狂武蔵

映画『狂武蔵』オンライン初日舞台挨拶レポート

8月21日、映画『狂武蔵』の初日舞台挨拶が新宿武蔵野館で行われた。今回の舞台挨拶は、劇場スクリーンに、主演のTAK∴(坂口拓)、下村勇二監督がZoomによるリモート登壇する形で行われた。
MCは、太田誉志プロデューサーがMCを務め、初日を迎えた今の気持ちや、本作の見どころや撮影の裏話などをたっぷりと語った。

狂武蔵

まずは無事に初日を迎えた今の気持ちについて、坂口は「本当にうれしい気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」あいさつし、続けて「9年前に77分ワンカットで撮影した『狂武蔵』を完成させていただいたこと、初日にたくさんの方に足を運んでいただき、観ていただいたことにまずは感謝したいと思います。これからも応援よろしくお願いします。本日はありがとうございました」と締めの挨拶のようなコメントをして、会場の笑いを誘った。
下村監督も「わざわざ初日に足を運んでいただいたことを、心からうれしく思います」と感謝の意を述べた。

本編後半の演技について坂口は「本編自体にセリフはなく、全部アドリブです」と告白。さらに「いろいろな演技法があるけれど、あのときは、憑依メソッドというか、宮本武蔵が自分に乗り移ったような感覚でした」と撮影当時を振り返った。
さらに、なぜこの作品を撮影したのかという答えはまだ出ていないとしながらも、「今の自分になるために、この撮影をしたのかなと今は思っている」と現在の心境をストレートに表現した。
リモート舞台挨拶ということで、観客の表情や声を直接体感できないことを残念がりつつ、「僕、滑ってないですか?大丈夫でしょうか?」と問いかける場面も。
「本来は、皆さんの前に立って直接お礼を伝えたかったし、感想を聞きたかったです。心から熱く、そして深くお礼を申し上げます」とコメント。
さらに、「僕、感激して(心ではすごく)泣いているんですよ」とアピールすると、会場から割れんばかりの拍手が沸き起こっていた。

9年前の自分と今の自分との違いについて「リアリズムアクションを追求する中で、ウェイブという手法を手に入れることができたこと。そして、成長する姿を見ていただけることによろこびを感じています」と笑みを浮かべる。
さらに下村監督は「この作品は観た後で疲れを感じるかもしれません」と前置きし、「ですが、TAK∴(坂口拓)の生き様そのものを映し出しているのでその辺りもぜひ注目してください」と呼びかけた。

 

太田プロデューサーは「9年前に77分撮り終えた後は、拍手も花束もありませんでした。ただ時間だけが過ぎた形にはなりましたが、完成に至ったこと、そして皆様にお届けできることを本当にうれしく思います」と改めて感謝の意を述べた。
下村監督は「勇気がもらえる作品になっています。嫌なことがあったら、それを払拭してくれるパワーもあります」とコメント。
坂口は「リモート舞台挨拶なので、みなさんの感想や反応を直接感じることができないので、作品を観て感じたことなどを、積極的に呟いてください!」と呼びかけると、会場は再び、割れんばかりの拍手に包まれた。

狂武蔵

宮本武蔵VS吉岡一門の戦いを1対400と表現した特報について言及する場面も。下村監督によると「セリフでは400人となっていますが、実際に坂口さんが戦い、斬ったのは588人です」と解説。
ここで坂口が「何度か観ていただいた後、例えば10回目くらいからの鑑賞時には、僕が斬った数をカウントするという楽しみ方もあるかもしれません(笑)」と観客に促す場面も。
さらに、77分の戦いの中で、自身が進化していく感覚があったのかという質問には「ありました!」と胸を張り、続けて「ゾーンに入ったって感じました」と振り返った。
また本作の見どころについて、太田プロデューサーが「本編77分の中間地点で緊張を途切らさないために、真剣で相手と対峙するシーンがあります」と明かし、続けて下村監督が「これはネタバラシでもなんでもありません。この作品は、ネタバラシが有る無しの映画ではなく、感じてもらう映画です」と強調していた。
これに対し、坂口は「77分戦った男のドキュメンタリーです。後半は追撮をし、『キングダム』で共演した山﨑賢人のかっこいいシーンもあります」とアピール。
続けて「パンフレットにも撮影時の様子が細かく書かれているので、映画を観て、パンフレットを読んで、また映画を観てという感じで、この映画を愛し続けてください」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

狂武蔵

関連記事

映画『狂武蔵』

STORY
1604(慶長9)年、9歳の吉岡又七郎と宮本武蔵(坂口拓)との決闘が行われようとしていた。
武蔵に道場破りをされた名門吉岡道場は、既にこれまで2度の決闘で師範清十郎とその弟伝七郎を失っていた。
面目を潰された一門はまだ幼い清十郎の嫡男・ 又七郎殿との決闘を仕込み、一門全員で武蔵を襲う計略を練ったのだった。
一門100人に加え、金で雇った他流派300人が決闘場のまわりに身を潜めていたが、突如現れた武蔵が襲いかかる。
突然の奇襲に凍りつく吉岡一門。そして武蔵 1人対吉岡一門400人の死闘が始まった!

場面写真&ポスタービジュアル

[(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners]

出演:TAK∴(坂口拓)、山﨑賢人、斎藤洋介、樋浦 勉
監督:下村勇二
原案協力:園 子温
2020年/91分/16:9/5.1ch
企画・制作: WiiBER U’DEN FLAME WORKS 株式会社アーティット
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners
公式サイト:https://wiiber.com/

予告編

メイキング映像

アクションシーン・メイキング映像

2020年8月21日(金) 新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

狂武蔵

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA