• HOME
  • News
  • 映画
  • 由紀さおり初主演映画『ブルーヘブンを君に』予告編&新規場面写真解禁
ブルーヘブンを君に

由紀さおり初主演映画『ブルーヘブンを君に』予告編&新規場面写真解禁

由紀さおり初主演映画『ブルーヘブンを君に』(6/11公開)より、予告編と新規場面写真が解禁となった。

予告編では、由紀さおり演じる冬子が、63歳にしてハンググライダーに挑戦する、そのきっかけとなる若き日のエピソードが明らかに。
女学生時代の冬子(小池里奈)はハンググライダーを研究する青年(中田圭祐)と出会い、美しい青空に思いをはせる彼に淡い恋心を抱く。
冬子が長年心に持ち続けていたその一途な想いと壮大な夢のために、孫の蒼汰(小林豊)と正樹(本田剛文)、彼らの友人の溶接工・夏芽(柳ゆり菜)らが実現に向けて奮闘。ステージ4のガンと闘いながらも「絶対にあきらめたくないの」と懸命に特訓し、鮮やかで美しい空を目指す冬子の姿に、思わず胸が熱くなる。
主題歌は、ベット・ミドラーの名曲「ローズ」を主演の由紀自らがカバーした「愛は花、君はその種子」。病気や年齢に負けず、向上心を持ち続ける冬子の物語を、伸びやかな歌声で包み込む。

新規場面写真では、孫の蒼汰(小林豊)が運転するバイクに乗せてもらいチャーミングにほほ笑む冬子(由紀)の姿や、冬子の病気が進行していることが発覚し、慌てて病院に集まった家族の深刻な表情、女学生時代の冬子(小池里奈)とハンググライダーに夢中な青年(中田佳祐)との出会いのシーンが切り取られている。

映画『ブルーヘブンを君に』

不可能を可能にしてきた―園芸家・冬子、63歳。
奇跡を信じて挑む、大空への壮大な「夢」とは――。

鷺坂冬子(由紀さおり)、63歳。誰にも作れないと言われた、世界初の青いバラ「ブルー・ヘブン」の生みの親として、園芸家としてはちょっとだけ有名だけれど、今は孫や家族に囲まれて暮らす普通のおばあちゃん。そんな冬子には、家族に言えない秘密があった。がんが再発して現在余命半年のステージ4と診断されたのだ。「治療に専念して余命を延ばそう。まだまだやり残したことがあるだろう!」主治医の川越(大和田獏)の叱咤激励に、冬子はある“やり残したこと”を思い出す。それは、ハンググライダーで空を飛ぶことだった。病気のことは内緒にしたまま、冬子は蒼汰(小林豊)と正樹(本田剛文)の二人の孫とその友人で溶接工の夏芽(柳ゆり菜)を巻き込み、不可能と言われた夢にチャレンジしていく…。

《キャスト》 由紀さおり、小林豊(BOYS AND MEN)、柳ゆり菜、本田剛文(BOYS AND MEN)、おかやまはじめ 岩橋道子
柊瑠美 鈴木信二 関口アナン 松嶋亮太 中田圭祐 小池里奈 田村侑久(友情出演) 寺泉憲、大和田獏、寺脇康文
《スタッフ》 監督:秦建日子『キスできる餃子』『クハナ!』 脚本:秦建日子、小林昌
2020年/93分/アメリカンビスタ
©2020「ブルーヘブンを君に」製作委員会
公式サイト:https://blueheaven-movie.jp/

2021年6月11日(金)全国公開

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA