• HOME
  • News
  • 映画
  • 西加奈子・藤原季節・大野いとらの絶賛コメントが到着。主演・福田麻由子 映画『グッドバイ』
グッドバイ

西加奈子・藤原季節・大野いとらの絶賛コメントが到着。主演・福田麻由子 映画『グッドバイ』

4/3(土)より公開の映画『グッドバイ』に西加奈子・藤原季節・大野いとらの絶賛コメントが到着致した。さらに新予告編も解禁。

本作は是枝裕和監督の元で映像制作を学んだ宮崎彩監督が、福田麻由子を主演に迎え、少女から大人に変わりゆく主人公の視点から家族の変容と決別をほろ苦く描き出したヒューマンドラマ。
主人公のさくらに「女王の教室」「白夜行」などで子役として非凡な才能を発揮し、近年ではNHK 連続テレビ小説「スカーレット」『蒲田前奏曲』などで深みを増した演技を見せる福田麻由子。娘から女性に変わりゆく役柄を繊細に演じ切った。
監督・脚本は是枝裕和監督の元で映像制作を学び、本作が初長編監督作となる弱冠25歳の新鋭・宮崎彩。 日常の機微を積み重ねた丁寧な演出で、ゆっくりと、しかし確実に変わりゆく家族の姿を優しく、せつなさを込めて浮き彫りにした。

■新予告編

保育園で働き始めたさくら(福田)が園児の保護者である、新藤に離れて暮らす父の姿を重ね、やがて彼女はかつての父親に関する“ある記憶”を思い出すまでが杉本佳一による儚く美しい音楽とともに綴られる。
「知らないほど、近くおもう。」というコピーも印象的だ。

■著名人からの絶賛コメント

公開を前に、本作をいち早く観賞した著名人から絶賛コメントが到着した。
作家の西加奈子は「言えなかった言葉や、飲み込んだ思いが、画面のあちこちで光っていた。映画が終わっても、その光は消えなかった。」、俳優の藤原季節は「監督の個人的な思いを感じて、他人の家を覗き見しているようで引き込まれた。 」と賛辞を送る。また、主演の福田と親交の深い大野いとも「さくらは何と“グッドバイ”したのか、この映画の66分間がとても濃厚で、見終えた今でも考えています」とコメントを寄せる。
他にる鹿(モデル/シンガー)、前田エマ(モデル)、暉峻創三(映画批評家/大阪アジアン映画祭プログラミング・ディレクター)からコメントからが到着している。

●西加奈子(作家)
言えなかった言葉や、飲み込んだ思いが、画面のあちこちで光っていた。
映画が終わっても、その光は消えなかった。

●藤原季節(俳優)
映画には作る人の思いが映っていて欲しい。感情の原点はどこにあるのか。特にさくらの家族のシーンでは監督の個人的な思いを感じて、他人の家を覗き見しているようで引き込まれた。現実にはロマンや夢よりもまず生活や生息があり、しかしまず存在そのものが気高く孤高なものなんだとさくらが教えてくれた。
あのラストカットのように、他人は簡単に届かない場所で生きている。

●大野いと(女優)
見る前から何がグッドバイなんだろうと気になっていました。
さくらは何と”グッドバイ”したのか、この映画の66分間がとても濃厚で、見終えた今でも考えています。
何気ないと誰もが思う日常がリアルな空間で映し出されているのに、そこには全く何気なくない大切な過去や瞬間があることを感じることができました。
さくらと桜、保育園の子供たち、食卓、出てくる物への愛情が画面越しに伝わってきて心に残る映画になりました。

●る鹿(モデル/シンガー)
淡々と日常を見せるようにみえますが
映像の構図とシーンの切り替えがとても綺麗で、
複雑な感情を少ないセリフに絞ってとてもシンプルな表現が心に沁みました。
見せない美学もあるっていうのを感じました。
見る人それぞれが違う捉え方ができたんじゃないかなって思います。
特に結末の展開に驚きました。
余韻を楽しめる作品です。

●前田エマ(モデル)
「舌」と「匂い」が、私の中にもある。
そしてそれが、私にとっての“家族”だ。
この映画を観てそのことを再確認し、嬉しくなりました。

●暉峻創三(映画批評家/大阪アジアン映画祭プログラミング・ディレクター)
桜咲く季節をたゆたうヒロインのどんな時間を切り取って見せるかに関する、監督・宮崎彩のきらめく才気。
これを見ずして俳優・福田麻由子は語れないと断言できる、静謐にして熱と悲しみを内に秘めた圧巻の演技。春、必見の一作だ。

関連記事

映画『グッドバイ』

少女から大人に変わりゆく主人公の視点から、家族の変容と決別をほろ苦く描く

STORY
……郊外の住宅地、その一角にある上埜家。さくらは母親と二人で暮らしている。
仕事を辞めたさくらは、友人の頼みから保育園で一時的に働くことに。そこで園児の保護者である、新藤と出会う。やがて彼に、幼い頃から離れて暮らす父の姿を重ねるようになるさくら。
ある晩、新藤家で夕飯を作ることになった彼女は、かつての父親に関する“ある記憶”を思い出す。一方、古くなった家を手離すことに決めた母。
桜舞う春、久しぶりに父が帰ってくる──。

福田麻由子 小林麻子 池上幸平 井桁弘恵 佐倉星 彩衣 吉家章人
監督・脚本・編集:宮崎彩
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト 共同配給:ミカタ・エンタテインメント
(C)AyaMIYAZAKI
公式サイト:www.goodbye-film.com
公式Twitter:@Goodbye_film

4月3日より渋谷ユーロスペースほか全国順次ロードショー

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA