ラクスル

のんが初めての印刷工場にワクワク!ラクスル新CM3篇公開。インタビューも到着

ラクスル株式会社は、女優・創作あーちすと のんを起用した新たなTVCM「納品日指定」篇、「アイテム拡大」篇、「都度印刷」篇を 2月13日(土)より全国で順次放映する。

のんは、2019年よりラクスルのイメージキャラクターとしてTV CMに出演中。ラクスルは、“仕組を変えれば、世界はもっと良くなる”というヴィジョンの元、伝統産業にインターネットの力を活用し、プラットフォームを通じてそのバリューチェーンや産業構造の在り方を変えていくビジネスに取り組んでいる。
前回のテレビCMシリーズは、ラクスルの魅力を「安い!早い!ラク!」とのんが叫ぶシリーズだったが、今回は新たに進化するラクスルを表現するため、ラクスルの提携先の印刷工場が舞台となった。
本シリーズでは、ラクスルのさらなる進化をのんが実際の印刷工場に探しに訪れて、魅力的に説明する。

新CM

ラクスル

■CM動画

●納品日指定篇

臨場感あふれる印刷機とともに、ラクスルが納品日を指定できるようになったことを訴求。

CMストーリー
CMの舞台は実際の印刷工場。輪転機が絶え間なく動き、次々と印刷されていく様子を背景に、新たに納品日の指定ができるようになったことを伝える。
「ご存じですかー」と元気よく、工場内を歩くのん。「ラクスルが新たに納品日の指定ができるようになって、ビジネスでも安心」という説明とともに、カメラが寄ると、「すごい!ナイス進化」とい力強い目線でポーズ。
そして最後の決め台詞は、「ラクスルなら、安い!早い!ラク!は当たり前。ラクスルにスイッチ!」。のんがおなじみのスイッチポーズで、可愛さも交えながら魅力をアピール。臨場感たっぷりに印刷機の音も織り交ぜながら、ラクスル進化を、のんがパワフルに表現する姿が見どころだ。

●アイテム拡大篇A&B

今や3000種類以上のアイテムを展開するノベルティグッズを、のん考案の直筆キャラクターやイラスト作品と共に紹介。

●都度印刷篇

工場の倉庫で、必要な時に必要な分だけ印刷できることを、のんが躍動感たっぷりに説明。

■撮影秘話

初めて工場を訪れたのん。好奇心旺盛にキョロキョロと目線を動かし、ワクワクされながら撮影がスタートした。
その日の最高気温は8度、最低気温は−2.8度。倉庫のシーンは、野外とほぼ同じ気温のため震えるほど寒かったが、のんはスーツ1枚にも関わらず、少しも寒い様子は見せることなく、テンション高く、早口のセリフを何パターンも熱演した。
早口でセリフを説明するシーンが多い中、監督と楽しく相談しながら、見ている側に伝わるようにと、声の高さを毎テイクごとに変え、テンションを高く保って楽しんでいる様子が印象的だった。
また、「今回のCMは工場のロケなので、よりラクスルの仕事場の温かみを感じられそうですよね。」と感想をいただくなど、非常にアットホームな撮影現場となった。

■のんインタビュー

のん

のん

-これまでラクスルの印刷の良さをCMで訴求されていましたが、実際に工場に来てみていかがでしたか

のん
工場で印刷される機械や仕事をされている方達を実際に拝見させていただいて、圧倒されました。
傍目から見ていただけですが、素敵な仕事場でした。 膨大な量の印刷物が出荷されるのを待っていて、ラクスルを信頼して利用してくださっている方達がたくさんいるんだなと実感しました。初めて工場に足を踏み入れたので、とてもワクワクしました。

-今回のCMで特に印象的だったシーンや撮影中のエピソードについて教えてください

のん
印刷の機械のあるシーンが印象深いです。実際に見た事のない印刷機達が並んでいて、面白かったです。印刷が終わると流れてくる曲に和みました。

-ノベルティのアイテムが今回とても増えました。ご自身でオリジナルで作ってみたいものはありますか?また、どんなデザインで作りたいですか。

のん
グラスを作ってみたいです。水彩画をプリントしてガラスに溶け込んだ透明感あるプリントにしたいです。
あと、ジュートコットントートバッグを作ってみたい!線画の花の絵をプリントしたいです。

-今後の商品開発の参考に、現在ないもので、のんさんがオリジナルで作ってみたいものについて教えてください。

のん
キャンバス地の斜めがけバック。私は斜めがけのバックをよく使うので、斜めがけを作ってみたいです。

-今回は、ラクスルの印刷の進化についてを語るCMストーリーとなっております。ラクスルのCMは「既に3年目になりますが、ラクスルのCMにおけるのんさんとしての進化や心がけていることについて教えてください。

のん
ラクスルのCMに臨む時は、とにかくテンションを上げておく事を大事にしています!ラクスル紹介のセリフを一瞬で一声で画面の向こうにいる皆様に届くように思い切って高めのテンションに持っていきます。今回は、カラフルなスーツの衣装にパワーアップしていたので、テンション高めにしつつも、どっしりと構えた自信が見えるようにと演出を受け、意識して臨みました。

-多方面でご活躍されており、ご活躍の幅を広げていらっしゃるのを拝見する中で、まさに進化しつづける方だと思います。ご自身の進化についてはどうお考えですか?今後より進化していきたい部分について教えてください。

のん
私は好奇心旺盛なので、新しい挑戦を見つけるとすぐに飛び付きます。その中で出来る自分の表現を追求する内に、自分自身の中にも新しい発見があるので悩みながらも楽しんで挑んでいます。自分が見ている理想が高いので挑戦する度に次こそは…!という気持ちになるので、どんどん進化していきたいなと思っています。
今後は、もっと演技の表現も磨いていきたいですし、自分が作るもので人の心に触れることができたら良いなと思っています。今年は28歳、かっこよく進化していきたいな〜と思います。

-ずばり、のんさんにとって「進化」とは?

のん
喜び!自分自身を焚き付けて、今までに見たことなかった表現が出来た時は、これ以上ない喜びです。
自分が進化したのを感じられる時って中々ない。条件があるから進化するわけでもない。今まで頑張ってきたからこの表現に辿り着いたんだ!と思える、最高の瞬間です。

■CMカット

●納品日指定篇

●アイテム拡大篇

●都度印刷

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA