ドラゴンズドグマ

Netflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』予告編解禁

2020年9月17日(木)よりNetflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』が全世界独占配信となることに合わせて、予告編映像とキーアートが解禁となった。

「ドラゴンズドグマ」は、2012年にカプコンより発売され、全世界累計530万本の販売を記録している(2020年6月30日時点)、世界的な人気を誇るオープンワールドのアクションゲーム。
己の心臓を奪ったドラゴンに復讐を果たすため、“覚者(かくしゃ)”として蘇った主人公が、七つの大罪を意味するモンスターを倒しながらドラゴンに挑む壮大なアクションアドベンチャーが、新たにアニメーションシリーズとして誕生した。

■予告編映像

予告編(日本語字幕版)

暗雲とともに現れ街を焼き尽くすドラゴンが舞う中、全てを奪われ絶望の表情を見せる主人公の“覚者”イーサン。
容赦なく相手を射抜く弓を操るポーン(“従者”)のハンナとともに、次々と現れる凶暴なモンスター達と対峙する中、徐々にその形相が変わり始め、旅の終わりに彼を待っている“運命”を予感させる。
「我の元に来るがよい 待っておるぞ」と不気味なドラゴンの声が響く中、号泣しながら「まだ生きている 行かないと」と叫ぶイーサンの運命は、果たしてー!?
翼をはためかせるドラゴン、舞い上がる炎、戦闘の渦中にいるかのように全てが眼前に迫りくる臨場感溢れる映像も必見だ。

■キーアート

ドラゴンズドグマ

併せて解禁されたキーアートでは、剣を構えたイーサンと、右手に魔法を宿したハンナの勇ましい姿が描かれているが、しかしその背後には、モンスターたちの不気味な影が迫ってきており、2人は今後繰り広げられる戦いへの緊張感ほとばしる表情を見せている。
シリーズは7つの大罪にちなみ、全7話構成になっている。また、新たに追加された場面写真では、イーサンとハンナの旅路の様子や戦いのシーンが切り取られている。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』

INTRODUCTION
「ドラゴンズドグマ」はハイファンタジーの世界・広大なグランシス半島を舞台に、ドラゴンに心臓を奪われ“覚者”になった主人公が、自らの心臓を取り戻すためドラゴンを倒す壮大な冒険を繰り広げるオープンワールドアク
ションゲームです。カプコンより2012年5月24日にPlayStation®3/Xbox 360版「ドラゴンズドグマ」が発売されると全世界で好評を博し、2013年4月25日には大規模追加コンテンツ「黒呪島」を追加した「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」を発売。これまでにPlayStation®4、Xbox One、PC(Steam) 、Nintendo Switch™と様々なハードで販売され、2020年6月30日現在でシリーズ累計530万本の販売を誇る作品です。

STORY
100年以上の時を経て突如姿を現したドラゴンは、カサディスの村を焼き尽くした。
愛する家族を守ろうとドラゴンに立ち向かうイーサンだったが、ドラゴンによって自らの心臓を奪われてしまう。絶命したかに思われたイーサンは”覚者”となり蘇り、イーサンのもとに突然現れたポーン (“従者”) のハンナと共に、心臓を取り戻す為の旅にでる。
旅を続けながら、イーサンは七つの大罪を体現するモンスターとの戦いを繰り広げていくことになるが、しかし、モンスターを倒すたびに、彼自身もまた少しずつ人間性を失っていくことになろうとは、まだ知る由もなかった…。

原作:CAPCOM
監督・演出:須貝真也
エグゼクティブプロデューサー:櫻井大樹(Netflix)
共同プロデューサー:小林裕幸(CAPCOM)、北原隆(CAPCOM)
脚本:砂山蔵澄
キャラクターデザイン:西村郁
アニメーション制作:サブリメイション
作品ページ:https://www.netflix.com/dragons_dogma

Netflixにて、2020年9月17日(木)より全世界独占配信

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA