• HOME
  • News
  • 映画
  • 「JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD」松本動監督作品が長編・短編の両部門Wノミネートの快挙&最優秀作品賞受賞
JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD

「JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD」松本動監督作品が長編・短編の両部門Wノミネートの快挙&最優秀作品賞受賞

松本動監督の長編映画『星に語りて~Starry Sky~』と短編映画『公衆電話』が、「JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD」長編部門と短編部門の両部門にWノミネートの快挙と、『星に語りて~Starry Sky~』が最優秀作品賞受賞を受賞した。

既に加藤雅也主演の短編映画『決着』(上本聡監督)が、映画祭として注目していきたい作品に与えられるスポットライト賞(Spotlight Award)、主演の加藤雅也が最優秀俳優賞(Best Actor’s Award)の二つを受賞した事が発表されていた中、2020年が第一回目となる「JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD」で、全16作品がノミネートされ、初代グランプリの栄冠を勝ち獲ったのが、松本動監督の長編映画『星に語りて~Starry Sky~/ Talking to the Starry Sky』だ。

「JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD」は、ハリウッドのメジャー映画会社で現役として活躍するセレブリティたちと日米協会(1917年に日米両国の有識者たちによって創立された日米民間交流団体)の主催により、2020年からロサンゼルスにて開催されることが決定した映画祭。
本映画祭は昨年の「JAPAN CUTS Hollywood 2019」をさらに発展させ、日本の映画人とハリウッドを文字通り『コネクト=つなげよう』とする目的で発足したもので、昨年はモデルのSHIHOが映画祭アンバサダーを務め、女優の篠原涼子ほか多くのゲストが訪れるなど華やかに開催され、現地でも大きな話題となった。
今後、日米双方で熱い注目を浴びるであろう新進気鋭の映画祭で、アメリカ在住の映画に精通した審査員たちが作品を選出している。

JCH映画祭公式ページ:https://www.japanconnectshollywood.com/
JCH映画祭Facebookページ:https://www.facebook.com/japanConnectsHollywood

JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD

松本動 監督メッセージ
この度は数多くの応募作品の中から、私が監督を務めました『星に語りて~Starry Sky~』を最優秀作品賞に選出して下さり、心より感謝をしております。本当にありがとうございました。この喜びを、関係者みんなで分かち合いたいと思います。
日本国内において、なかなか陽の当たらない所での上映活動が主となっている映画ではありますが、国外では先日開催された『 Japan Film Festival Los Angeles 2020』に続き、海外での映画祭参加が続いており、今後もこの勢いに乗って、この映画で描かれた東日本大震災における知られざる実情を、世界中の方々に知って頂ける機会が増える事を願っております。
そして、私の短篇作品『公衆電話』も同時にノミネート作品に選出していただき、1作品でも嬉しい事ですが、まさか2作品も選んで頂けるなんて、驚きと共に大変光栄に思っております。
短編の『公衆電話』については、国内外の映画祭への参加が50ケ所を超え、これからも世界中の方々にお届け出来る様に尽力してゆく所存です。
COVID-19が蔓延る今、新しい映画祭が産声をあげた事は、映画を愛するすべての人にとって大変意義のある事ですし、その決断をされた映画祭関係者の皆様には、心より敬意を表したいと思います。
素晴らしい第一回目の映画祭となりますよう『JAPAN CONNECTS HOLLYWOOD』のご発展を、心よりお祈り申し上げます。

松本動監督

松本動監督

松本動監督 作品情報

長編部門 ノミネート&最優秀作品賞受賞

『星に語りて~Starry Sky~』(英題:Talking to the Starry Sky)

《物語》2011年3月11日 東日本大震災、障害のある人と、それを支援した人たちの、実話をもとにした知られざる真実の物語。

《スタッフ》 製作統括:西村直、企画:藤井克徳、脚本:山本おさむ、音楽:小林洋平、撮影:鈴木雅也、照明:古橋孝映、録音:西岡正巳、美術:津留啓亮、制作プロダクション:ターゲット、製作:きょうされん、監督:松本動
《キャスト》 要田禎子、螢雪次朗、今谷フトシ、植木紀世彦、枝光利雄、菅井玲、入江崇史、宮川浩明、生島ヒロシ、赤塚真人、他
2019年/DCP/カラー/5.1ch/アメリカンビスタ/115分
(C)きょうされん
公式HP:http://www.kyosaren.or.jp/starrysky/
《劇場公開・映画祭参加歴》
・2019年4月5日 アップリンク吉祥寺公開(3週間)
・第37回日本映画復興賞/復興奨励賞 受賞(2019年度)
・第25回函館港イルミナシオン映画祭/オフィシャルセレクション
・福島映像祭2019/オフィシャルセレクション

特報

短編部門ノミネート

『公衆電話』(英題:PAY PHONE)

《物語》 ごくごく普通の、ごくごくありふれた父娘の、どこにでもありそうな、一夜の小さな物語。

《スタッフ》 撮影:池田直矢、録音:西岡正巳、音楽:鈴木光男、助監督:大滝朋恵、ヘアメイク:清水美穂、衣裳:杉本京加、タイトルデザイン:東かほり、脚本・監督:松本動
《キャスト》 菅井玲、入江崇史、貴玖代
2018年/FullHD/カラー/ステレオ2ch/シネマスコープ/15分47秒
(C)動.MATSUMOTO
《主な受賞歴》
・ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018/ジャパン部門 ベストアクター賞
・24th Kansas City FilmFest International (アメリカ)/最優秀短編映画賞
・第5回岩槻映画祭/最優秀作品賞(グランプリ)&観客賞
・第22回横浜映像天国2018/グランプリ
・星降る。どうぶつ園シネマ/みさき公園賞(グランプリ)
・第11回おもいがわ映画祭/監督賞

予告編

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA