• HOME
  • News
  • 映画
  • 「以前のように映画作りできる日を祈ってる」映画『東京の恋人』初日舞台挨拶
東京の恋人

「以前のように映画作りできる日を祈ってる」映画『東京の恋人』初日舞台挨拶

6月27日、ユーロスペース(渋谷)で、映画『東京の恋人』の初日舞台挨拶が行われ、W主演の森岡龍、川上奈々美、そして下社敦郎監督が登壇した。
コロナ禍によりいったん公開延期していたが、このたび再設定された公開初日ということで、川上は「今朝起きて、東京60WATTS(本作の音楽)のCDを聴いて泣きそうになった。今日は皆さんに会えて嬉しいです。」と喜びを語った。
また、自粛期間中に映画について改めて思ったことはと聞かれた森岡龍は、「僕はやっぱり映画には肉体が躍動するものを求めているんだと改めて思った。早く今までのように映画作りができたらいいなと祈るばかりです。」と、映画業界の完全復活へ大きな期待を寄せた。

東京の恋人

森岡龍/川上奈々美/下社敦郎監督

本作は、結婚して夢をあきらめた主人公とかつての恋人が久しぶりに再会、共に過ごす時間を通してやがてそれぞれが戻らない青春と決別する姿を大胆な性愛表現を用いて描き出す大人のラブストーリー。
映画と音楽の祭典MOOSIC LAB 2019にてそのロマンポルノ的アプローチが話題となり、見事長編部門最優秀賞(川上奈々美)と松永天馬賞を受賞したほか、「第15回大阪アジアン映画祭 インディ・フォーラム部門」や、「第3回Beppuブルーバード映画祭」など全国の映画祭の正式出品された。
森岡龍は、『あまちゃん』『5億円の人生』など様々な映画・ドラマに出演、また監督や舞台演出家の顔も持つ。
川上奈々美は、『37seconds』『全裸監督』に出演するほか、恵比寿☆マスカッツなどマルチに活躍中の現役セクシー女優だ。

舞台挨拶レポート

東京の恋人

トーク中はソーシャルディスタンスで(14mm広角レンズ撮影)

日活ロマンポルノ・リブート!

– 本作製作のきっかけを教えて下さい。

下社敦郎(しもやしろ あつろう)監督
もともとポルノ映画が好きで、日活ロマンポルノ・リブートのようなことをやりたいと思っていたんです。簡単に言うとそういうことです(笑)

– MOOSIC LABは、音楽と映画というコンセプトですが、もともと監督の中で「東京60WATTS」さんをモチーフにしたいという思いがあったと伺いました。

下社敦郎監督
「東京60WATTS」は高校生の時から好きだったので、脚本を彼らの音楽に寄せたというよりは、もともと自分の中にあったものが自然に馴染む感覚でした。

下社敦郎監督

下社敦郎監督

懐かしい純喫茶に出会ったような脚本

– 森岡さんは本作の企画や脚本を見た時、どんな印象を持ちましたか?

森岡 龍(立夫 役)
とても懐かしい純喫茶に出会ったような印象だったです。
これを書いた監督は、きっといろんな映画や音楽のことをが大好きな人なんだろうなと思いましたし、その分、きっと面倒くさい人なんだろうなとも思いました(笑)
実際監督にお会いしてみたら、良い意味でとても面倒くさくて(笑)
監督には、“どうしてもこの映画を作らなければならない”という切実さみたいなものをとても感じて、いわゆる映画作りとはまた違う、個人的な想いのこもった映画なのかなと思って、出演させていただきました。

森岡龍

森岡 龍

– 川上さんはいかがでしたか?

川上奈々美(満里奈 役)
満里奈役と聞いた時、「私でいいんですか?」って言って戸惑った覚えがありますね(笑)
私自身の年齢も20代後半、結婚、子どもとか女性が考える年代になってきて、ちょうど悩んでいた時に本作の撮影に入りました。
そういう意味では、“満里奈”に引っ張られていったのかもしれませんけど、すごく共感できて、なんか私情も混ざった状態で撮影したシーンもありました。それはエレベーターのシーンです。
そして完成品を劇場で見た時に、私は、知らない間に、満里奈よりかは“立夫”の方に共感するようになっていました。
私は今でも青春時代にいると思っているので、「夢見がちでもいいじゃん!」「どれが正解かわかんないじゃん!」って思いますし、この映画が完成して良かったと、今になって強く思います。

川上奈々美

川上奈々美

殺陣のように濡れ場の動きを提案

– 濡れ場シーンの撮影エピソードについてお聞かせください。

川上奈々美
だいたい濡れ場のシーンってどの映画でも緊張感が漂うものですが、私は殺陣のようにダンスの振り付けを考えるように、「こういうふうに動いてみたらどうですか?」って提案したり。
で、下社監督はイクところだけこだわって何テイクも撮られました(笑)

下社敦郎監督
暴発してほしかったんです!

森岡 龍
私は、川上さんの殺陣のような動きに助けられてやりやすかったです(笑)

東京の恋人

改めて映画作りについて

– 今のこういう(コロナ禍の影響を受けた世の中の)情勢になって、改めて映画について思うことはありますか?

森岡 龍
自粛期間中にリモートで映画製作される新しい形に感心しつつ、やっぱり自分は躍動する肉体を映画に求めていたんだなって改めて思いました。
コロナ禍って映画作りとはすごく相性が悪くて、早く今までのように映画作りができたらいいなと祈るばかりです。

森岡龍

森岡 龍

川上奈々美
私はドン底にいても最終的にはポジティブにしてしまうタイプなので、この作品がこういう形で初日迎えたのは、縁というか運命(さだめ)なのかなって前向きに受け入れています。そして映画を見てくれるお客さんがどういう思いを持たれるのかなってすごく楽しみにしていました。

川上奈々美

川上奈々美

下社敦郎監督
この作品はちょうど1年くらい前に撮影していて、その時とは違う世界に変わってしまって、今はこの作品で描いているような濃厚接触したらダメなんで、そういうのを誘発してしまわないかと責任は感じています(笑)

東京の恋人

川上奈々美

川上奈々美

映画『東京の恋人』

STORY
結婚を機に北関東に移り住んだ立夫はある日、学生時代の恋人・満里奈から連絡を受け、数年ぶりに東京へ向かう。
満里奈とのひと時のアヴァンチュールや、青春の残り香であるかつての仲間との再会を経て、戻らない青春との決別の朝を迎える。
ひとりでいることに慣れてしまった、男と女の物語。

出演:森岡龍、川上奈々美、吉岡睦雄、階戸瑠李、木村知貴、西山真来、睡蓮みどり、窪瀬環、辻凪子、秋田ようこ、松本美樹、矢野昌幸、いまおかしんじ、佐藤宏、マメ山田、榎本智至、伊藤清美
監督・脚本:下社敦郎|音楽:東京60WATTS|企画:直井卓俊
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS|宣伝協力:MAP
(C)2019 SALU-PARADISE/MOOSIC LAB
公式サイト:https://tokyo-modernlovers.com
公式Instagram:instagram.com/tokyo_modern_lovers

予告編

6月27日(土)より、ユーロスペースほか全国順次ロードショー

東京60WATTS、16年ぶり再レコーディング

2004年の名曲「外は寒いから・ふわふわ」を本作のために16年ぶりに再レコーディング。
公開に当たって、7インチシングル「外は寒いから/ふわふわ」をアナログ盤でリリースされている。
ジャケットには、本作で満里奈を演じる、笑顔の川上奈々美が登場。
なおレコードプレイヤーを持っていない方のためにダウンロード用のURLが封入されており、そちらでは「外は寒いから(full version)」と「ふわふわ」だけでなく、新曲3曲もダウンロード可能となっている。このアナログ盤は、上映劇場をはじめ、通販や東京60WATTSのライブでも発売される。

外は寒いから&ふわふわ

「外は寒いから&ふわふわ」/東京60WATTS

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA