• HOME
  • News
  • 映画
  • 「いま、映画にできること」。斎藤工×上田慎一郎、1日限定特別トークイベント
いま、映画にできること

「いま、映画にできること」。斎藤工×上田慎一郎、1日限定特別トークイベント

5月5日19時より、斎藤工(俳優・映画監督)、上田慎一郎(映画監督)の「いま、映画にできること」と題したトークイベントがYouTubeにて行われる。コロナ禍でのふたりのそれぞれの取り組みを通して、二人の映画人が感じていること、思うことを語る。(聞き手は蔦屋書店で企画をつとめる木村綾子)

本トークイベントは、Youtube上で開催される『「オンライン本屋博」1日限定の特別イベント』のプログラムのひとつとして開催。

コロナ渦において斎藤工は、“STAY at HOME”をテーマに、日常化するテレワークを舞台にした最新映画企画『TOKYO TELEWORK FILM』を始動。
さる4月29日(水祝)~5月1日(日)の3日間プレオープンし、話題となったオンライン映画館 「STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater」 (stayhome-minitheater.com)でその第一弾(フェーズ1)がプレミア上映。
本上映では3日間にわたり、斎藤工が総監督をつとめた『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』と本作を併映、さらに各回上映後に収録トークイベントも配信する形でリアルタイム上映(全6回/各回1500円) 。本上映における劇場収入分は日本赤十字社、ミニシアター・エイド基金へ寄付。

いっぽう上田慎一郎監督は、スタッフやキャストが一度も会わずに、完全リモート(遠隔)で短編映画を作るプロジェクト『カメラを止めるな!リモート大作戦!』を始動。
本作はYouTubeチャンネル「PANPOCOPINA」にて5月1日より公開がスタート(https://youtu.be/HTk2wqBxVfY)し、1日半で再生回数11万越えを記録(5月3日10時現在)。
この『リモ止め!』は無料配信だが、本作の特典映像(劇中作「実録!!!珍犯罪ファイル」完成版、メイキング、監督キャストメッセージ動画など)がミニシアター・エイド基金において支援者の方へのリターン特典として視聴できる。

コロナ・ショックに際してのそれぞれのアプローチも参照しながら語られる、ふたりがミニシアター文化や映画に対して、いま、この瞬間に感じていることとは--?
また、オンラインで映画を制作し、オンラインで公開するとはどういうことか?
どんな状況だって、人間は興を失わない。笑いや憂い、想いを形にし表現する事によって生まれる熱狂や共感は決して途絶えることはない。「映画」という表現を通して、私たちに与えられた自由を改めて見つめていく。

リモート映画企画『TOKYO TELEWORK FILM』公開 × 短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』完成記念トークイベント「いま、映画にできること」

●出演:斎藤 工(俳優、映画監督)、上田慎一郎(映画監督)
聞き手:木村綾子(株式会社蔦屋書店)
●公開日時:2020年5月5日(火)19時~20時
●配信先:本屋博 公式YouTubeチャンネル(リンク)
(*トークイベントは収録)
内容:
「いま、映画にできること」というテーマのもと、現状を二人はどう捉えているか?
ジャンルを超えて連結することで広がる可能性についてなど他のクリエイターによる様々な試みも紹介しながら、いま考えていること、思いが語られます(予定)。

作品紹介

『TOKYO TELEWORK FILM』 #1

“今(在宅・遠隔)だから出来る事”
緊急事態宣言を受けた外出自粛要請に対峙した齊藤工が、“STAY at HOME”をテーマに、日常化するテレワークを舞台にした映画プロジェクト『TOKYO TELEWORKFILM』を始動。
俳優、芸人、ミュージシャン、一般ユーザーまでをも次々巻き込み、在宅自粛の鬱屈に屈さず、ウイルスショックによって生まれ行く「テレワークカルチ
ャー」をリモート撮影で記録し続け、連作を時系列に並べるオムニバス映画。
「短編・長編を想定した製作」へと発展させていく3段階(フェーズ)で製作を展開予定。
4月下旬に撮了したばかりのフェーズ1「テレワークセッション」の短編を、4月30日から1日までの3日間プレオープンした “STAY HOME MINI-THEATER powered by mumo Live Theater”にてプレミア上映。

企画・プロデュース・監督:齊藤 工
出演:伊藤沙莉、大水洋介(ラバーガール)、酒井健太(アルコ&ピース)、斎藤 工 ほか
プロデュース:小林有衣子 プロデュース・編集:清水康彦  制作:イースト・ファクトリー

TOKYO TELEWORK FILM

“STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo Live Theater”について
“STAY HOME MINI-THEATER powered by mu-mo LIVE THEATER”では、キュレーター(企画者)と劇場をつなぐオンライン興行を目指し、現時点で上映がストップしている映画や今後の上映展開が危ぶまれている作品を中心に、不定期で上映イベントを継続的に開催していく予定です。(提携協力:ミニシアターエイド基金、SAVE the CINEMA)
次回は、5月中旬を予定。
2020年4月29日(水・祝)~5月1日(日)のプレオープンでは2020年2月末よりアップリンク渋谷・吉祥寺にてロングラン公開されながら4月頭に上映中止、以後の全国上映も延期未定となっている齊藤工総監督『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』、その併映で齊藤工監督による新映画企画『TOKYO TELEWORK FILM』プレミア上映、さらに4月10日(金)公開予定だった弾き語りトラックメーカーアイドル眉村ちあきのドキュメンタリー映画『眉村ちあきのすべて(仮)』を特別先行上映。

stayhome-minitheater.com

STAY HOME MINI-THEATER

『カメラを止めるな!リモート大作戦!』

カメラを止めるな!リモート大作戦!

キャストスタッフが一度も会わずに”完全リモート”で制作!
撮影は、ビデオ会議画面の録画やキャストのスマホでの自撮りで行い、それを上田慎一郎監督が受け取り、編集して仕上げました。
世界中から300人以上がリモート出演!
「応募者全員採用!」と銘打ちSNSで一般募集したエンドロールダンスには305人が出演。子供から年配者まで幅広い層から応募があり、日本のみならず、韓国、カナダ、カンボジアなど海外からも応募がありました。
同じくSNSで一般募集した「こちょこちょされて大笑いする映像」も20人以上の映像が採用され、本編で使用されています。
4月3日に上田監督が完全リモートでの映画制作を着想、4月中旬に撮影がスタートし25日に全ての撮影が終了。5日間の編集を経て完成。5月1日に公開。

監督・企画・脚本・編集:上田慎一郎
出演: 濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、どんぐり、大沢真一郎、秋山ゆずき、長屋和彰、市原洋、細井学、山口友和、
浅森咲希奈、吉田美紀、合田純奈、藤村拓矢、生見司織、佐渡未来、眼鏡太郎、白岡優、久場寿幸、山本真由美、林奏絵、曽我真臣、 #リモ止めこちょこちょ応募 の皆様、#リモ止め踊ってみた応募 の皆様
プロデューサー:上田慎一郎、市橋浩治 ラインプロデューサー:鈴木伸宏
制作:津上理奈、ふくだみゆき 音楽・主題歌:鈴木伸宏、伊藤翔磨
OPアニメーション:ふくだみゆき ビジュアルデザイン:リック
エンドロールダンス振付:浅森咲希奈 エンドロール編集:松本純弥
主題歌「Your Operation」謙遜ラヴァーズ.feat村上杏奈/小西桃代/小林未沙/エモジエマ(Ott Jit)/キノリユノ(Ott Jit)
主題歌ミックス&マスタリング:山本真義
制作:株式会社PANPOCOPINA 制作協力:ENBUゼミナール
(C)カメラを止めるな!リモート大作戦!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA