• HOME
  • News
  • 映画
  • “時間に殴られろ!”絶好調の映画『ドロステのはてで僕ら』に各界著名人から応援コメント続々
ドロステのはてで僕ら

“時間に殴られろ!”絶好調の映画『ドロステのはてで僕ら』に各界著名人から応援コメント続々

人気劇団ヨーロッパ企画初のオリジナル長編映画『ドロステのはてで僕ら』。2館のミニシアターから公開スタートした本作が、今はシネコンにも進出するなど絶好調とは先日お伝えした通り。この度、さらに各界著名人から応援コメントが届いた。

改めて本作の快進撃を振り返る。
6月5日、下北沢トリウッド、京都シネマの2館で公開スタートするも、初日から3日間の7回上映中55回のチケットが完売。
その後、各レビューサイトでも高評価を集め、Filmarks「初日満足度ランキング」では第2位を獲得した。
この好調スタートを受け、7/3(金)にグランドオープンとなったTOHOシネマズ池袋、TOHOシネマズ日比谷でのシネコン進出も達成。
7/3~5の週末、全国6館で動員708人、6/5からの累計動員数は配信を含め3,500人を超えた。
この後、7/10(金)からイオンシネマ5館と、岡山メルパ、OSシネマズ ミント神戸、7/11(土)より名古屋シネマテークで上映が始まるなど全国順次公開される予定だ。

第1弾応援コメント到着!

高橋茂雄(サバンナ)
未来や過去が見れるタイムテレビがあったらいいなぁ。持ってたらどう使おうかなぁ。誰もが一度は想像した事あるはずです。
この映画にもそんな道具がでてきます。誰もが思うSF秘密道具で、誰もが思いもかけないストーリーを作り上げた最高傑作です。
とにかく絶対見て欲しい。 もしもタイムテレビで未来を見たら、ドロステ旋風吹き荒れてるに違いない!!

上田慎一郎(映画監督)
羨ましい。
なんて書くのが大変そうな脚本だろう。
なんて演じるのが大変そうな現場だろう。
なんて撮るのが大変そうな映画だろう。
そんな山程の「大変」を仲間と共に乗り越えることは、どれほど楽しかっただろう。
ものづくりの楽しさが詰まった傑作。

松居大悟(映画「#ハンド全力」監督・ゴジゲン主宰)
映画というより芸術の領域。映画なんかでは括れない。短編映画「ハウリング」の頃よりずっと高い所で描いていて、僕らの師匠は相変わらず背中しか見えません。
ごめんなさい、時間はあなたのものです。

万城目学(小説家)
いまの閉塞感ある空気にいちばんぴったりの気楽に気軽に見れる、みんなが求めてる一本だと思いました。
そして、序盤の「何だこれ?」から、2台のテレビを向かい合わせて始まる、話がこんがらがっていくときのあのめんどくさい感じ!
上田節を堪能しました。

青柳文子(モデル・女優)
遠い未来でも過去でもなく、2分後という微妙な未来に設定するセンスがもう本当に大好きです。
2分後の未来全然知りたくないもんなー(笑)。でも2分先の先輩に会えると人生けっこう豊かになるのかな。
それってヨーロッパ企画の作品から得るものと通ずるものがある気がします。なんだか今、劇場から帰ってきた時の気持ちです。

真鍋大度(ライゾマティクス)
構造、時間、物語。こういう映画を観たかったんです。 皆さま是非。

田中真琴(女優)
最高に面白いです。気付いたらちゃんと声出して笑ってました。終始ワクワクが止まらなくて、心の中で「次は2分後に何が来るんですか!!!」って叫び続けてました。そして2分という時間に翻弄される人達が愛おしくて、たまらなかったです。あと市バスも。
最後まで観て改めて粒粒辛苦された結果がこの名作を生んだんだなぁとグッときました。

関連記事:

映画『ドロステのはてで僕ら』

INTRODUCTION
雑居ビルのカフェを舞台に、2分先の未来が見える “タイムテレビ”を巡る騒動を描いた“エクストリーム時間SF”。
原案、脚本は、上田誠(『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』『前田建設ファンタジー営業部』)。
監督は、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太(「警視庁捜査資料管理室」)。そして、出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子、そして『かぐや姫の物語』『四月の永い夢』などで知られる、若手実力派・朝倉あき。

STORY
とある雑居ビルの2階。カトウが部屋にいると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。
「オレは、未来のオレ。2分後のオレ」。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差で繋がっているらしい。
“タイムテレビ”の存在を知り、もっと先の未来を知ろうと躍起になるカフェの常連たち。
さらに隣人の理髪師メグミや5階のヤミ金業者、謎の客も巻き込み、「時間的ハウリング」は加速度的に事態をややこしくしていく……。
襲いかかる未来、抗えない整合性。ドロステのはてで僕らは--。

原案・脚本:上田誠 監督・撮影・編集:山口淳太
出演:土佐和成 藤谷理子 石田剛太 諏訪雅 酒井善史 中川晴樹 角田貴志 永野宗典 本多力 / 朝倉あき
主題歌:バレーボウイズ「タイトルコール」 音楽:滝本晃司
製作:ヨーロッパ企画 トリウッド 配給:トリウッド 宣伝:下北沢映画祭
(C)ヨーロッパ企画/トリウッド 2020
公式サイト:http://europe-kikaku.com/droste/
公式Twitter:@droste_movie

2分予告編

新予告編

TOHOシネマズ 池袋、TOHOシネマズ 日比谷、下北沢トリウッドほか全国順次公開中!

ドロステのはてで僕ら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA