• HOME
  • News
  • 映画
  • 小林啓⼀監督の原点『ももいろそらを』が“カラー版”としてスクリーンに帰ってくる
ももいろそらを カラー版

小林啓⼀監督の原点『ももいろそらを』が“カラー版”としてスクリーンに帰ってくる

『ぼんとリンちゃん』 (2014))、『逆光の頃』(2017)、『殺さない彼と死なない彼女』(2019)と、⼀貫して思春期の少年少女たちの心の機微を静溢な映像美と共にすくい上げてきた名手・小林啓⼀監督。そんな監督の原点である2011年のデビュー作『ももいろそらを』が[カラー版]となり、2021年6月18日(金)渋谷シネクイント ほか全国順次公開されることが決定した。

オリジナル版の『ももいろそらを』は、“未来からみた今”をコンセプトに、移ろいやすい高校生の日常を淡いモノクロ映像で描いた異色の青春映画。
第50回ヒホン国際映画祭 グランプリ受賞、第24回(2011年)東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門 作品賞受賞、サンダンス映画祭2012ワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門正式出品、第41回ロッテルダム国際映画祭ブライトフーチャー部門 正式出品など、世界14カ国、20に及ぶ映画祭で絶賛。
10年の時を経てのカラー版公開決定にあたり、小林啓⼀監督、主演・池田愛さんからのコメントが到着。
さらに公開を記念し、渋谷シネクイントでは「小林啓⼀監督 特集上映」を開催! カラー版と『ももいろそらを (オリジナル モノクロ版 / 2011 )をはじめ、『ぼんとリンちゃん』、『逆光の頃』、『殺さない彼と死なない彼女』の全5作品を、6月18日(金)から7月8日(木)の3週間限定で⼀挙上映する。

予告編

コメント

●小林啓⼀(監督)
東京国際映画祭で賞をいただいてから、ちょうど⼗年が経ちました。
カラー版の制作は、その節目で素材を整理していた事がきっかけです。
改めてカラーで編集した素材を見直してみると、登場人物たちが実に生き生きとしており、被写体との距離感がぐっと縮まったように感じました。
何より、僕自身の映画への憧れがいっぱいに詰まっていました。
⼗年という月日が経ち、少しこなれてきた自分が叱咤されているような、そんな気分にもなりました。
カラー版は、当時モノクロで表現し「未来からみた今」というコンセプトを外し、「色褪せない今」をコンセプトにグレーディングをし直しました。
⼗年前はモノクロで現在はカラーという少し説明しづらい不思議な感覚を、皆様に味わっていただけたら幸いです。

●池田 愛(川島いづみ役)
約10年前の出演作なので、当時は本当に演技経験も未熟で責任感と根拠のない自信だけで突き進んでいたありのままの姿が正に主人公と重なって、演じると言うよりほぼ等身大の私でした。
主人公川島いづみのとある記憶としてのモノクロ映像から、時を経てカラー版の映像になることでリアルさがプラスされたパワーアップバージョンとしてお楽しみいただけたら幸いです。
今時の高校生だけどちょっと変わった登場人物たちそれぞれの正義感や世間に対する思いなど、現実に⼀生懸命に自己流で向き合おうと頑張る青春時代の物語です。

映画『ももいろそらを カラー版』

監督・脚本・撮影:小林啓⼀
出演:池田愛 小篠恵奈 藤原令子 高山翼 / 桃月庵白酒
制作担当:松嶋 翔 録音:日高成幸
制作協力:フルモテルモ 製作:マイケルギオン
2020年製作/113分/2chステレオ/ビスタサイズ
(C)2020 michaelgion inc. All Rights Reserved
宣伝:平井万里子 配給:フルモテルモ
公式サイト:www.pinksky-color.com

6月18日(金)渋谷シネクイント ほか全国順次公開!

『ももいろそらを カラー版』公開記念・小林啓一監督特集上映
会期:2021年6月18日(金)~ 2021年7月8日(着)
会場:シネクイント CINE QUINTO 東京都渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル
鑑賞料金:1,200円均一 ※『ももいろそらを カラー版』は通常料金。
公式HP:https://www.cinequinto.com/shibuya/

ももいろそらを カラー版

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA