• HOME
  • News
  • 映画
  • 海外からも配給権オファー多数の映画『青葉家のテーブル』西田尚美×市川実和子 特別インタビュー映像公開
青葉家のテーブル

海外からも配給権オファー多数の映画『青葉家のテーブル』西田尚美×市川実和子 特別インタビュー映像公開

『青葉家のテーブル』(6/18公開)より、主人公 ・春子役の西田尚美と知世役の市川実和子のインタビュー映像が公開された。

90年代、モデルとして第一線で活躍し今も根強い人気を誇る二人の2ショット姿はまさに眼福。「北欧、暮らしの道具店」の店長であり、お二人と同世代の佐藤友子さんがインタビュアーを務め、幼馴染同士がおしゃべりをするような柔らかい雰囲気の中でインタビューが実施された。

作品の中で20年ぶりに再会した春子と知世のように、お互いを1990年代の空気を一緒に味わった“同志“であり、この二人だったからこその関係性を作品にも滲み出すことができたと語る二人からはお互いに全幅の信頼を寄せ合っている様子が伺える。
劇中の春子による「至って至って、今の私たちじゃん」というセリフにちなみ、お二人の若い頃について質問が及ぶと、西田は上京したてで原宿に通い詰め、かつては、東京にいるために就活もしたと回顧。
市川はノストラダムスの大予言で世の中が暗かった頃の若気の至りを告白し、「あの頃の自分に声をかけてあげたい」と懐かしむ。その他、春子役を通じて「年を経て、また始めてもいいんだよ」と背中を押してもらえたと話す西田の本作への思いや、市川が映像作品から離れていた5年間で変わった思い、『青葉家のテーブル』への出演を決めた理由などたっぷり話を伺った。

インタビュー動画

そして、インタビュー映像の公開を記念し、西田尚美と市川実和子のメイキング写真も解禁。スタッフの説明に真剣に耳を傾けているピンクのシャツとエプロンが鮮やかな市川と、クランクアップの花束を受け取り、別れを惜しむように監督と話し込む西田の貴重なカットが到着した。

青葉家のテーブル

西田尚美メイキングカット

青葉家のテーブル

市川実和子メイキングカット


なお、本作は、現在開催中のハワイ国際映画祭ではワールドプレミア上映を実施。台湾、香港、中国、韓国、スウェーデンなど、世界各国から問い合わせがあり、現在映画祭や現地の配給権の交渉が行われている。

映画『青葉家のテーブル』

INTRODUCTION
「フィットする暮らし、つくろう。」をテーマに日々の暮らしに寄り添った様々なコンテンツを発信する「北欧、暮らしの道具店」。
2018年4月より「北欧、暮らしの道具店」から配信が始まり600万回以上再生された短編ドラマ「青葉家のテーブル」の長編映画化。
映画『青葉家のテーブル』は、ドラマ版から引き続き、ドラマ「半沢直樹」「にじいろカルテ」への出演も話題となり、後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」も控えている西田尚美が主人公の青葉春子を演じる。

STORY
シングルマザーの春子(西田尚美)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達めいこ(久保陽香)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家。
夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来た。
そんな優子の母・知世(市川実和子)は、ちょっとした”有名人”。知世とは20年来の友人であるはずの春子だが、どうしようもなく気まずい過去があり…。

出演:西田尚美、市川実和子、栗林藍希、寄川歌太、忍成修吾、久保陽香
上原実矩、細田佳央太、鎌田らい樹、大友一生、芦川誠、中野周平(蛙亭)、片桐仁
監督:松本壮史
エグゼクティブプロデューサー:佐藤友子(「北欧、暮らしの道具店」店長)
プロデューサー:杉山弘樹
企画・製作:北欧、暮らしの道具店
製作プロデュース:THINKR
制作協力:株式会社ギークピクチュアズ
配給:エレファントハウス
(C)2021 Kurashicom inc.
公式サイト:https://hokuohkurashi.com/note/162688

予告編(ロングVer.)

6月18日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国順次公開

青葉家のテーブル

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA