• HOME
  • News
  • 映画
  • 友川カズキのドキュメンタリー映画予告編解禁。公開記念ライブも開催
どこへ出しても恥かしい人

友川カズキのドキュメンタリー映画予告編解禁。公開記念ライブも開催

2月1日(土)より新宿 K’s cinema にて公開となる友川カズキのドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』の予告編が解禁となった。また公開を記念した友川カズキのライブイベントも決定。

ミュージシャン、画家、詩人としてカルト的人気を誇る友川カズキ。1974年にレコードデビュー、代表曲に「生きてるって言ってみろ」、ちあきなおみに提供(作詞作曲)した「夜へ急ぐ人」などがある。画家としても活動を始め、1985年に初の個展を開催。その多彩な表現活動は、中上健次(作家)、大島渚(映画監督)ら多数の芸術家、文化人から惜しみない賛辞を浴びた。
本作は、異形のアーティスト、友川カズキの 2010 年夏の記録を収めたドキュメンタリーだ。

この度、解禁された予告編では、川崎の小さなアパートでギターを弾き、絵を描いている友川の姿、そして最大の関心事である競輪にいそしむ日常が垣間見える。
「時間も生活も何もかにもが他の人とあわない」というほどレース予想にのめり込んでいる友川。「いくら負けても常に大穴狙い」と関係者が証言する通り、予告編でもほとんど車券を外している様子がうかがえる。
また、別居している息子たちに時折会い、一緒にバスケットボールをしたり、競輪を打つ様子など、家族との関係にも触れられている。
予告編終盤、川崎競輪場で札束を握りしめながら電話をしている様子が捉えられているが、果たして友川は大勝負に勝ったのか、負けたのか。
そして、「途方に暮れながら、生きる」というテロップと共に、自転車で川崎の町を走る姿を映して予告編は終わっている。

【関連イベント情報】友川カズキ『どこへ出しても恥かしい人』公開記念ライブ
2020年1月23日(木)/ShowBoat ショーボート(高円寺)
https://www.showboat1993.com/
開場 19:00/開演 19:30
前売¥3,500/ 当日¥4,000(税込・別途ドリンク代¥600)
出演:友川カズキ
チケット電話予約:03-3337-5745(ショーボート)

どこへ出しても恥かしい人

ドキュメンタリー映画『どこへ出しても恥かしい人』

出演:友川カズキ、石塚俊明、永畑雅人、及位鋭門、及位然斗、及位玲何、大関直樹、安部俊彦、林秀宣 六兵衛鮨、菊池豊 ほか
監督:佐々木育野/撮影:高木風太/録音:松野泉/車輛:西村立志/編集:宮本杜朗、松野泉、佐々木育野
プロデューサー:酒井力、田中誠一/製作:志摩敏樹/製作・配給:シマフィルム株式会社
2019年/日本/DCP/5.1ch/64分
© SHIMAFILMS
公式サイト:https://hazukasiihito.shimafilms.com/

2020年2月1日(土)より新宿 K’s cinema にて公開!以降、全国順次公開予定

どこへ出しても恥かしい人

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA