• HOME
  • News
  • 音楽
  • のん、初のクリスマス・ソングを弾き語りで披露。「毎日がクリスマス2019」@横浜赤レンガ倉庫
のん

のん、初のクリスマス・ソングを弾き語りで披露。「毎日がクリスマス2019」@横浜赤レンガ倉庫

女優・創作あーちすとの「のん」が12月14日に横浜赤レンガ倉庫でクリスマス・ライブを開催。80分に及ぶ熱いパフォーマンスで、集まった444人のオーディエンスを沸かせた。

この日のライブは横浜赤レンガ倉庫にて8日から25日まで連日開催されている「毎日がクリスマス2019」の一環で、2018年に引き続き、2度目の出演となる。
この日ののんはイベント7日目の14日(土)昼公演に出演。のんにとっては6月のアルバム”ベビーフェイス”レコ発記念ライブ以来、半年ぶりのライブ・パフォーマンスは一般発売後即完の貴重なライブ。

レイブレポート

のんシガレッツ
のん(Vo/Gt) 岩崎なおみ(B/Chorus)/ひぐちけい(Gt/Chorus)
若森さちこ(Ds/Chorus)/はらかなこ(Key/Chorus)

13時36分、場内が暗転しバンドメンバーがスタンバイ。「きよしこの夜」がピアノで奏でられる中、ゆっくりとのんがステージ中央に上がる。

のん

のん
メリークリスマス!みんな今日は楽しもう!

M1.わたしは部屋充
オープニング・ナンバーは先日、リリースされたばかりの、忘れらんねえよ・柴田隆浩が書き下ろした新曲「わたしは部屋充」。

のん

のん

のん
みんなありがとう!
今年も「毎日がクリスマス」に参加させていただきました!
昨年来てくださった方いますか?
(会場レスポンス)
わー嬉しい!今年初めてだよって方はいますか?
(会場レスポンス)
わーい、みんなありがとうございます。みんなにありがとう!嬉しい!
では、ここでいきなりのやまないコールをしたいと思います。
やまないガール!
やまないボーイ!
やまないピーポー!
じゃぁ聞いてください!「やまないガール」!

M2.やまないガール
客席と短いコール&レスポンスを交わしGO GO 7188のメンバーが書いた「やまないガール」へ突入。ここからはのんの真骨頂でもあるパンキッシュなナンバーを立て続けに畳み掛け、場内を盛り上げていく。
この日の衣装は前身頃がクリムゾンレッドのワンピ仕様レザー・バルーンスカート、後ろがチュール素材をデコレートした真っ白のスカート。
前が赤、後ろが白というクリスマス仕様で、のん自身がデザインし縫製まで手掛けたハンドメイド。さらに赤のボディに白のピックガードが鮮やかな愛機、テレキャスター・ギターのカラーとも対比させたという力作コスチュームだ。

のん

M3.あることないこと
M4.正直者はゆく

のん

のん
みなさん、盛り上がってくれてますか!ワーイ!
ありがとう!嬉しいな!
今日もクリスマスなので、みんなと一緒に楽しいクリスマスを過ごしたいと思います。
次の曲はですね、のんがカバーさせていただいている忌野清志郎さんが作ったRCサクセションの曲です。
次からしっとりバージョンなので、皆さん、是非休んでてください。
聞いてください、「I Like You」

M5.I Like You
アップテンポ・ナンバー連打のあとはヒートアイランドした客席へクールダウンを促しRCサクセションのカバー「I LIKE YOU」を”しっとり”歌う。
のんをサポートするバンド、シガレッツは当初、ギター、ドラム&ベースの3ピース編成であったが前回のライブからキーボードが加わった。これによってパンキッシュだった従来のサウンドに彩さが増した。
特にこの「I LIKE YOU 」から始まったミディアム・テンポ楽曲が並ぶコーナーでは、キーボードの威力が存分に発揮される。このパートではバンド・メンバーの美しいハーモニーも入り、より進化させたのんシガレッツのパフォーマンスを見せ聴かせる。

M6.憧れて
M7.涙の味、苦い味
M8.わたしはベイベー

清志郎ナンバーで始まった”しっとり”パート、最後は矢野顕子が清志郎をイメージした書いた「わたしはベイベー」。曲最後は“ごきげんだぜベイべー!”とシャウトして、ここからは後半戦。アップテンポ・ナンバーの連打で再び客席を熱くしていく。

のん

のん
なんと素敵なお知らせ!来年の2月29日、閏年にですね、のんフェスVol.2を開催することになりました!
大盛況のVol.1から、時が経ち、Vol.2はですね、女の子ばっかりの女子祭りをやりたいと思います。
やる方は女の子ばっかりだけど、来てくださる方々はですね、老若男女問わず、大人から子どもまで男子も女子もみんなに見てもらいたいと思いますので、皆さん、是非2月29日、来てください!
この5人で、のんシガレッツ、参戦します!楽しみ!
そんな感じで、次の曲、聴いてください!「スーパーヒーローになりたい」!

M9.スーパーヒーローになりたい

のん

のん
イェーイ!ありがとう!みんなもう最後のブロックです!
楽しく盛り上がって最後まで一緒に楽しみましょう!
のんが初めて作った曲でクリスマスのことを歌っている曲があるので、それを歌いたいと思います!
聴いてください!「へんなの」!

M10.へーんなのっ
M11.さあいこう
M12.RUN!!!

のん

のんのソングライター・デビュー曲「へーんなのっ」は、”アナーキー・イン・ザ・UK”と80sテクノ・ポップが幸せに合体したようなカオス状態を作り、会場をこれ以上にないほど、盛り上げていき、一挙にラストまで駆け抜けた。

のん

のん
みなさん、ありがとうございました!のんシガレッツでした!!!
センキュー!!

<ENCORE>

アンコールでは、メンバー全員がのんデザインの、袖にフリルのプリントが施されたアイボリーカラーのロンTで登場。

のん
みなさん、アンコールありがとうございます!
ここでリクエストを募集したいと思います。今日、アンコールで聴きたい曲はありますか?
(会場:部屋充!)
ありがとう!のんもやりたかった!いいね、「部屋充」!

M13.わたしは部屋充

のん

目の覚めるような鮮やかなパンクナンバーで客席を圧倒し、メンバーはステージを降り、ひとり残ったのんはアコースティック・ギターを小脇に抱える。

のん
今日の0時に配信されたのでもしかしたら知ってる人もいるかもしれないですけど、今日のためにクリスマスソングを作ってきました。
今年も呼んでもらったから、クリスマスの曲は人の曲を歌うのも素敵だけど、自分で作ってみるのもアリだなと思って、夜にですね、布団から飛び出して作りました。
初めて弾き語りを披露しますけど、緊張するなぁ。
聴いてください!「クリスマスソング」!

M14.クリスマスソング

弾き語りで歌い出したのは、この日のイベントのために書いたという新曲「クリスマスソング」。のんの美しく響く歌声に客席もじっくりと聴き入る。歌い終えたあとの、はにかんだ表情がキュートで男性ファンのハートをわしづかみする。
再びメンバーをステージに呼び寄せ、全員で腕を組み、『メリークリスマス!』と唱和し客席に一礼。『来年の閏年ライブで会いましょう!じゃあね、バイバイ!』と残してステージを降り、80分弱に及んだクリスマス・ライブは終了。

のん
のんシガレッツでした!!
また会おう!!メリークリスマス!!
来年閏年にライブで会いましょう!!バイバーイ!

この日最後に披露された、のんが作詞作曲から演奏、ジャケット・ビジュアルまで手掛けた新曲「クリスマスソング」は、12月14日より配信がスタートしている。詳細は公式サイトの記事を参照( https://nondesu.jp/7945/

<新曲概要>
タイトル:クリスマスソング
作詞・作曲:のん/ギター:のん
アレンジ:飯尾芳史
http://hyperurl.co/dgcrdz

<のんクリスマスライブ/セットリスト>
01.わたしは部屋充/02.やまないガール/03.あることないこと
04.正直者はゆく/05. I LIKE YOU /06.憧れて/07.涙の味、苦い味
08.わたしはベイベー/09.スーパーヒーローになりたい/10.へーんなのっ
11.さあいこう/12.RUN!!!
ENCORE
13.わたしは部屋充/14.クリスマスソング

ライブフォトギャラリー

_J2A4576-01 1-s.jpg
_J2A4577-01 1-s.jpg
_J2A5031-01 1-s.jpg
_J2A5265-01 1-s.jpg
_J2A5337-01 1-s.jpg
_J2A5375-01 1-s.jpg
_J2A5395-01 1-s.jpg
_J2A5453-01 1-s.jpg
_J2A5478-01 1-s.jpg
_J2A5490-01 1-s.jpg
_J2A5500-01 1-s.jpg
_J2A5527-01 1-s.jpg
_J2A5550-01 1-s.jpg
_J2A5564-01 1-s.jpg
_J2A5608-01 1-s.jpg
_J2A5671-01 1-s.jpg
_J2A5707-01 1-s.jpg
_J2A5713-01 1-s.jpg
_K2A4919-01 1-s.jpg
_K2A4992-01 1-s.jpg
_K2A5052-01 1-s.jpg
_K2A5063-01 1-s.jpg
_K2A5085-01 1-s.jpg
_K2A5088-01 1-s.jpg
_K2A5117-01 1-s.jpg
_K2A5213-01 1-s.jpg
_K2A5218-01 1-s.jpg
_K2A5244-01 1-s.jpg

[写真:Kentaro Minami/記事:石角隆行/構成:Jun Sakurakoji]

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA