• HOME
  • News
  • 映画
  • 奥野壮の新境地開拓にして映画初主演作『灰色の壁 ―大宮ノトーリアス―』公開決定。コメント&場面写真解禁
灰色の壁 ―大宮ノトーリアス―

奥野壮の新境地開拓にして映画初主演作『灰色の壁 ―大宮ノトーリアス―』公開決定。コメント&場面写真解禁

奥野壮の映画初主演作『灰色の壁 ―大宮ノトーリアス―』の公開日が2月25日に決定。あわせてキャスト・監督のコメント、および場面写真8点が解禁となった。

奥野壮の新境地開拓にして映画初主演作

平成初期の埼玉を舞台に、暴走族の抗争から暴力団まで巻き込み、最後には少年刑務所へと収監された、ある男の実話を基にした暴力と義理人情、贖罪と挑戦を描いた物語。

ささいな一言から暴力団の策略にはまり、少年刑務所に入る主人公、暴走族の総長・吉田正樹役は奥野壮。奥野は、2018年、平成仮面ライダーシリーズ20作品記念作品、テレビシリーズでは平成最後の作品となった特撮テレビドラマ「仮面ライダージオウ」で主役の仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ役で俳優としてデビューし、その後、映画『私がモテてどうすんだ』(20)、『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』(21)に出演するなど、若手注目株だ。

吉田正樹の妻で、夫の収監により不当な扱いを受けながらも正樹を信じて待ち続ける、さゆり役に、「仮面ライダージオウ」で悪役オーラを演じて、奥野壮とは共演経験もあり、現在、雑誌non-noの専属モデルとしても活躍する紺野彩夏。

少年刑務所の看守として厳しくも正樹を模範囚へと導く杉山役にテレビ・映画・舞台などで幅広く活躍している陣内孝則。
ほかに、スーパー戦隊シリーズ「百獣戦隊ガオレンジャー」にて獅子走/ガオレッド役で主演を務め、ドラマ、映画と活躍中の金子昇や湘南乃風のメンバー、若旦那にして、2018年からソロ活動時は本名でドラマ・映画・舞台と俳優でも魅力溢れる新羅慎二など、多彩な俳優が本作に集結。

監督は、1997年から映画プロデューサーとして活動を開始し、監督として『のりおくんとまっきーにゃ。楽しい歌舞伎町』(16)」『AntLion』(18)を手掛けた安藤光造が務めている。
現在、「今日から俺は!!」「東京リベンジャーズ」など、不良物が再ブームとなるなか、ささいな一言から転落の道を歩んだ主人公の姿は、観る者に衝撃を与え、一石を投じる作品に仕上がっている。

■コメント

●奥野壮(吉田正樹 役)
昨年、今年とコロナウイルスの影響で公開時期が何度も延期になってしまいましたが、
こうして無事映画を公開することができることになって本当に嬉しいです。
『たった一言』で自身や周りの人生が大きく変わってしまった青年を描いた作品です。この映画を観た全ての方に何か伝わるものがあってくれたらと願っています。魂込めて撮ったので是非多くの方に見ていただきたいです。

奥野壮

奥野壮

奥野壮 プロフィール
2017年11月、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにて「フォトジェニック」賞、「明色美顔ボーイ」賞をダブル受賞。
2018年からはオスカープロモーションに所属し、同年7月に同事務所の男劇団 青山表参道Xのメンバーになる。
同年9月からは特撮テレビドラマ「仮面ライダージオウ」にて主役の仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ役で俳優としてデビュー。
その後2020年の映画『私がモテてどうすんだ』、2021年『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』、Huluオリジナル配信ドラマ「悪魔とラブソング」、NHK主演ドラマ「超速パラヒーローガンディーン」、FOD配信ドラマ「ギヴン」、MBS/TBSドラマ「トーキョー製麺所」などに出演。
12月NHKドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」放送予定など役者として活動の幅を広げている。

●紺野彩夏(吉田さゆり 役)
はじめて母親役を演じたこと、そして8年間辛抱強く夫の帰りを待ち続ける、強いと言う一言では
表しきれないくらいの心を持った女性を演じたこと、私自身にとってとても印象に残る作品になりました。
匿名で良いことも悪いことも書き込めるようになった今の時代。この映画を通して、自分の行動や世の中にある偏見と差別について、考え直すきっかけになる映画になったと思います。
私が演じたさゆりのように、正樹が立ち直っていく姿を見守っていただけたらと思っています。

紺野彩夏

紺野彩夏

紺野彩夏 プロフィール
千葉県出身。2016年3月号より務めた集英社「Seventeen」専属モデルを2021年1月号で卒業。
2021年3月号にて集英社「non-no」モデルデビュー。主なドラマ出演作に、「仮面ライダージオウ」(18-19/EX)、「そして、ユリコは一人になった」(20/KTV)、「add9Code」(21/YouTube)、「ボーダレス」(21/ひかりTV)、「いいね!光源氏くん し~ずん2」(21/NHK)、「JKからやり直すシルバープラン」(21/TX)など。
映画では『恋妻家宮本』(2017)、『ミスミソウ』(2018)『仮面ライダージオウNEXTTIMEゲイツ、マジェスティ』(2020)、2021年5月21日公開の映画『藍に響け』」ではW主演を務め、2022年1月7日公開の映画『文豪ストレイドッグスBEAST』の出演を控えており、女優としても活躍の場を広げている。

●陣内孝則(杉山 役)
ちょっとしたミスから取り返しのつかない地獄に落ちてしまう若者たち・・・
映画は20年以上前の実話を元にしていますが、現代を生きる若者こそリアルに抱く不安だと思います。
本作ではそんな若者たちを厳しく指導する役をやらせていただいております。
本作はエンタテイメントではありますが、
我々のような大人の目線からご鑑賞いただくのも一興かと思っております。

陣内孝則

陣内孝則

陣内孝則 プロフィール
1958年8月12日生まれ。福岡県出身。80年「ザ・ロッカーズ」でバンドデビュー。
82年映画『爆裂都市 BURST CITY』で俳優デビュー。86年TVドラマ「ライスカレー」88年「君の瞳をタイホする!」89年「愛しあってるかい!』などで注目される。
87年映画『ちょうちん』で第12回報知映画賞・主演男優賞、第30回ブルーリボン賞・主演男優賞を受賞。
88年『ちょうちん』で第11回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞受賞。
89年『極道渡世の素敵な面々』『疵:きず』で第12回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞する。
以後テレビ、映画、舞台等で幅広く活躍。おもな映画出演に『さらば愛しのやくざ』『河童』『種まく旅人~みのりの茶』『超高速!参勤交代』。監督作品としては、『ロッカーズ』『スマイル~聖夜の奇跡~』『幸福のアリバイ~Picture~』がある。

●安藤光造 監督
人生は良くも悪くもいつどうなるかなんてわかりません。
やった事は必ず還ってくる。そんな言葉を反芻しながら公開の機を待ちわびておりました。
この完璧なキャストで撮れた事を光栄に思います。

■場面写真

暴走族「桜神會」総長・吉田正樹(奥野壮)のバイクに囲まれた決めポーズ、「魅死巌」との抗争、少年刑務所での正樹の坊主姿、看守・杉山(陣内孝則)の厳しくも温かい眼差し、正樹をけなげに待ち続けるさゆりの姿(紺野彩夏)など、場面写真計8点。

映画『灰色の壁 ―大宮ノトーリアス―』

【物語】
すべてを失った男。孤高のリベンジがいま、始まる―。
1996年。関東の郊外、埼玉県岩槻市。暴力団「青葉会」が支配する大宮周辺では巨大暴走族が蔓延り、日々若者の抗争が絶えなかった。
そこで一躍名を上げていたのが、県下一の勢力を誇る暴走族「桜神會」(おうじんかい)の吉田正樹(奥野壮)だ。
しかし、その活躍を面白く思わない青葉会と、その傘下に入った暴走族「魅死巌」(みしがん)の企みにより正樹は少年刑務所に送られてしまう。
少年刑務所での酷い仕打ちに抵抗する正樹だったが、娑婆に残った桜神會のメンバーが次々と青葉会に買収され、妻や娘も不当なゆすりに遭っていることを知る。
正樹は青葉会や魅死巌への復讐を誓い、一刻も早く、この灰色の壁を出るべく、まずは模範囚になることから始めるのだった。
いま、ある男の人生を賭けたリベンジが静かに始まった―。

奥野 壮
紺野彩夏 金子昇 新羅慎二
吉村界人 後藤剛範 木田佳介 小嶌宣輝 濱正悟
高橋龍輝 玉城裕規 湊祥希 馬場海河
井倉光一 LUNA 桜井野の花 兒玉遥 杉江大志 陽向謙斗 澤井一希 ID SAM BIGZAM
陣内孝則

監督:安藤光造
脚本:朝比奈徹、安祖兄小屋次
撮影:野村次郎/照明:溝渕健二/録音:桐山裕行/音楽:小河原周作
ヘアメイク:征矢杏子/スチール:タイナカジュンペイ/協力プロデューサー:和田敦也
プロデューサー:安藤光造、吉田正樹、藤田真一/キャスティングプロデューサー:川口真五
製作:モンキースパイス/協力:アールツーエンターテイメント/制作協力:アーティット
配給:アルバトロス・フィルム
©2021「灰色の壁-大宮ノトーリアス-」 製作委員会
公式サイト:https://omiya-notorious.jp

2022年2月25日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー!

灰色の壁 ―大宮ノトーリアス―

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA