• HOME
  • News
  • 映画
  • のん主演実写映画『星屑の町』、東北先行上映舞台挨拶 開催決定
星屑の町

のん主演実写映画『星屑の町』、東北先行上映舞台挨拶 開催決定

ラサール石井ら「星屑の会」によって平成6年以来、25年間愛され続けてシリーズ7作品にも及ぶ大人気舞台「星屑の町」の劇場映画『星屑の町』。3月6日の公開に向けて、ロケ地となった岩手県・久慈市の他、東北地方での先行上映舞台挨拶が決定した。

映画『星屑の町』は、1994年から25年に亘って愛され続けた舞台「星屑の町」シリーズ(全7作)が、メインメンバー変わらず、ヒロインにのんを迎えて 、遂に 映画化されたもの。3月6日からの全国ロードショーに先駆けて、1月27日にテアトル新宿での完成披露上映会、そして2月23日、24日には東北先行上映舞台挨拶が開催される。

星屑の町

東北先行上映舞台挨拶

2月23日(日)
会場:イオンシネマ名取
会場:フォーラム盛岡
作品公式サイト

2月24日(月・祝)
会場:フォーラム八戸(2回)
作品公式サイト

2月24日(月・祝)
会場:久慈市文化会館 アンバーホール 小ホール(2回)
久慈市役所サイトまで。

時代を超えて復活!昭和歌謡の名曲たち

「恋の季節」「宗右衛門町ブルース」「ほんきかしら」「新宿の女」「中の島ブルース」など、聴けば誰もが耳にしたことのある昭和歌謡が、本作では続々と登場する。
歌から生きる元気・勇気をもらった昭和という時代。その次代を彩った名曲が、令和に蘇る。さらに、「山田修とハローナイツ」として、96年発売の「MISS YOU」、オリジナル楽曲「シャボン玉」にも注目だ。

のん、6年ぶりに銀幕復活

のんにとって、実写映画として銀幕に登場するのは、2014年の『海月姫』以来となる本作。
ヒロインとして登場するのんは、『マイ・フェア・レディ』のイライザの如く、田舎娘がやがて大輪の花を咲かせるまでの返信を見事に演じる。
自身、KAIWA(RE)CORDでの音楽活動を続けているとおり、のんの歌の実力がそのまま本作に生かされている。吹替えナシの透き通る歌声で、妖艶さと軽快さを見事に歌い分け、そして、のんの60年代を意識した衣装の七変化も見逃せない作品となっている。

『星屑の町』撮影現場レポート

映画『星屑の町』は、2019年5月に都内や東北地方などでロケが行われている。下記リンクは、東京都・台東区で行われた撮影現場レポート記事。

映画『星屑の町』

《物語》
「山田修とハローナイツ」。大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹(ラサール石井)と込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾(大平サブロー)をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫(でんでん)は、ハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋と4人の子どもを女房にまかせてメンバーになった。それぞれの事情を抱えながらグループを続けてきたものの、これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城(戸田恵子)等と地方を回りながら、何とか細々と活動を続けている。

そんなある日、山田修の生まれ故郷・東北の田舎町に青年団の誘いに乗って、「山田修とハローナイツ」が歌謡ショーのためにやって来た。待っていたのは、修と遺恨を残す弟の英二(菅原大吉)と青年団員の息子の啓太
(小日向星一)。英二は、スナック経営する美人ママ・久間部浩美(相築あきこ)に、そして、啓太は、浩美の一人娘の愛(のん)に淡い恋心を寄せていた。愛は、母の店を手伝いながら、いつか歌手になることを夢見る田舎娘。その昔、東京でホステスとして働き、歌手にしてあげると騙されて、出戻ってきた苦い過去がある。

ショーの前日。ほろ酔いで浩美の店にやってきた市村が、付き人になれば、愛を歌手にしてやると勢いで言ってしまう。そして翌日、ハローナイツの控室。市村の言葉を信じてやってきた愛だったが、市村の口から出まかせだったことがバレてしまい、すったもんだの末に、オーディションと称し、みんなの前で愛は歌を披露することになる。想像以上に素晴らしい歌声に、あっけにとられて聴き入るメンバーたちは、愛をメンバーに入れる決断をする。しかし、それをみていた英二が、愛の恐ろしい祖父・六造(柄本明)の武勇伝を語り、愛を引き抜くと祖父が黙っていないとたきつけ、話があらぬ方へとこじれていく。
それをきっかけにメンバーの確執が一気に噴出し、天野の独立までもわかってしまい、「今日をもって解散しよう」とリーダーが発表する。が、事態は二転三転、英二と啓太の応援もあり、遂に、愛は、“愛&ハローナイツ”としてハローナイツに加入することなる。すると、あれよあれよの間に人気者となり、スポットライトを浴びるまでになっていく。思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが─。

出演:
大平サブロー ラサール石井 小宮孝泰 渡辺哲 でんでん 有薗芳記
のん / 菅原大吉 / 戸田恵子
小日向星一 相築あきこ 柄本明
原作・脚本:水谷龍二
監督:杉山泰一
製作:「星屑の町」フィルムパートナーズ
配給:東映ビデオ
©2020「星屑の町」フィルムパートナーズ
オフィシャルサイト:hoshikuzu-movie.jp
オフィシャルツイッター:@hoshikuzu_movie

3/6(金) テアトル新宿ほか全国ロードショー
2/21(金) より岩手・青森・秋田・宮城先行公開

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA