• HOME
  • News
  • 映画
  • 2分後の未来が見える。前人未到の長回しによるタイムスリップコメディ映画、“2分予告”完成
ドロステのはてで僕ら

2分後の未来が見える。前人未到の長回しによるタイムスリップコメディ映画、“2分予告”完成

2分後の未来が見えるタイムテレビで、もっと先の未来を見るには?そのために巻き起こる騒動を描いた時間SF映画『ドロステのはてで僕ら』。この“2分”にちなみ、バレーボウイズによる主題歌「タイトルコール」も流れる“2分予告”が完成した。

タイトルにある“ドロステ”とは、“ドロステ効果”のことで、すなわち、合わせ鏡のように、互いに映り込んだ映像が無限に続いてくことを指す。Wikipediaによると、この言葉の由来は、1902年発売の「ドロステココア」のパッケージ。このパッケージイラストは、尼僧が持っている盆の上に、ココアの入ったコップと一緒にドロステ・ココアの箱が乗っていて、その箱の絵には、コップとドロステ・ココアの箱が乗った盆を持つ尼僧が描かれている。
『ドロステのはてで僕ら』は、京都を拠点に活動を続け、毎年の本公演では1万5千人を動員する人気劇団ヨーロッパ企画が、劇団として初めて取り組むオリジナル長編映画。
本作製作にあたっては、クラウドファンディングプラットフォーム「Motion Gallery」にて国内外の上映に向けた支援を募集されたが、開始から1日も経たずに目標達成している。3/23現在、達成率402%を記録するなど、劇団初の映画製作に期待が集まる中、撮影は、ヨーロッパ企画のホームである、京都・二条で撮影で敢行された。公開は4月25日より。

『ドロステのはてで僕ら』“2分予告”

予告編としては珍しいNGカットを含む予告編。前人未到の長回し撮影だけに、NGとなった瞬間のショックぶり(土佐和成)も伺える。

映画『ドロステのはてで僕ら』

INTRODUCTION
雑居ビルのカフェを舞台に、2分先の未来が見える “タイムテレビ”を巡る騒動を描いた“エクストリーム時間SF”。
原案、脚本は、上田誠(『サマータイムマシン・ブルース』『夜は短し歩けよ乙女』『前田建設ファンタジー営業部』)。
監督は、ヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太(「警視庁捜査資料管理室」)。そして、出演は、ヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子、そして『かぐや姫の物語』『四月の永い夢』などで知られる、若手実力派・朝倉あき。

STORY
とある雑居ビルの2階。カトウが部屋にいると、テレビの中から声がする。見ると、画面には自分の顔。しかもこちらに向かって話しかけている。
「オレは、未来のオレ。2分後のオレ」。どうやらカトウのいる2階の部屋と1階のカフェが、2分の時差で繋がっているらしい。
“タイムテレビ”の存在を知り、もっと先の未来を知ろうと躍起になるカフェの常連たち。
さらに隣人の理髪師メグミや5階のヤミ金業者、謎の客も巻き込み、「時間的ハウリング」は加速度的に事態をややこしくしていく……。
襲いかかる未来、抗えない整合性。ドロステのはてで僕らは--。

原案・脚本:上田誠 監督・撮影・編集:山口淳太
出演:土佐和成 藤谷理子 石田剛太 諏訪雅 酒井善史 中川晴樹 角田貴志 永野宗典 本多力 / 朝倉あき
主題歌:バレーボウイズ「タイトルコール」 音楽:滝本晃司
製作:ヨーロッパ企画 トリウッド 配給:トリウッド 宣伝:下北沢映画祭
(C)ヨーロッパ企画/トリウッド 2020
公式サイト:http://europe-kikaku.com/droste/
公式Twitter:@droste_movie

4月25日(土)より下北沢トリウッド、京都シネマほか全国順次公開!

ドロステのはてで僕ら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA