こうの史代「この世界の片隅に」原画巡回展

福岡・名古屋・広島 こうの史代「この世界の片隅に」原画巡回展

当サイトでもレポートした5月に東京・渋谷にて開催された、こうの史代「この世界の片隅に」原画展が、9月の福岡を皮切りに、名古屋~広島と巡回展されることになった。 昨年11月に公開以降、今日も日本のどこかの劇場で上映され続ける異例の大ヒットとなった「この世界の片隅に」。 9月15日(土)にはDVD・BDのパッケージの発売も控えているが、この機会に原作の原画の迫力ある魅力を体感することで、より映画も楽しめるだろう。 また、来場者には特製描き下ろしポストカードをプレゼント。

ツタヤ - この世界の片隅に

『この世界の片隅に』デザインのツタヤカード発行

2016年11月公開からいまだ上映中の『この世界の片隅に』。9月15日にDVD/Bru-rayソフトが発売予定だが、それを記念し、映画をデザインした特別なTカードが9月14日より発行される。 また、本Tカードの発行手数料500円(税抜)のうち5%を、核兵器の廃絶と世界恒久平和の大切さを訴える世界遺産を永久に保存するための「広島市原爆ドーム保存事業等基金」に寄付される。

博物館で野外シネマ - 東京国立博物館

国内最大級の野外上映イベント「博物館で野外シネマ」

2014年に始まった『博物館で野外シネマ』の今年の上映作品が発表された。 第16回ニューヨーク国際児童映画祭・長編大賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門・優秀賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得ている『ももへの手紙』(2012年 監督:沖浦啓之)。 上映場所は、東京国立博物館(上野公園)本館前。9月22~23日で映画鑑賞料金は無料(ただし当日の入館料は必要)。

斎藤工・板谷由夏 - 映画の妖精 フィルとムー

斎藤工提案・世界の子ども達へ映画を!クラウドファンディング目標達成

俳優であり映画監督も務める斎藤工は、日本中の映画館がない地域で移動映画館を行うcinéma bird活動も行っている。 そんな彼の企画・提案で、映画を観られる環境にいない世界中の子ども達に、より多くの映画が届くきっかけとなるためのプロジェクトが始まっている。 クラウドファンディングという形で、クレイアニメ『映画の妖精 フィルとムー』製作費を募集したところ、わずか1週間で目標金額100%達成した。 このプロジェクトに協力するのは、途上国の子ども達を対象に移動映画館を行うNPO法人World Theater Project(ワールドシアタープロジェクト。以下、WTP)。 映画を届けるには様々な権利構造が壁になるため、今回のプロジェクトが企画・提案された。

アニメの現場

アニメ―ションの現場を徹底解剖するWEB番組スタート

アニメーション業界で働く職人達たちに想いや本音を語ってもらう番組『アニメの現場』が、2017年8月4日よりニコニコチャンネル、YouTubeにて配信開始される。 普段話せない業界の裏話を、スポットライトを浴びない陰の立役者たちは何を考え、何を想いアニメ―ション業界を支えているのかを生の声で語る。

藤村哲也 - デジタルハリウッド大学

日本の原作コンテンツ(IP)パワーがハリウッド映画で花咲くには?

2017年4月にハリウッド製作として公開された映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めた、藤村哲也氏が、特任教授として、7月5日東京・デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパスで特別講義を行い、日本の原作コンテンツ(IP)をハリウッドで映画化することの難しさと、その将来性への期待を語った。

この世界の片隅に - 台北電影節2017

【まとめ】「この世界の片隅に」in 台北フィルムフェスティバル2017

速報版記事でもお伝えしたとおり、2017年7月8日、台北フィルムフェスティバル2017の会場のひとつである中山堂にて、「この世界の片隅に」の主演声優・のん(本名 能年玲奈)さんと、プロデューサーの真木さんが登壇するメディア向けトークショーと記者会見が行われました。 その後の映画上映では、舞台挨拶もあり、現地ののんさんファンが大歓迎している光景が印象的でした。 改めてまとめのレポート記事を掲載します。

のん- 台北フィルムフェスティバル

【速報版】のんさん、真木プロデューサー登壇。台北フィルムフェスティバル

[速報版記事 2017.7.8 18時] 2017年7月8日、台北フィルムフェスティバル2017の会場のひとつである中山堂にて、「この世界の片隅に」の主演声優・のん(本名 能年玲奈)さんと、プロデューサーの真木さんが登壇するメディア向けトークショーと記者会見が行われた。 司会者から、「映画のセリフは呉弁というそうですが、日本語の標準語と呉弁の両方で、映画のセリフを言い比べてくれませんか?」とお願され、のんさんは「ほいじゃぁね~」などの呉弁のセリフを標準語と合わせて披露した。

フリクリ2 ANIME EXPOイベント会場

「フリクリ2」「フリクリ3」新作劇場アニメとして2018年公開が決定!

『新世紀エヴァンゲリオン』に続くガイナックスの次回作として企画され、2000年から2001年にかけて全6巻でリリースされたOVAシリーズ作品『フリクリ』。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの監督として知られる鶴巻和哉の初監督作品であり、海外での評価も非常に高く、2003年カナダ・ファンタジア映画祭ではアニメーション部門銅賞を受賞。 この国内外の圧倒的な人気を受け、続編となる劇場版『フリクリ2』『フリクリ3』が新作劇場アニメーションとして2018年に全国公開することが、7月1日から開催中の米ANIME EXPOイベント会場にて発表された。

特集記事:知覚心理学と「この世界の片隅に」の関係

2017年5月6日、第40回日本アカデミー賞など、数多くの映画賞を受賞した映画作品「この世界の片隅に」の片渕須直(かたぶちすなお)監督による一般客も聴講可能な特別講義が、「映像・音楽の総合表現と人間」というテーマで埼玉工業大学にて行われました。 そもそもなぜ、アニメーション映画監督が大学で講義するのでしょうか?

こうの史代「この世界の片隅に」原画展が大阪と東京で開催!

昨年度、由緒ある映画賞「キネマ旬報ベスト・テン」の「日本映画 第1位」に輝き、「日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞」を受賞、いまだロングラン上映中のアニメーション映画「この世界の片隅に」。その原作者である、漫画家・こうの史代が描いた『この世界の片隅に』(双葉社)の原画展が大阪と東京で開催される。