• HOME
  • News
  • 映画
  • 今週末公開の映画『悲しき天使』より本編映像の一部が解禁
和田瞳

今週末公開の映画『悲しき天使』より本編映像の一部が解禁

8月7日公開の映画『悲しき天使』より、本編映像が届いた。

■二人の純愛が動き出す、運命の出会いシーン解禁

この度解禁となった本編映像は、危険な恋と知りつつもお互いに惹かれ合い激しい恋に落ちてゆく二人、美しき遊女・一美(和田瞳)と遊郭に流れ着いた青年・茂(水野勝)が初めて出会う、運命の出会いシーン。
人生に絶望し、あてもなく遊郭を彷徨う茂は、一軒の遊郭の前でふと足を止める。吸い込まれるようにして店に足を踏み入れると、そこにいたのは遊郭でもっとも人気を集める美しき遊女、一美だった。
一美は茂に歩み寄ると耳元で「お兄さん、ラッキーやね」となまめかしく囁きかける。驚愕とも恍惚ともとれる表情でそれを受け止める茂。
和田瞳の妖艶で美しい表情にも注目の映像だ。この運命的な出会いがきっかけとなり二人を飲み込む、激しくも悲しい純愛物語が始まっていく。

■ヒロイン一美を演じた和田瞳から、喜びのコメント到着

和田瞳 コメント
当初の予定より4ヶ月遅れとはなってしまいましたが、無事公開できることに感謝でいっぱいです。
その4ヶ月があったからこそ、いろんな所で多くの方に「悲しき天使」という映画をより知って頂けたと思います。
公開前ですが既に、この劇場でもやって下さい!など嬉しい声を聞いており嬉しいです。
「悲しき天使」を観てくださる方が全国に広まるよう、ぜひ力を貸してください。公開日楽しみに待っていてくださいね!

和田瞳

和田瞳

本作のメガホンを取ったのは、『純平、考え直せ』『夜明けまで離さない』など、これまで悲しい男女のエロスを追い求めてきた、森岡利行監督。大阪を舞台に、美しき遊女と遊郭に流れ着いた青年の悲しき“純愛”を過激に描く。
初主演となる和田瞳は、悲しき宿命を背負った美しき遊女として、初ヌード、初濡れ場に挑戦。共演は人気アイドルグループBOYS AND MENのリーダーにして、俳優として数々の映画、ドラマで活躍中の水野勝。遊女と恋に堕ちる女師を悲しくエロティックに演じる。
8/7(金)よりシネマート新宿にて、2週間限定レイトショー。

関連記事

映画『悲しき天使』

美しき遊女 と 遊郭に流れ着いた青年の悲しき純愛を 過激に描く!!

イントロダクション
忘れんとってな ウチのこと……。
時代から取り残されたような大正建築の遊郭が立ち並ぶ歓楽街。
大きな借金を抱えた無職の男・茂はその遊郭で一美という美しい遊女と出会い、女の心のケアをする女師という生き方を選んだ。
そして、人生の欲望と悲喜劇が蠢く遊郭という場所で、一美と茂は泥を飲み込み、地獄を彷徨うような恋に堕ちて行く―――

和田 瞳  水野 勝
川上奈々美 重松隆志 森田亜紀 円谷優希 山田奈保 赤羽一馬
酒井健太郎 那波隆史 柴田明良
お宮の松(友情出演)/中西良太
三浦浩一 木下ほうか

脚本・監督:森岡利行
原作:山之内幸夫 エグゼクティブプロデューサー:山口幸彦 企画:利倉亮
プロデューサー:江尻健司 撮影:吉田淳志 照明:山口峰寛 録音:大塚学 編集:桐畑寛
音楽:Les.R-Yuka スチール:千葉朋昭
助監督:森山茂雄 朝海清史 美術:加藤ちか ヘアメイク:石山美子(おかもと技粧)
制作:山田剛史 製作:キングレコード 制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
配給:キングレコード ブラウニー 配給協力:太秦
2020年/日本/91分/カラー/ステレオ
(C)2020キングレコード
公式サイト:http://kanashiki-tenshi.com/

予告編

8月7日(金)より シネマート新宿にて 2週間限定レイトショー

悲しき天使

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA