• HOME
  • News
  • 映画
  • 現役高校生モデル・莉子が講談社に潜入。小説ができるまでを体当たりレポート動画配信
莉子

現役高校生モデル・莉子が講談社に潜入。小説ができるまでを体当たりレポート動画配信

佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)&橋本環奈W主演映画『小説の神様 君としかえがけない物語』(10/2公開)より、映画公開を記念した<特別企画!莉子の講談社潜入レポ特別動画>が解禁となった。現役高校生モデル・莉子が講談社に潜入、レポートする。

女性ファッション誌「Popteen」のモデルでSNSの総フォロワー数が220万人を越える、いま大注目の現役高校生モデル・莉子。最近では、配信ドラマ「DISTORTION GIRL」でドラマ初主演もつとめ、本作で長編映画デビューを果たすなど女優としても活躍の場を広げているが、本作では佐藤大樹扮するナイーブで売れない高校生作家・千谷一也の妹で病気で入院中の千谷雛子役を演じている。

そんな莉子が、このたび映画公開を記念した特別企画として、「小説の神様」原作が発売されている講談社・タイガ編集部に潜入。
たくさんの本が並ぶ編集部で、編集長の河北氏の指導のもと、編集者の仕事を学び、小説ができていくまでの過程を体験しながらレポートする様子を、9月19日(土)から22日(火)までの4日間連続で1日1本ずつ公式YouTubeにて特別動画を配信していく。

『小説の神様』莉子さんの講談社潜入レポ!【第1弾】編集部に挨拶編(9/19公開)

20日(日)に配信される潜入動画では、作家からあがってきた原稿を添削、書き入れする「赤入れ」作業や原稿が入稿されるまでの手順を真剣に聞く莉子の姿や、小説のカバーの印刷が実際のイメージ、色と違わないかを確認・調整する「色校」について学ぶ流れから、カバー見本を実際にカットして本に巻く作業を体験する模様を配信予定。
その他にも、原作「小説の神様」の続編の構想「プロット」について、原作者の相沢沙呼先生を交えて打ち合わせする貴重映像や、サイン本作成の流れから相沢先生と莉子の2人で「サコ×リコ」共同サイン本を作成するところまで、終始笑顔が絶えない莉子の等身大の潜入レポートを配信予定。
ナイーブで売れない高校生作家・一也と売れっ子小説家の小余綾詩凪(橋本環奈)という、真逆な2人が”一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションに胸がアツくなる。共感と感動No.1のファンタスティック青春ストーリーの本作はぜひ劇場で。

[画像クレジット:©2020映画「小説の神様」製作委員会]

映画『小説の神様 君としかえがけない物語』

<ナイーブで売れない小説家>佐藤大樹 × <ドSな人気小説家>橋本環奈

INTRODUCTION
真っすぐで繊細な売れない高校生小説家×秘密を抱えたドSな人気高校生小説家 真逆の2人に与えられたミッション:2人で1つのベストセラーを生み出せ!
2020年版「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「2019ベストブック」の3冠を受賞し、さらに本屋大賞にノミネートされた気鋭作家・相沢沙呼の感動No1小説「小説の神様」を、MV500本以上や『HiGH&LOW』シリーズを手掛ける久保茂昭監督が映画化!

STORY
中学生で作家デビューしたが、作品はSNSで酷評され、自分を見失った売れない高校生小説家・千谷一也。
一方、同じクラスの人気者でドSな性格の上、ヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。
底辺作家と人気作家、性格もクラスでの立ち位置も、すべてが真逆の2人に、編集者から下されたミッションーそれは、2人で協力し、大ベストセラーを生み出すことだった!
ダメな男子とキラキラ女子、一見正反対の2人が、反発しながらも足りないものを補い合い、物語を一緒に作るうちに、一也は、詩凪の誰にも言えない大きな秘密を知ってしまうー。
友情を超えて近付く2人の距離。悩み傷つきながらも、
好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す<物語>の行方はー?
ラスト、胸があつくなる。共感と感動No1のファンタスティック青春ストーリー

佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS) 橋本環奈
佐藤流司 柴田杏花 莉子 坂口涼太郎
山本未來 片岡愛之助 和久井映見

原作:相沢沙呼『小説の神様』(講談社タイガ刊)
監督:久保茂昭 脚本:鎌田哲生
主題歌:『Call Me Sick』伶(Sony Music Labels Inc.)
制作プロダクション:CREDEUS 配給:HIGH BROW CINEMA ©2020映画「小説の神様」製作委員会
公式サイト:https://shokami.jp/

予告編

2020年10月2日(金) 全国公開

小説の神様 君としか描けない物語

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA