連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃

主演・竹野内豊「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」予告編&オールキャスト情報解禁

竹野内豊主演「連続ドラマW 東野圭吾さまよう刃」(5/15放送開始)のポスタービジュアル、予告編映像が解禁。合わせてオールキャストも発表された。

解禁されたポスタービジュアルは、登場人物たちの「怒り」「悲しみ」「悔やみ」「迷い」などの心の揺れ動きを表現。成人年齢の引き下げ、少年法改正案の提出で未成年を取り巻く環境に注目が集まる中、矛先を求めてさまよい続ける、“罪と罰の刃”をセンセーショナルに印象付けるポスタ一に仕上がった。

連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃

ポスタービジュアル

■オールキャスト情報

そしてこの度、竹野内演じる“哀しき復讐者”長峰の“包囲網”となる「刑事」「マスコミ」「事件関係者」を演じるキャスト陣が決定した。
逃亡する長峰を指揮官として“追う”捜査一課刑事・久塚耕三役は国村隼。経験豊富で冷静な久塚は、過去のある経験から少年法の在り方に疑問を持っている役どころ。
さらに娘を持つ父親として長峰に共感にも似た思いを抱く若手刑事・織部孝史役は三浦貴大。2009年公開の本作の映画版で竹野内も演じた織部を三浦がどう演じるかに注目だ。
そんな2人と捜査にあたる昔気質の刑事・真野寛治役に古舘寛治、世間を騒がせるために事件を、“利用”し、なりふり構わぬ取材でセンセーショナルに書き立てる週刊誌記者・小田切ゆかり役に瀧内公美が決定。
また、事件に“翻弄される”側、石田演じる和佳子の父で長峰の犯行に手を貸す娘に苦悩する木島隆明役を本田博太郎が、事件に加担してしまったことを機に、警察の捜査、そして長峰の復讐劇に大きな影響を与える少年・中井誠役を井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)が演じる。

■予告編

そんなキャスト陣の熱演が感じられる予告映像も公開。少年犯罪をめぐり、さまざまな立場の人間たちの“罪と罰”への思いが交錯する、サスペンスフルでありながら、切なく、繊細な人間ドラマに期待だ。

予告編

「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」

ストーリー
社会や法律、すべてを敵に回してでも家族のために復讐を果たす…長峰重樹(竹野内豊)は妻を亡くしたのち、男手ひとつで一人娘・絵摩を高校生になるまで育ててきた。時折、喧嘩こそすれ、父娘は互いに支え合いながらつつましく生きてきた。
ところが、ある夜、絵摩がバイト先から戻らず、やがて凄惨な遺体で発見された。数日後、悲しみに暮れる長峰のもとに、犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってくる。逡巡の末、教えられたアパートへ向かい部屋を物色すると、そこには絵摩があまりにもむごい手段で殺されていく様を捉えた映像が残されていた。帰宅した犯人の一人・アツヤを思わず殺害してしまった長峰は、主犯のカイジを追う。カイジやアツヤは、現行法上はまだ死刑は適用されない「少年」。父の行動は、是か非か。世論を二分する長峰の逃亡復讐劇が始まった。

<スタッフ・キャスト>
原作:東野圭吾『さまよう刃』(角川文庫刊)
脚本:吉田紀子(「東野圭吾 片想い」、「東野圭吾 ダイイング・アイ」)
音楽:髙位妃楊子(映画『岬の兄妹』 )
監督:片山慎三(映画『岬の兄妹』、『そこにいた男』)
プロデューサー:井上衛 渡邉浩仁
制作協力:AX-ON
製作著作:WOWOW
出演:竹野内豊 石田ゆり子 三浦貴大 古舘寛治 瀧内公美 井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)本田博太郎 /國村隼
【番組特設サイト】 https://www.wowow.co.jp/drama/original/samayou/

5月15日スタート(全6話)毎週土曜よる10時放送・配信【第1話無料放送】

【WOWOWオンデマンド】
2021年1月13日 (水)にWOWOWオンデマンドがスタート。BS視聴環境が整っていなくても、インターネット環境があればWEB上で加入することが出来るようになる。
これにより、放送と配信の垣根が消え、TVでもスマホでもWOWOWのサービスが気軽に利用できる。合わせて、放送同時配信、ライブ配信、アーカイブ配信、オンデマンド限定配信コンテンツなど多様な配信サービスを利用できる。
これに伴い、オリジナルコンテンツの配信も強化。オンデマンド専用コンテンツなど充実させていく。オリジナルドラマや海外ドラマの一挙配信、スポーツ中継での複数コート同時ライブ配信や関連番組の配信などWOWOWならではの楽しみ方を提供する。さらに、配信加入ルートにおいては申し込み月内であればいつでも解約可能となる無料トライアルを開始。WOWOWのコンテンツに今まで触れたことのない方でも、気軽にWOWOWを体験できるようになる。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA