• HOME
  • News
  • 映画
  • 井上真央がブチギレる!?映画『大コメ騒動』の特報映像&ポスタービジュアル解禁
大コメ騒動

井上真央がブチギレる!?映画『大コメ騒動』の特報映像&ポスタービジュアル解禁

『超高速!参勤交代』の本木克英監督と井上真央がタッグを組んだ、映画『大コメ騒動』の特報映像とポスタービジュアルが解禁。さらには、2021年1月8日(金)全国公開、米騒動発祥の地である富山県では2021年1月1日(金)から先行公開することも解禁となった。

本作は約100年前に富山で起こった「米騒動」の史実に基づき、そこで活躍した女性たちにスポットを当て描く、痛快エンタテインメント作品。
周りに流され自己主張が苦手ながらも、実は聡明な主人公・松浦いとを演じるのは、映画やドラマでも多数主演を務め、数々の映画賞を受賞、日本を代表する女優の一人である井上真央。

人気シリーズ『釣りバカ日誌』や『空飛ぶタイヤ』など数々の映画を手掛け、大ヒットを記録した『超高速!参勤交代』では日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した、富山県出身の本木克英がメガホンを取り、井上とは2007年に公開された映画『ゲゲゲの鬼太郎』以来2度目のタッグとなる。

■ポスタービジュアル&特報解禁

夏木マリ、三浦貴大、そして富山県出身の室井滋、立川志の輔、西村まさ彦、柴田理恵、左 時枝ら、豪華キャストの競演がすでに話題となっている本作だが、この度解禁された<ポスタービジュアル>は、井上演じる主人公・いとをはじめ、おかか(=女房)らがコメの価格高騰を阻止すべく立ちはだかる勇ましい姿と、いとの怒りをストレートに表現した、「もう我慢できん!」というキャッチコピーが鮮烈だ。

大コメ騒動

ポスタービジュアル

同時解禁となった<特報>は、本木監督の手腕が光る、リズミカルなテンポで展開。
輸出によるコメの価格高騰に頭を悩ませ、おかかたちのリーダー・清んさのおばばに「何か手を打たないと…」と進言するいとの不安げな表情から一転、おばばの「コメを旅に出すなーー!!」の掛け声とともに、コメを船に積み込む男たちに全力で飛びかかるいとたちの姿が、パワフルかつ、コミカルに映し出されている。
また、井上をはじめ、女仲仕として重労働に勤しむおかかたちの日焼けした姿も印象的だ。
特に清んさのおばばを演じた室井は、自身の地元に実際にいたおばば的存在の人を参考に、衣装やメイクにこれでもかと汚しを加え、その強烈な姿は一目見たら忘れられないほど。
健保もない!生保もない!明日食べるお米もない!<超・格差社会>を変えた女性たちの奮闘ぶりに、期待が高まる映像となっている。

特報

さらには今回、町一番の権力者である大地主に石橋蓮司、いととともにコメ騒動に参加するおかか仲間に鈴木砂羽、舞羽美海、冨樫 真、鈴木砂羽演じるトキの夫に吹越 満、大阪の新聞社のデスクに木下ほうか、おかかたちを目の敵にする警察署長に内浦純一、といった演技派揃いのベテラン陣から、いとらを取材する新聞記者に中尾暢樹、私塾の先生に工藤 遥、いとの旧友に吉本実憂など、近年の活躍がめざましいフレッシュなキャストらの出演も明らかとなり、今後どう物語に絡んでくるのかにも注目だ。

“日々の暮らしを守りたい”と願ったおかかたちの想いが、いかにしてあの“米騒動”へと発展したのか。史実に基づき女性たちの活躍を描く痛快エンタテインメント作品、『大コメ騒動』は2021年1月8日(金)全国公開となる。

映画『だいコメ騒動』

<あらすじ>
大正7年8月。富山の海岸に住むおかか(女房)たちは、毎日上がるコメの価格に頭を悩ませていた。夫や育ち盛りの子供達にコメを食べさせたくても高くて買えない。困ったおかかたちは、近くの米屋にコメを安く売ってくれと嘆願にいくが失敗。リーダーのおばばが逮捕されてしまう。コメの価格はますます高騰し、ある事故をきっかけに我慢の限界を迎えたおかかたちはついに行動に出る。

監督:本木克英(『釣りバカ日誌』『超高速!参勤交代』『空飛ぶタイヤ』『居眠り磐音』)
出演:井上真央、室井 滋、夏木マリ、立川志の輔、左 時枝、柴田理恵、鈴木砂羽、西村まさ彦、内浦純一、石橋蓮司
プロデューサー:岩城レイ子
プロダクション統括:木次谷良助
脚本:谷本佳織 音楽:田中拓人
配給/ラビットハウス、エレファントハウス
公式サイト:https://daikomesodo.com/
公式SNS:@daikomesodo

2021年1月8日(金)TOHOシネマズ日本橋ほか全国公開
※2021年1月1日(金)より富山県にて先行公開

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA