君と世界が終わる日に

「君と世界が終わる日に」Season 2 第4話場面写真解禁

主演・竹内涼真、共演・中条あやみの日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ「君と世界が終わる日に」Season 2 第4話の場面写真解禁。

第3話では、“生ける屍”=ゴーレムの増殖を抑える薬を求めて響(竹内涼真)が1人福島へと旅立つ一方、シェルターに残された来美(中条あやみ)は、自分に苛立ちながらも必死に記憶を取り戻そうと、もがいていた。
そんな矢先、シェルター内で再びゴーレムが発生。猿ノ島にも大量のゴーレムが現れ、人々に襲い掛かる。

続く第4話では、猿ノ島がゴーレムの大群で全滅したというショッキングなニュースが入る。
さらにシェルターでは人々の対立が表面化。備蓄が不足したため避難民への風当たりが強くなり、差別がエスカレートしていく。そんな中、秋吉の作った新たなルールに従って、家族を装いシェルターに身を寄せる“偽家族”の甲本(マキタスポーツ)、紹子(安藤玉恵)らは、あるトラブルをきっかけに嘘がばれてしまい、シェルター追放の危機に瀕する。さらに、結月(横溝菜帆)が事故に巻き込まれて重傷を負ってしまい――

そして、医者として人々の命を守ろうと奔走する来美は、秋吉(本郷奏多)がついた“ある嘘”のおかげでシェルターに残ることができた。
記憶をなくしている上に感染者という立場で周囲から孤立する来美と、シェルターの仲間を導くリーダーという役割に苦悩する秋吉。お互いに孤独を抱える二人は、急接近し――!?

一方、来美のために一人で福島へ旅立った響の運命もまた、大きく狂い始める――

第4話は、4月11日(日)0:00~配信開始。

■Season2 第4話あらすじ

婚約者だという秋吉(本郷奏多)の嘘のおかげでシェルターに残れることになった来美(中条あやみ)。
しかし、リーダーとして苦悩する秋吉は、つい来美にきつくあたってしまう。お互いに孤独を抱える二人だが……。そんな中、猿ノ島がゴーレムの大群で全滅したというニュースが入る。島に残った仲間を心配する一同。さらにシェルターでは備蓄が不足し、避難民への風当たりが強くなる。等々力(笠松将)と佳奈恵(飯豊まりえ)は、自ら調達組に志願し危険なシェルターの外へ。一方、家族を装いシェルターに身を寄せる甲本(マキタスポーツ)、紹子(安藤玉恵)たちは、あるトラブルをきっかけに嘘がばれ、シェルター追放の危機に!そんな時、結月(横溝菜帆)が事故に巻き込まれて……。そして、福島へ旅立った響(竹内涼真)の運命もまた、大きく狂い始める!

「君と世界が終わる日に」Season 2

イントロダクション
「こちらはシェルター『希望の家』。
生存者を探している。繰り返す――」

ゴーレムに占拠された世界で、生き延びる人々。
絶望の中で、彼らは、誰を愛し、何を信じるのか?

この終末世界に、新たなコミュニティが発見される。
その名も、シェルター『希望の家』。

豊富な食料。備えられた自家発電。自給自足で生活する人々…。
栄えた文明を持つ彼らの正体とは?
そして、生存者を探す目的は――?
新たなコミュニティは、敵となるか?味方となるか?

“×印”の付いたゴーレムの謎…。
人為的に付けられたその傷から感じる凶暴性。
新たな脅威がすぐそこまで来ている――!

“究極の人間ドラマ”は次のステージへ!

取り戻せ。奪われた日常を、そしてあの日の約束を。
いよいよ人類の反撃が始まる――。

地上波を超える衝撃に震える、極限のゾンビサバイバル待望のSeason2!

出演:
竹内涼真 中条あやみ
笠松将 飯豊まりえ
マキタスポーツ 安藤玉恵 玄理 浅香航大 小久保寿人 田中道人 キム・ジェヒョン
横溝菜帆 田中奏生 真魚 三浦獠太 宇野祥平 濱田マリ 小市慢太郎 木村了
吉沢悠 本郷奏多

脚本:池田奈津子
音楽:Slavomir Kowalewski A-bee
制作:福士睦 長澤一史
チーフプロデューサー:加藤正俊 茶ノ前香
プロデューサー:鈴木亜希乃 高橋浩史 伊藤裕史
協力プロデューサー:白石香織
演出:菅原伸太郎 中茎強 久保田充 山田信義
制作協力:日本テレビ 日テレ アックスオン
製作著作:HJ Holdings, Inc.
放送枠:Season1(全10話):Huluにて全話独占配信中
Season2(全6話):Huluにて独占配信 毎週日曜0時 最新話配信開始
番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/
Twitter:@kimiseka_ntv
Instagram:@kimiseka_ntv

「君と世界が終わる日に」Season 2 90秒予告編映像

「君と世界が終わる日に」Season 2

ビジュアル第二弾

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA