」という悲願を達成するのだ!

濱田岳 水川あさみ 新津ちせ
大久保佳代子 坂田 聡 宇野祥平 黒田大輔 冨手麻妙 河合優実
夏帆 ふせえり 光石 研

脚本・監督:足立 紳 原作:足立 紳「喜劇 愛妻物語」(幻冬舎文庫)
製作:『喜劇 愛妻物語』製作委員会
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:キュー・テック/バンダイナムコアーツ
2019/日本/カラー/アメリカンビスタ/117分/PG-12
©2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会
公式サイト:kigeki-aisai.jp

9月11日(金) 新宿ピカデリー他全国ロードショー

喜劇 愛妻物語

■『喜劇 愛妻物語』 映画祭出品&受賞歴
★第32回東京国際映画祭 【最優秀脚本賞】受賞
★第22回ウディネ・ファーイースト映画祭 コンペティション部門正式出品

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA