• HOME
  • News
  • 映画
  • 映画『ベイビーわるきゅーれ』予告編、本宮泰風&三元雅芸コメント及び絶賛コメント解禁
ベイビーわるきゅーれ

映画『ベイビーわるきゅーれ』予告編、本宮泰風&三元雅芸コメント及び絶賛コメント解禁

社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが社会に馴染もうと頑張る物語を描いた阪元裕吾監督最新作映画『ベイビーわるきゅーれ』(7/30公開)より、予告編、場面写真、メイド喫茶に来店するヤクザの組長役の本宮泰風&クライマックスで伊澤彩織と本格アクションを披露する三元雅芸のコメント及び著名人の応援コメントが届いた。

予告編&場面写真

キャストコメント

●本宮泰風(浜岡一平 役)
髙石くんがイイ。伊澤くんがイイ。二人のアクションがイイ。そして、阪元監督がブッ飛んでてイイ。若い世代の粋のイイ奴らが台頭してくるのは、とてつもなく気持ちがイイ。
今回俺は、今までやったことのない事をいろいろとやらされたけど、結構楽しんでやらせてもらいました(怒)。
作品自体は、男性はもちろん女性の皆さんにも見やすい、バイオレンスアクション的な青春映画になっているので、是非映画館まで足を運んでください。

●三元雅芸(渡部 役)
伊澤彩織ちゃん。
彼女は現役のスタントウーマンで国内においてもトップレベルの技術の持ち主。
今作品の彼女のアクションは更に進化していた。
女性主演のアクション映画は数あるものの、女性が男性俳優を超えるアクションはこれまで皆無と言っていい。
が、この『ベイビーわるきゅーれ』は皆さんの予想を超える映画になったと思う。
新たに生まれた`世界No.1のヒロインアクション‘
『ベイビーわるきゅーれ』
ご堪能あれ!!

応援コメント

●清水崇:映画監督(「呪怨」「犬鳴村」「ホムンクルス」)
誰もがファンになる!可愛い殺し屋のモラトリアム♥
切れッキレのアクションやブラックなユーモアは勿論
どーでもいい会話が癖になる!!
活舌も悪くボソボソ聴き取れないのに、何故こんなに面白可笑しいのか?
どこまで役作りでどこまで演出なのか?
阪元監督作には毎度だが…タランティーノ監督ばりのセンスじゃないか!?
アニメや過剰芝居のコメディばかりの日本映画に新風を吹かせ、
「日本じゃJKの殺し屋がいるらしい…」と勘違いさせて欲しいww

●谷垣健治:アクション監督(「るろうに剣心」シリーズ)
すごく面白かった!
肩の力を抜いて楽しく見れる女性バディアクション。
てか、サクサク殺しすぎだろ!笑
これはもうシリーズものにしていただいて、
このキャラの立ちすぎる2人がゾンビと戦ったり、
タイムスリップして人斬りになったりするのを見てみたいです。

●渡辺華奈:総合格闘家
爽快でとても素晴らしい作品!
可愛い殺し屋コンビの二人からは想像もつかない激しいアクションが凄くかっこよかったです。
アクションシーン以外では二人の掛け合いや関係性が独特で本当に可愛らしく、
バトルシーンギャップが最高でした!
特にラストのまひろ(伊澤彩織さん)の戦いは目が離せません。
観ると強くなった気持ちなっちゃいますので試合前などに特におすすめです。
一回ではなく何回でも楽しめる映画です!

●赤ペン瀧川:映画プレゼンター
なんだこの2人は!?
その小さな背中に“アクション映画の未来”を背負っていけ!

●岸洋佑:シンガーソングライター
主演の伊澤さんと、つい最近ご一緒させていただいたことがきっかけでこの作品を観させていただきました。
えっと、ごめんなさい、、言葉が見つからず、、、
圧巻!!!!!
同い年の女性が、これだけ逞しく、どこか儚く、でもやっぱり強いっていうのは、本当に刺激的で…!
アクションの質、カメラワーク、正直他に見たことない稀有な作品だと思いました。
たくさんの方に届きますように。

●矢野晴人:Non Stop Rabbit (Vo. & Ba.)
冒頭約3分間、
坦々と進んでいく主人公の一人まひろとコンビニの店長との面接シーンがとてもリアルで、
映画の世界に一気に引き込まれかけた瞬間、
そのリアルを一気にぶち壊す想像もしていなかった展開に思わず唖然としてしまいました。
その後も、「人ってこんな簡単に死んでしまうのか」と感心してしまうほど躊躇なく、
さも当たり前かのように次々と殺人を繰り返す2人に清々しさすら覚え、
終始不思議な感覚でした。
ラストには、不覚にも青春を感じるほどに主人公2人に感情移入していました。

●DIEsuke:ビーパワーハードボイルド/殺意を秘めた映画はズッ友にしたい委員会
ゆるふわな日常とガチな殺しが二世帯同居した『青春デストロイムービー』、爆誕‼︎
カジュアルに人が死にまくってるにも関わらず、観てるコチラが思わず笑ってしまうほど爽やかな風が吹いておりました。
微笑ましい日常模写があるからこそ、殴る・撃つ・極める殺戮模写がキラリと光る!
邦画を舐めてる奴ら全員の横っ面をブッ叩いた上に、トドメのヘッドショットをブチかます作品ですよ。
可愛いだけは卒業!!必要なのは戦闘力!!必見!!

●加藤よしき:シナリライター/映画ライター
まぁ~~お行儀の悪い映画ですよ!
主役の2人はお行儀が悪い!
おおざっぱ、めんどい、何を考えてるかよく分からん。ブレブレでグダグダ、おまけに常に一言多い。
でも「若い」ってそういうもんなんですよね。
この映画はキレキレなアクションだけじゃありません。
自分の身にも覚えがあるような、失態、露悪趣味、孤独、やけっぱち、友情……
共感性羞恥でゾクゾクする等身大の青春があります。異常で普遍的な「青春映画」です。

●三年食太郎:大食いYouTuber
現実と非現実。
今時の女の子2人のリアルな日常生活の中に、当たり前に存在する「殺し」がまさにこちらの価値観を覆してくれる。
女性「なのに」かっこいい。「なのに」という言葉はこの映画では通用しない。
見終わったあとは、私も殺し屋やりたいなあと思えるほどその世界観に魅了され、憧れた。
社会には適合できないかもしれないが殺しは一流。
大人としてはまだまだ未熟な2人の成長も見放せない展開となっており、
「オモテ」と「ウラ」の顔、まるで別人のような2人が、最高にかっこよかった。
コミュ障、社会不適合者、そんなワードが散り込められた現代女子の2人が、「殺し屋」としてポップに、
そしてクールに描かれた最高に凶器的な映画でした。

●城戸:ライター
高校を出たての殺し屋2人組が闇組織の方針に則り社会生活を学びながらリベラルヤクザと戦いを繰り広げるというお話が荒唐無稽に思えないほどこの主人公コンビのモラトリアムには身に覚えがあって、
そんな彼女たちが急に人を殺し始めるからビックリするが、殺し屋だからってクールに気取ることもなく一般社会と対等に向き合おうともがく彼女たちへの賛歌として与えられるクライマックスの一大アクションに感じる高揚、愛、ああ生きている!

●人間食べ食べカエル:人喰いツイッタラー
これまで殺しメインで生きてきた少女2人が、普通の社会生活に悩むもどかしさと微笑ましさ。
そんな日常の中に、園村健介氏が振り付ける壮絶タクティカルアクションが映えること映えること!
クライマックスのバトルはマジで今年最高のベストバウト!そのあまりの手数の多さに圧倒されっぱなし!!
今までにない語り口で魅せる、新たなる傑作殺し屋ムービーが誕生した。

映画『ベイビーわるきゅーれ』

INTRODUCTION
女性とて侮れない、本格的なアクションシーンと、今の時代ならではの、若い世代の考え方や価値観が散りばめられた物語の、新しい映画が誕生した!
主演は、舞台「鬼滅の刃」の竈門禰豆子役で最注目の髙石あかりと、女性スタントアクションの異端児・伊澤彩織。殺し屋としてのアクションシーンが見所なのはもちろんのこと、社会不適合者としての私生活部分では、オフビートのコメディセンスも発揮している。アクション監督は、『THE NEXT GENERATION パトレイバー』シリーズやジャパンアクションアワード2014でベストアクション作品賞他三部門を受賞した『BUSHIDO MAN』の園村健介。

主題歌はKYONOによる「STAY GLOW feat.TAKUMA (10-FEET)」。そして挿入歌「らぐなろっく~ベイビーわるきゅーれ~」では、本作の主演を務める髙石あかりと伊澤彩織がオリジナルソングで歌声を披露!そしてなんと、feat.として、YouTube総再生数426,023,107 回視聴、チャンネル登録者数127万人と、ビートボックスで国内外で人気を博すDaichiが参加!この映画にふさわしい、等身大の女子たちの歌声と、今作の監督である阪元裕吾による作詞協力も話題になること必至。

あらすじ
女子高生殺し屋2人組のちさととまひろは、高校卒業を前に途方に暮れていた・・・。
明日から“オモテの顔”としての“社会人”をしなければならない。組織に委託された人殺し以外、何もしてこなかった彼女たち。
突然社会に適合しなければならなくなり、公共料金の支払い、年金、税金、バイトなど
社会の公的業務や人間関係や理不尽に日々を揉まれていく。
さらに2人は組織からルームシェアを命じられ、コミュ障のまひろは、バイトもそつなくこなすちさとに嫉妬し、2人の仲も徐々に険悪に。
そんな中でも殺し屋の仕事は忙しく、さらにはヤクザから恨みを買って面倒なことに巻き込まれちゃってさあ大変。
そんな日々を送る2人が、「ああ大人になるって、こういうことなのかなあ」とか思ったり、思わなかったりする、成長したり、成長しなかったりする物語である。

髙石あかり  伊澤彩織
三元雅芸 秋谷百音 うえきやサトシ 福島雪菜 / 本宮泰風
水石亜飛夢  辻凪子 飛永翼(ラバーガール) 大水洋介(ラバーガール) 仁科貴

監督・脚本:阪元裕吾
アクション監督:園村健介
音楽:SUPA LOVE
主題歌:KYONO「STAY GLOW feat.TAKUMA (10-FEET)」
挿入歌:髙石あかり×伊澤彩織「らぐなろっく ~ベイビーわるきゅーれ~ feat. Daichi」
エグゼクティブプロデューサー:鈴木祐介 プロデューサー:角田陸、後藤剛
音楽プロデューサー:松原憲 撮影・照明:伊集守忠
美術・装飾:岩崎未来 録音:五十嵐猛吏 スタイリスト:入山浩章 ヘアメイク:赤井瑞希 編集:阪元裕吾
CG・エフェクト:若松みゆき 音響効果:吉田篤史 演出補:工藤渉 制作:吉田浩太
「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会(TOKYO CALLING/ライツキューブ/SUPA LOVE/渋谷プロダクション)
制作プロダクション:シャイカー 配給:渋谷プロダクション
©2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会
95分/DCP/ビスタ/ステレオ
公式サイト:https://babywalkure.com/
公式ツイッター:https://twitter.com/babywalkure2021

7月30日(金)テアトル新宿ほか全国順次公開

ベイビーわるきゅーれ

ベイビーわるきゅーれ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA