• HOME
  • News
  • エンタメ総合・ライフ
  • ロゴは広瀬すず直筆。ポスタービジュアル&フルキャスト&特報解禁「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」
あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-

ロゴは広瀬すず直筆。ポスタービジュアル&フルキャスト&特報解禁「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」

WOWOWで2021年2月27日(土)夜9時にスタートする「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」(全2話)のフルキャスト&ポスタービジュアル、ドラマ初出し特報映像が解禁となった。

あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-

ポスタービジュアル

人との関わりを避け、下宿の部屋で一人ラップのリリック(歌詞)を考えるのが至福の時間である主人公・杏が、これまで触れたことのなかった俳句の世界で個性的な面々と出会い、言葉の力で自分の殻を突き破り、新しい自分へと成長していく物語が表現されている。
また、「俳句×ラップ!? 熱く魂がぶつかり合う“言葉”の青春グラフィティ」というキャッチコピーの通り、ラップのリリックや俳句といったドラマ内で登場する“言葉”が散りばめられており、本作の彩りを感じさせるものとなっている。

そして、なんと今作のタイトルロゴを広瀬自らが直筆。数十通りものパターンが書かれ、珠玉のタイトルロゴが誕生した。
広瀬が演じた杏の想いを乗せ、書き綴られたタイトルは視聴者の心に届くこと間違いない。

さらに、12月21日(月)16時より番組公式サイト(https://www.wowow.co.jp/drama/original/anlyric/)とWOWOW公式YouTubeチャンネルで特報を初公開となった。

特報映像

ドラマW初登場にして初主演を務める広瀬すずが演じる桜木杏。その杏の言葉の才能に気づき、俳句の世界へ引き入れるコピーライターであり俳人の連城昴役を宮沢氷魚が務める。
広瀬演じる杏と宮沢演じる昴の“言葉”を通じて展開される恋模様も注目である。
宮沢はドラマ「コウノドリ」第二シリーズや連続テレビ小説「エール」などに出演、本年開催された第12回TAMA映画祭では出演映画「his」にて最優秀新進男優賞を獲得する等、今注目の若手俳優。
広告代理店に勤める敏腕クリエイティブディレクターであり、昴を俳句×ラップのプロジェクトに巻き込む上司の塔矢ローズゆり役を夏川結衣が務める。
厳しくも温かく、ユーモアのある上司を演じる夏川の演技にも注目だ。昴の俳句の師匠である本宮役を田辺誠一 、昴の良き先輩である神谷役を毎熊克哉 、密かに昴に想いを寄せるすみれ役を安藤ニコが務める。
更に、句会のメンバー・梅天役には落語家の桂雀々、杏を見守る寮母の雪恵役にはふせえり、杏の父親役を荒川良々が務め、杏を取り囲む面々も豪華な顔ぶれとなっている。

今作の放送日時は、WOWOWプライムにて前編を2021年2月27日(土)よる9時、後編を2021年3月6日(土)よる9時から放送。さらに、WOWOWオンデマンドでも配信予定。

●宮沢氷魚 コメント
今回は大手広告代理店に勤めるコピーライターの連城昴を演じさせて頂きました。この作品は俳句とラップを通して言葉の大切さを伝える素敵な作品だと感じています。役作りの一環で事前にキャストで句会を開いて俳句の勉強をしたり、小学生ぶりに俳句を書きました。当時は理解できなかった俳句の奥深さや新しい発見がたくさんありました。今や SNSで言葉が簡単に発信できる時代だからこそ改めて言葉が持っている威力、影響力を再確認する必要があると思います。ぜひ「あんのリリック」を観ていただき、皆さんにも言葉について考えて頂きたいです。

「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」

五・七・五の世界に、無限に広がる情景。
想いを込めて、解き放す言葉たち。
知的好奇心をくすぐる、爽やかなヒューマンドラマに“刮目”あれ!!!

ストーリー
芸大生の桜木杏(広瀬すず)は、友達がいない。日々のささやかな楽しみは、近所の掲示板に貼られている”言葉“を愛でることと、匿名でラップのリリック(歌詞)を作ることである。折しも、何気なく口ずさんだリリックをきっかけに、大手広告代理店勤務の連城昴に声をかけられる。俳人でもある昴は、上司の塔矢ローズゆりから、俳句とラップをテーマにしたプロジェクトチームに引き入られ、この突飛な企画に頭を悩ませていた。昴に丸め込まれた杏は、プロジェクトの手伝いをすることとなる。俳句は知らないし、人間関係も不安だった杏。だが、俳人・本宮鮎彦の句会で個性的な面々と出会い、俳句の世界に惹かれていく。そんな矢先、代理店での打ち合わせに参加した杏は、リリックを提供していた売れっ子ラッパーと鉢合わせてしまう。

原作:堀本裕樹『桜木杏、俳句はじめてみました』(幻冬舎文庫)
監督:文晟豪(映画『五億円のじんせい』)
脚本:荒井修子(NHK「長閑の庭」、NHK「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」)
音楽:Akiyoshi Yasuda(★STAR GUiTAR)
出演:広瀬すず 宮沢氷魚 毎熊克哉 安藤ニコ 桂雀々 ふせえり 荒川良々 / 田辺誠一 夏川結衣
番組特設サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/anlyric//

放送日時:前編:2021年2月27日(土)よる9時、後編:2021年3月6日(土)よる9時
WOWOWプライムにて放送/WOWOWオンデマンドにて配信予定


原作紹介
変わり映えのしない大学生活を送っていた桜木杏は、初めて参加した句会でその楽しさを知る。俳句といっても、五・七・五で季語を入れればいい、くらいしか知らなかった杏だが、触れてみると俳句は作者や詠み手の心を紐解く、深くて自由な世界だった。個性豊かな面々と共に、四季折々の句会で俳句の奥深さを知るとともに、杏は次第に恋心を募らせて……。

桜木杏、俳句はじめてみました

桜木杏、俳句はじめてみました

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA