• HOME
  • News
  • 映画
  • 「阪神淡路大震災の記憶を語り継ぎ、左手のピアニストを応援する」。映画『にしきたショパン』公開決定
にしきたショパン

「阪神淡路大震災の記憶を語り継ぎ、左手のピアニストを応援する」。映画『にしきたショパン』公開決定

アントワープ国際映画祭審査員賞など国内外の映画祭で受賞した映画『にしきたショパン』が、3月20日より、池袋シネマ・ロサ(東京)、元町映画館(神戸)、シネ・ヌーヴォ(大阪)より全国順次上映されることが決定した。

本作は、「阪神淡路大震災の記憶を語り継ぐ」「左手のピアニストを応援する」、この二つをテーマにした本格ピアノ映画。
ショパンの名曲、沼光絵理佳編曲によるラフマニノフピアノ協奏曲第二番ピアノソロバージョン、近藤浩平作曲による左手のピアノなど全編音楽に満ち溢れ、ピアニストを目指す若き二人の人間ドラマが胸に迫る。監督は、研究技術員として働きながら「週末映画監督」として世界に挑戦してきた女性映画監督、竹本祥乃(よしの)。これが初長編作品でありながら、既に世界からの評価を獲得している。
また、オーディションで選ばれた水田汐音(しおね)が自ら弾くピアノ演奏シーン、中村拳司の葛藤・苦悩を表現する演技力も注目だ。
国際ピアノコンクールシーンで使われる、「のだめカンタービレ」の作編曲・演奏収録を担当した沼光絵理佳編曲によるラフマニノフピアノ協奏曲第二番「にしきたショパン」特別ピアノソロバージョン、近藤浩平作曲による左手のピアノ曲など、全編に音楽の魅力あふれる本格的な音楽映画が完成した。
また、上映初日は、後援団体である一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)主催による「にしきたショパン」上映記念YouTubeライブも配信される。

映画『にしきたショパン』

STORY
凜子と鍵太郎(けんたろう)は、小さい頃からの幼なじみであり、その独特の風貌から達磨先生とよばれる高校音楽教師のピアノの門下生。鍵太郎のピアノの腕は、門下生の中でも常に一番で、作曲もこなす天才肌だ。鍵太郎の大きな手が奏でるラフマニノフは素晴らしく、テクニックでは誰にも負けない実力を持っていた。対して凜子は、ピアノは大好きだが、不器用でコツコツと努力するタイプ。彼女はショパンに憧れていた。
だが、「阪神淡路大震災」そして「局所性ジストニア」というピアニストとしての道を閉ざされかねない大きな試練が二人を襲う。葛藤し、苦悩しながらも二人は「魂に響く音」を追い求めていく。

キャスト:水田汐音 中村拳司
ルナ・ジャネッティ 泉高弘 野々村亜梨沙 楠部知子 とみずみほ(友情出演) 茂木大輔
脚本/編集/監督:竹本祥乃(よしの)
プロデューサー:近藤修平 共同脚本:北村紗代子
音楽スタッフ:左手のピアニスト有馬圭亮(ピアノ) 老田裕子(ソプラノ) 近藤浩平(作曲) 沼光絵理佳(編曲・ピアノ) 松本光史(ピアノ)
制作:株式会社 Office Hassel
(C)2020 Office Hassel
公式サイト:https://office-hassel.com/n-chopin/home

予告編

2021年3月20日(土)より全国順次ロードショー

池袋シネマ・ロサ 3月20日(土)~
シネ・ヌーヴォ 3月20日(土)~  元町映画館 3月20日(土)~
京都みなみ会館 3月26日(金)~  シネ・ピピア 3月26日(金)~

にしきたショパン

FILM FESTIVAL AWARDS
【2020】
ベルギー アントワープ国際映画祭 審査員賞
コソボ 玉座の女神映画祭 長編脚本賞
日本 第十二回映像グランプリ 脚本賞
アメリカ Southeastern International Film Festival セミファイナリスト
【2021】
インド ウルバッティ国際映画祭 ノミネート
スロバキア コシツェマンスリー映画祭 ノミネート
イタリア ミラノ国際映画祭 5 部門ノミネート 2021.1.22(現地時間)Winner発表

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA